旧フォーラムの閲覧
スポーツ情報


スポーツ全般▼   ゴルフ▼   ボウリング▼   テニス▼

 ■ SPORTS/スポーツ全般 ■
スカイダイビング
Skydive Las Vegas
知識も経験もまったく持たない一般観光客が、行ったその場で正真正銘のスカイダイビングを体験できる。日本語によるビデオレッスンも含めて所要時間は約3時間。
室内スカイダイビング
Flyaway
強力な巨大扇風機が送り出す秒速 50メートルの強風を利用しての "スカイダイビングの疑似体験"。本物のスカイダイビングとはまったく異質のモノと考えた方がよい。
実弾射撃
Gun Shooting Range
日本では絶対にできない本物のピストルの実射体験。一般の短銃では物足りない人には軍用ガンや機関銃の試射も可能。インストラクターが付いたツアー (送迎込み) もある。
大リーグスタジアムで打撃練習
Slugger Stadium
バーチャルとかシミュレーションではなく、大リーグ球場をそっくりそのまま実物大に再現したバッティングセンター。ゴーカート、ロッククライミング、ミニパターゴルフなどもある。
バンジージャンプ
A.J.Hackett Bungy
世界的に有名な A.J.Hackett Bungy 社の運営による人気の施設だったが、2005年 10月、移転のため閉鎖。
(この項、すでに終了していることを告知するための掲載です)
スキー (ラスベガス郊外)
Las Vegas Ski & Snow Board Resort
チャールストン山の北西の斜面にあるスキー場。除雪が行き届いているため、当日の降雪以外、タイヤチェーン無しでアクセス可能。ラスベガスからの所要時間は片道約1時間。
スキー (ユタ州)
Brian Head Ski Resort
ラスベガスから車で 3時間の場所にあるユタ州のスキーリゾート。ベースビレッジの標高が 2900m、リフト到達最高地点が 3328mという驚異的な高さを誇る。タイヤチェーン不要。
アイススケート
Santa Fe Ice Arena
砂漠都市ラスベガスにも一年中楽しめるアイススケート場がある。サイズは公式アイスホッケーが可能な本格的なもので、客席スタンドも用意されている。
アイス&ローラースケート
Crystal Palace Skating Centers
アイススケート場とローラースケート場、どちらも公式ホッケーが可能な本格的なリンクで、フィギュアスケーターも含め、地元学生の部活利用が多いが、一般の利用も可。
TOP ▲
 ■ GOLF/ゴルフ ■
LVでのゴルフ場に関する一般知識
 
