スポーツのトップ
BOULDER CREEK GOLF CLUB




住所   1501 Veteran's Memorial Drive, Henderson, NV 89005
電話   702-294-6534 (英語のみ)
ストリップから   25.5 mile / 41.0km  (高速 215号線と 93号線を利用)
タクシー   料金片道 約 $49 + 15% ほどのチップ、 所要時間 約 30分
アクセス   地図 & 解説
グリーンフィー   $100 (オフシーズンの平日) 〜 $200 (ピークシーズンの週末)
レンタルクラブ   $35
レンタルシューズ   なし
予約   7日前より受付
コース スペック
(Rate,Slope,Yard,Par)

 
 ・ Slope って何?
 
Black Tee 75.8 / 142 7628Y / Par72
Gold Tee 73.2 / 130 7072Y / Par72
Blue Tee 70.4 / 120 6568Y / Par72
White Tee 68.0 / 117 6080Y / Par72
Red Tee 71.8 / 124 5622Y / Par72
Green Tee 68.2 / 117 4984Y / Par72
上記数値はすべて Desert Hawk と Coyote Run の組み合わせ
スコアカード   スコアカードの スコア記入面コースレイアウト面
名物ホール   ・ 池のまわりをドッグレッグする DH の 1番
・ カラフルな花に囲まれた半島型グリーンが美しい DH の 6番
・ 遥か彼方のドライレイクと池のコントラストが美しい DH の 9番
・ 池とフェアウェーの間に花が咲き乱れる CR の 1番
・ 635ydのモンスターホールは距離だけでなく、グリーン回りも難しい
・ クラブハウスに向かって打つ池越えのシグネチャーホール、CR 9番
コース設計者   Mark Rathert
オープン時期   2003年 1月
コースレコード   未確認。
クレジットカード   VISA Master AmericanExpress
インターバル   10分間隔
キャディー   なし
開催トーナメント   まだ著名トーナメントは開催されていない。
周囲の環境・景観   この写真 の通り、全体としては荒涼とした乾燥地帯の中にある。それでも周囲にまったく民家が無いわけではなく、ボールダーシティーの街並みが見えるホール も少なくない。
クラブハウス   前庭には滝もあり、市営コースとしては 立派すぎるほどのクラブハウス。さらに、400人のキャパシティーを誇る 純白のテント型バンケット施設 もある。
プロショップ   シンプルで落ち着いた雰囲気の プロショップ内。市営コースであるにもかかわらず、ロゴ入りシャツなどさまざまな商品が売られている。
芝生のコンディション   開業当初はすばらしかったが、最近はメンテナンスの悪さが指摘されており、荒れた場所も散見される。
ティーグラウンド   「上級者から初心者までが楽しめる」 をうたい文句にしているためか、Black、Gold、Blue、White、Red、Green の 6つが用意されている。また数だけでなく、個々のティーグラウンドのサイズが大きいのも特徴。この写真 を見れば、ここのゴルフコースのティーグラウンドの数、サイズ、配置などに対するコンセプトがわかる。
スルーザグリーン   ラフはそれほど深くはないが、フェアウェイの両側に 荒野が迫っているホール が多く、ティーショットの落とし所が難しい。
グリーン   二段グリーン が非常に多く、サイズも総じて 大きい
高低差   緩やかな登りや下りはあるが、全体としては総じてフラットで、極端な打ち上げや打ち下ろしのホールは無い。
木の配置・種類   ごく一部のホールにある パームツリー 以外、大きな木はほとんど存在しない。木の間を抜くようなショットは要求されないと考えてよい。
バンカー   バンカーは 非常に多く深いもの も少なくない。また、白い砂が入った通常のバンカー以外に、もともとこの地に存在していた 荒野をそのまま生かした広大なハザード も多く、バンカーが苦手な者は非常に苦労する。砂質は ここをクリック
ウォーターハザード   池がからんでくるホールは、Desert Hawk の 1番6番 9番、 Coyote Run の 1番8番9番 の全部で 6ホール。
(Eldorado コースの9ホールは未取材)
ホール間の距離   レイアウト図 を見ればわかる通り、土地をかなり贅沢に使っているため、前のホールのグリーンから次のホールのティーまでの移動距離はかなり長い。それでも電動カートを利用することになっているので (歩きでのプレーも可能だか、そういう者は非常に少ない)、それ自体は特に気にならない。
飲料水タンク   数ホールごとのティーグラウンド付近に 給水タンク が設置されているばかりか、それぞれのカートにも クーラーボックスが標準装備 されているため、猛暑の中でのプレーでも特に問題はない。
カート   ガソリン式ではなく、電動カート。GPSを装備している ため、グリーンまでの距離などが瞬時にわかり大変便利。また、車体の右後部には ボール洗い機とクラブ洗い機 も用意されている。なお、車体の後部左右上方にある 2本の白い筒 は目土用の "種入りの砂" なので、ターフを取った際には必ずきちんと目土しておくこと。(プレー終了後、この砂が減っていないとマナーの悪さが発覚してしまうので要注意)
ドライビングレンジ   40打席400ヤード打ちっ放なし の広大な練習場がある。クラブハウス前にある 練習グリーン はかなり段差がきつい 2段グリーンになっている。
コース内売店   コースの途中に売店は無い。その代わり 販売カート がコース内を巡回しているので、飲み物やサンドイッチなどを買うことができる。
価格: ビール$4.00〜、コーラ$2.50、ミネラルウォーター$2.50、など。
その他の写真   ティーマーク、  小物、  ヤーデージ表示のスプリンクラーヘッド

