スポーツのトップ
REFLECTION BAY GOLF CLUB




このゴルフコースは経営母体が倒産したため、2009年6月から
閉鎖されていましたが、新オーナーのもと、2014年11月から再開されました。


住所   75 MonteLago Blvd. Henderson, NV 89011
電話   702-740-4653, 877-698-4653 (英語のみ)
ストリップから   23.5 mile / 37.6km  (高速215号線 を利用)
タクシー   料金片道 約 $45 + 15% ほどのチップ、 所要時間 約 35分
アクセス   地図 & 解説
グリーンフィー   $165 (オフシーズンの平日) 〜 $250 (ピークシーズンの週末)
レンタルクラブ   $50 ( Callaway のスチールシャフト)
レンタルシューズ   なし (プロショップでシューズを購入可能)
予約   30日前より受付(Lake Las Vegasリゾート内のホテル宿泊者は90日前より)
コース スペック
(Rate,Slope,Yard,Par)

 
 ・ Slope って何?
 
Black Tee 74.8 / 138 7261Y / Par72
Blue Tee 73.2 / 135 6862Y / Par72
White Tee 70.3 / 128 6391Y / Par72
Gold Tee 68.1 / 124 5891Y / Par72
Red (Ladies) Tee 70.0 / 127 5166Y / Par72
スコアカード   スコアカードの スコア記入面表紙&ルール記載面
名物ホール   グリーンが湖に突き出た 17番ショートホール
コース設計者   Jack Nicklaus
オープン時期   1998年 5月
コースレコード   64
クレジットカード   VISA Master AmericanExpress Discover
インターバル   10分間隔
キャディー   なし
開催トーナメント   The Wendy's Three-Tour Challenge
周囲の環境・景観   ラスベガス郊外の高級リゾート地 Lake Las Vegas Resort 内に位置しており、各ホールから湖やリゾートホテル、高級別荘を眺めることができる。
クラブハウス   リゾート地の雰囲気たっぷりの クラブハウス は、湖に面したその 裏側からの眺め が特にすばらしい。クラブハウスの内部 も非常に落ち着いており気品が漂っている。トイレ にはシャワールームとロッカールームがあり、ロッカールームには Jack Nicklaus をはじめ著名プロのネームプレートを見ることができる。
プロショップ   円筒型の建物の中に配置された プロショップ は、建物の特徴を生かして丸く囲むように商品が並べられている。ロゴ入りの帽子ポロシャツ
芝生のコンディション   取材時はフェアウェイ、ラフ、グリーンともに良好。
ティーグラウンド   広い。形状は四角や円形、ひょうたん型など様々。
スルーザグリーン   フェアウェイは広いがところどころ絞り込まれて狭くなっている部分がある。ラフはやや深くボールが半分沈む程度。
グリーン   形状、大きさ共に平均的。スピードは非常に速い。極端な2段グリーンなどはないが細かいうねりはある。
高低差   緩やかな丘陵地にあるため、弱い打ち上げや打ち下ろしのホールがある。
木の配置・種類   比較的木が多いが、ハザードしての役割より景観を重視した内容となっている。グリーン周りに パームツリー、スルーザグリーンはオリーブに似た 少し背の高い木 が配置されている。
バンカー   バンカーはやや多め。特に18番ホールは、ティーグラウンドから見るとフェアウェイの半分がバンカーで埋め尽くされているように見える。
砂質 は細かく白みがかっている。
ウォーターハザード   湖に隣接したコースのため、湖に面したホールやクリークが流れるホールがいくつもある。
ホール間の距離   比較的短い。
飲料水タンク   コース内にはないが、カートに十分な量の 飲料水タンク とコップが備え付けられている。
カート   電動カート (GPSなし)
ドライビングレンジ   ドライビングレンジ には練習ボールがピラミッド型に積み上げられている。このコースでプレイする人は打ち放題。
練習グリーン
アプローチ練習場
コース内売店   クラブハウスの外側に面している スナックバー およびコース内を回る 販売カート で、各種飲料やサンドイッチなど軽食類を買うことができる。
主な飲み物の価格: ビール $4.00〜、コーラ $2.50、ミネラルウォーター $2.50。
その他の写真   スコア記入用の鉛筆
ロゴ入りゴルフボール
・ロゴをあしらった ティーマーク
・カート道に埋め込まれた ヤード表示プレート

 ラスベガス南東部のリゾート地 Lake Las Vegas Resort 内にあるジャック・ニクラウス設計の高級リゾートコース。
 湖に面した丘陵地帯に広がるこのコースは、池や滝、クリークなど水を巧みに利用したレイアウトになっており、美しさが最大の自慢だ。また、水のみならず、ラスベガスならではの荒涼とした砂漠系の自然も随所に取り入れられており、その "湿" と "乾" の絶妙な調和がなんともいえない。湖畔に並ぶリッツカールトン、ロウズ、高級別荘群などの眺めもコース全体にゴージャス感を添えている。周囲を取り巻く山岳地帯の赤茶けた山肌と芝生やパームツリーの緑のコントラストもすばらしい。
 池、クリーク、バンカーが効いたホールが多く、距離も Black ティーから 7200ヤード超と長いためリゾートコースといえどもそれなりの技術が要求される。また 100〜150ヤードのキャリーが必要な池越えやブッシュ越えのホールも多数あり、中級者以上の腕前でもスコアを崩しやすい。それでもコースレイアウトや各ホールからの眺めがすばらしいので、スコアに関係なく気持ちの良いラウンドを楽しむことができるはずだ。
 やや打ち上げの5番ロングホールは、正面の三角形の山とグリーン周辺に生い茂るパームツリー、その奥にある滝、さらにはそこを流れる水音との調和が絶妙で、視覚的にも聴覚的にも印象深いホールとなっている。湖に向かって半島状に突き出た 8番と 17番のショートホールはこのコースを代表するシグネチャーホールだ。
 とにかくすべてが美しく、ゴルフコースに箱庭的な美しさを求めるゴルファーにとってはラスベガス屈指のおすすめコースといってよいだろう。