全員必読
ラスベガスは全米屈指のゴルフ天国。豊富な資金によって造られた豪華なリゾートコースが目白押し。ただし環境、内容、料金体系が他都市と大きく異なるため事前知識が必要。
PAIUTE RESORT "Wolf"
7604yd Par 72 Rating 76.3
設計 Pete Dye  車で 30分
まるで月世界といった感じの異様な環境に造られた豪快なリゾートコース。砂漠系のコースが多いラスベガスの中でも雄大さではピカイチ。全長 7604ヤードという距離も圧巻。
RIO SECCO
7332yd Par 72 Rating 75.7
設計 Ree Jones  車で 20分
2番から7番ホールまでの断崖絶壁に囲まれた険しいホールは圧巻。それらホールを取り巻く豪邸群も一見の価値あり。後半9ホールは比較的穏やかだが、距離が長く難しい。
THE FALLS  (現在閉鎖中)
7250yd Par 72 Rating 74.7
設計 Tom Weiskopf  車で 35分
高級別荘地 Lake Las Vegas 地区に造られたトムワイスコフ設計の高級リゾートコース。荒涼とした砂漠性の丘陵地帯に造られた後半9ホールは壮絶な絶景ホールの連続。
TPC LAS VEGAS
7063yd Par 71 Rating 73.0
設計 Ray Floyd  車で 20分
PGAご用達のトーナメントコース。荒野と崖に囲まれた難ホールが多く、戦略性に富んでいる。ティーショットはほとんどが崖越え、または砂漠越えで、初心者には極めて難しい。
REFLECTION BAY (2014年11月再開)
7261yd Par 72 Rating 74.8
設計 Jack Nicklaus  車で 35分
高級別荘地 Lake Las Vegas 地区に造られたジャックニクラス設計の高級リゾートコース。湖に面したホールは言うに及ばず、その他のホールもすべてにおいて美しい。
WOLF CREEK
6994yd Par 72 Rating 75.4
設計 Doug Clemetson  車で 80分
砂漠の秘境に潜む壮絶なコース。すべてにおいて常識を超越。ラスベガスで一ヶ所しかプレーしないとすれば、だれもがここを勧めるだろう。難易度(USGA認定) は全米第3位。
LEGACY
7233yd Par 72 Rating 74.5
設計 Arthur Hills  車で 15分
新興住宅地に造られた本格派トーナメントコース。経営哲学が "リゾートコース" ではなく "スポーツ振興" にあるのが特徴。2005年まで全米オープンの地区予選会場だった。
BOULDER CREEK
7628yd Par 72 Rating 75.8
設計 Mark Rathert  車で 30分
"世界一の市営コース" との呼び声が高い全長 7628yd の怪物コースだったが、最近はメンテナンスが悪く、評判は低下気味。Black Tee からは、一番短いミドルホールでも 402yd。
BALI HAI
7002yd Par 71 Rating 73.0
設計 Lee Schmidt  車で 5分
ホテル街から最も近いコース。各ホールは自慢の "白砂ハザード" で区切られており、その白と緑のコントラストが美しい。ヤシの木の数とクラブハウスの豪華さはラスベガス随一。
BEAR'S BEST
7229yd Par 72 Rating 74.0
設計 Jack Nicklaus  車で 20分
Jack Nicklaus がこれまで世界中に造ってきた数あるコースの中から、お気に入りの名物ホールばかりを集めて完成させたレプリカコース。彼のゴルフ人生の集大成といってよい。
ROYAL LINKS
7029yd Par 72 Rating 73.7
英国コースの Replica  車で 25分
セントアンドリュースなど全英オープンの会場となるコースの名物ホールをラスベガスに再現。フェアウェー、グリーン、バンカーなどすべて本物を踏襲しているが、ゴースだけはない。
WYNN GOLF CLUB
7042yd Par 70 Rating なし
設計 Tom Fazio  ウィンの敷地内
かつてのデザートインカントリークラブ。大幅に改良が加えられているため、デザートイン時代の面影はほとんどない。グリーンフィーの高さと、ホテル街から近いことが特徴。
TOP ▲
 ■ BOWLING/ボウリング ■
GOLD COAST ストリップのホテル街から最も近いボウリング場。70 レーンのすべてが 1フロアにあリ、広々していて爽快。徒歩で行けないこともないが、タクシーか無料シャトルがおすすめ。
ORLEANS ゴールドコーストの次にストリップのホテル街に近いボウリング場。こちらも 1フロアに 70レーンある。ゴールドコーストやサウスコーストと同じ系列による運営。
SUNSET STATION 1フロア 72レーン。巨大なキャスタウェイズが消えてしまった今はラスベガスで最も大きいボウリング場だが、ストリップのホテル街から離れており、観光客には不便。
SOUTH COAST 2005年 12月にオープンした 64レーンのボウリング場。距離的には決して近くはないが、ストリップ大通りの延長線上に位置しているため、行き方としては非常にわかりやすい。
TEXAS STATION ノースラスベガス空港の近くにある 1フロア 60レーンのボウリング場。ストリップのホテル街からかなり離れており、観光客には縁遠い存在。
SANTA FE STATION 1フロア 60レーンのボウリング場。ストリップのホテル街から非常に離れている。あくまでも地元民のための施設と考えた方がよい。
SAM'S TOWN 1フロア 56レーンのボウリング場。金曜日と土曜日の深夜には場内が光、煙、サウンドに包まれナイトクラブ風のボウリング場に変身する。
CASTAWAYS 106レーンの大型施設で注目のボウリング場だったが、2004年 1月 から経営難のため閉鎖。その後、ホテル自体も爆破解体(この項、消滅していることを告知するための掲載です

TOP ▲
 ■ TENNIS/テニス ■
LVでのテニスに関する一般知識  
バリーズ ラスベガス最大級のテニス施設。夜間照明付きコートが 8面。プール施設やモノレールの駅のすぐ近く。
リビエラ 夜間照明付き屋外コートが2面。宿泊者は無料。24時間プレー可能。客室棟からやや遠いのが難点。
フラミンゴラスベガス プール施設や野外ウェディングチャペルに隣接したテニスコート。周囲をホテル棟が取り囲み、都会的な雰囲気が漂う。
モンテカルロ プール施設のすぐ近くにあり、利便性が高いテニスコートだったが、新規ホテルの建設工事のため 2006年 8月 から閉鎖。
この項、閉鎖していることを告知するための掲載です
 
トップページに戻る