 ラスベガスの南東部に位置する Boulder 市が所有する市営コース (管理運営は民間企業に委託)。"Desert Hawk" と呼ばれる 9ホール、"Coyote Run" と呼ばれる 9ホール、"Eldorado" と呼ばれる 9ホールの合計 27ホールあるが、この記事を書く際の取材は Desert と Coyote のみで、 Eldorado は未取材。

 2003年 1月のオープン当初は "世界最高レベルの市営コース" との呼び声が高かったが、最近はメンテナンスの悪さが指摘されており、評価はかなり落ちてきている。採算が取れていないようで、納税者から経費の見直しを迫られていることなども、クオリティー低下の原因といってよいだろう。
 ちなみに、グリーンフィーは市営コースとしては異常に高く (市民割引を使っても平日 $50 以上)、開業前から "世界屈指のリッチな市営コース" と皮肉られていた。今後は、グリーンフィーの見直しによる利用客の増加などが課題となりそうだ。

 特徴はなんといってもその距離だろう。Black Tee からの合計 7628ヤード (Desert & Coyote) は世界的に見ても異例の長さで、プロのトーナメントでもこんな長いコースが使われることはめったに無い。まさに市営モンスターコースといった感じで、今後に知名度を上げていくものと思われる。
 まだ開業後の日が浅いため、トーナメント関係者などからの評価が今後どうなるかはまだ未知数だが、取材に応じてくれた担当者によると、「近い将来 PGAトーナメントを誘致する」 と鼻息が荒い。たしかに 2002年の全米オープンの開催コース Bethpage State Park も市民コースだったことを考えると、歴史の短さは気になるものの、この Boulder Creek でビッグトーナメントが開催される日も近いかもしれない。

 距離の長さもさることながら、ティーグラウンドの数も特徴的だ。市営コースらしく、「初心者から上級者まで誰でも楽しめるコース」 をうたい文句にしているためか、ティーグラウンドは Black、Gold、Blue、White、Red、Green と 6つも用意されている。人口わずか 15,000人のこの町に、ここの Black からプレーできる上級者がどれほど存在しているのか知るすべも無いが、とにかくこれだけあれば、どんな腕前のゴルファーでも自分に合ったティーを選択できることだけはたしかだろう。

 日本からの観光客にとっては市民割引が効かない分だけ気分的に割高感があり、敬遠したくなってしまうかもしれないが、一般の民営コースでも 「地元民割引」 はしばしばオファーされていることなので、その種の割引のことはあまり気にせず、コース自体に興味があれば積極的にラウンドしてみるとよいだろう。ラスベガス市ではないので遠い印象を受けるかもしれないが、ホテル街からの所要時間はわずか 30分。フーバーダムに近いので、その見学のついでに立ち寄ってプレーしてみるのもよいかもしれない。