↓ クリックで拡大表示 
1番 Par4 424Y 389Y 379Y 325Y 289Y Tee Fairway Green
左ドッグレッグのミドルホール。左手前に池、ティーショット落下地点の左側にバンカーが3つあるので右側から攻めたい。
2番 Par4 412Y 401Y 318Y 305Y 271Y Tee Fairway Green
やや打ち上げのミドルホール。グリーン面は見えないが、中心より左側に比較的大きなグリーンがある。グリーン後方に並ぶ高級別荘が美しい。
3番 Par5 596Y 559Y 519Y 472Y 416Y Tee Fairway Green
セカンド地点から打ち下ろしのロングホール。ティーショットは右手前がブッシュ。グリーン奥にはハイアットリージェンシーが見える。
4番 Par3 179Y 163Y 150Y 126Y 120Y Tee Fairway Green
大きなバンカーが待ちかまえるショートホール。バンカーは右手前にあるので左手前から攻めたい。左奥にも大きなバンカーがあるのでグリーンオーバーは禁物。
5番 Par5 528Y 512Y 494Y 479Y 455Y Tee Fairway Green
真っ直ぐで見通しの良いロング。後半はやや上り。グリーン右のパームツリーや滝が美しいが、景色に見とれていると隠れたクリークにつかまるので要注意。
6番 Par4 455Y 430Y 391Y 366Y 327Y Tee Fairway Green
気持ちの良い打ち下ろしのミドルホール。正面は Lake Las Vegas。右手はグリーン奥まで深い崖になっており、底にはクリークが流れている。
7番 Par4 452Y 405Y 380Y 348Y 300Y Tee Fairway Green
やや打ち下ろしのミドルホール。セカンド地点をクリークが横切っている。クリークを越えるためには White Tee からでも最低 200ヤードのキャリーが必要。
8番 Par3 199Y 182Y 166Y 144Y 132Y Tee Fairway Green
左はすべて Lake Las vegas。グリーン左側が半島状に湖へ突き出た名物ショートホール。ティーからは見えないがグリーン奥にも大きなバンカーがある。
9番 Par4 429Y 386Y 369Y 331Y 289Y Tee Fairway Green
Lake Las Vegas に沿った左ドッグレッグのミドル。安全に右から攻めるとセカンドショットの距離が長くなり、左には湖のみならずバンカーも。パーを取るのが難しい。
10番 Par4 393Y 382Y 363Y 294Y 271Y Tee Fairway Green
ティーショットとセカンドショットが共に池越えとなるミドルホール。セカンド地点はグリーン近づくほど幅が狭いため、ティーショットの落としどころが難しい。
11番 Par4 389Y 375Y 325Y 312Y 254Y Tee Fairway Green
やや打ち下ろしのミドルホール。ティーの右手前はブッシュが広がる。手前からは見えないがグリーン奥にも大きなバンカーが。
12番 Par3 223Y 204Y 193Y 180Y 153Y Tee Fairway Green
距離のある緩やかな打ち下ろしのショートホール。グリーン左に大きなバンカーがあり奥はすぐブッシュになっているため、あまり長いクラブを手にするのは禁物。
13番 Par4 414Y 407Y 386Y 373Y 301Y Tee Fairway Green
右ドッグレッグのミドルホール。ティーの手前はブッシュ、セカンド地点のフェアウェイも狭い。グリーン奥に見えるリッツカールトンホテルが美しい。
14番 Par4 457Y 436Y 406Y 387Y 324Y Tee Fairway Green
わずかに打ち上げのミドルホール。フェアウェイ左手に深いバンカーがあるので注意。距離もありパーをとるのが非常に難しい。
15番 Par5 544Y 527Y 512Y 497Y 403Y Tee Fairway Green
崖越えが2カ所ある名物ホール。ティーショットは少なくとも 150ヤードのキャリーが必要。セカンドショットも崖越えで、景色は良いが初心者には気の毒なホール。
16番 Par4 442 415Y 390Y 329Y 292Y Tee Fairway Green
右ドッグレッグのミドルホール。ティーから 100ヤードほどはブッシュが続く。フェアウェイは広いが、グリーン左のバンカーがかなり効いているので要注意。
17番 Par3 164Y 158Y 148Y 135Y 121Y Tee Fairway Green
湖に突き出た名物ショートホール。湖に打ち込んだ場合はドロップエリアからの打ち直しとなるが、奥が湖であることに変わりはなく、初心者には厳しいホール。
18番 Par5 561Y 531Y 502Y 488Y 448Y Tee Fairway Green
右ドッグレッグのロング。右側はすべて湖で、バンカーも点々と続く。グリーン奥も湖が回り込んでいる。やや距離は長くなるが左から攻めるのがポイント。
Par 72 7261Y 6862Y 6391Y 5891Y 5166Y  ← TOTAL


スポーツのトップページに戻る