D E S E R T  H A W K  C O U R S E
1番 Par4 437Y 415Y 378Y 341Y 316Y 275Y Tee Fairway Green
池とバンカーとヤシの木の配置が絶妙で非常に美しいホールだが、池に沿って左に大きくドッグレッグしたトリッキーなホール。グリーンも難しい。
2番 Par5 582Y 541Y 508Y 475Y 441Y 400Y Tee Fairway Green
ほぼ真っ直ぐでやや打ち下ろし。簡単そうに見えるが、グリーン左手前に大きなブッシュとバンカーが隠れているので油断は禁物。グリーンはニ段グリーン。
3番 Par4 409Y 375Y 353Y 338Y 324Y 269Y Tee Fairway Green
やや左ドッグレッグ。このコースとしては非常に短いミドルホールだが、フェアウェーの左右もグリーン手前もバンカーでガードされているのであなどれない。
4番 Par3 250Y 217Y 192Y 169Y 145Y 111Y Tee Fairway Green
木も池も無いシンプルなホールだが、ティーとグリーン以外の多くの部分が荒野。ワンオンしないと厳しいが、ワンオンしても難しいニ段グリーンが待ち受けている。
5番 Par5 533Y 508Y 476Y 443Y 419Y 399Y Tee Fairway Green
平凡なロングホールに見えるが、フェアウェーがわずかながら左右に蛇行しており難しい。またグリーン近くになるとブッシュや巨大バンカーが待ち受けている。
6番 Par4 440Y 404Y 375Y 340Y 312Y 274Y Tee Fairway Green
ティーグラウンドの右にある池と、グリーン手前右にある池は川でつながっている。つまりフェアウェーの右側はすべてウォーターハザード。左はブッシュ。
7番 Par4 487Y 449Y 407Y 377Y 345Y 301Y Tee Fairway Green
距離がある上、フェアウェーが狭く、さらにフェアウェーの真ん中に巨大バンカーが縦に走っており、おそらくこのゴルフコースで最も難しいホール。
8番 Par3 225Y 189Y 168Y 147Y 127Y 100Y Tee Fairway Green
グリーン左は大きなバンカーでガードされているばかりか花道も狭い。コントロールに自信が無い者はとにかく右を狙って打ちたい。
9番 Par4 480Y 448Y 421Y 398Y 377Y 300Y Tee Fairway Green
遥か後方にドライレイクも見え非常に美しいホールだが、池が多すぎ上級者以外は景色を楽しんでいる暇が無い。3オン狙いで十分。
C O Y O T E  R U N  C O U R S E
1番 Par4 419Y 399Y 358Y 338Y 311Y 284Y Tee Fairway Green
緩やかな登りの右ドッグレッグ。フェアウェーは起伏が激しくフラットな場所がほとんど無い。やや遠回りになるが左から攻めた方が安全。
2番 Par4 443Y 406Y 380Y 352Y 317Y 288Y Tee Fairway Green
フェアウェーの真ん中に大きなバンカーがゴロゴロしている非常にトリッキーなホール。なんとかバンカーにつかまらずにグリーンまでたどり着ければ御の字。
3番 Par3 204Y 181Y 164Y 145Y 121Y 101Y Tee Fairway Green
手前はすべてブッシュなのでチョロはできない。右はバンカーが多くトラブルに巻き込まれやすい。コントロールに自信が無い者は左から攻めた方がよい。
4番 Par5 579Y 551Y 531Y 502Y 472Y 444Y Tee Fairway Green
遥か彼方に見えるドライレイクと山脈に向かって打つ雄大なホール。グリーン手前約 50ヤード付近にブッシュが横切っているので 3打目は要注意。
5番 Par4 455Y 418Y 384Y 352Y 332Y 296Y Tee Fairway Green
ティーからフェアウェーまでかなり長いブッシュが続くのでチョロは禁物。このゴルフコースとしては珍しくグリーン周辺にバンカーが無い。
6番 Par4 402Y 373Y 350Y 325Y 294Y 264Y Tee Fairway Green
フェアウェーの両側には、ティーからグリーンまで延々と続く長いバンカーが、また、グリーン手前にもクリークのように横切るバンカーがある。
7番 Par5 635Y 608Y 577Y 540Y 508Y 469Y Tee Fairway Green
635ヤードのモンスターホール。距離ばかりかバンカーも多く、さらにフェアウェーが斜め縦に分断されており、とんでもなく難しいホールになっている。
8番 Par3 179Y 156Y 142Y 123Y 114Y 97Y Tee Fairway Green
池越えの名物ホールで初心者には難しそうに見えるが、素直に右を狙って打てば特に難しいホールではない。左はバンカーが多いので要注意。
9番 Par4 469Y 434Y 404Y 375Y 347Y 312Y Tee Fairway Green
フェアウェーが池によって斜め縦に分断された非常に難しいホール。上級者以外は 3オン狙いが賢明だが、2打目で池を渡るか 3打目で渡るかの判断が難しい。
Par 72 7628 7072 6568 6080 5622 4984  ← TOTAL


スポーツのトップページに戻る