観光スポットのトップ
ミラージホテルの火山  



( ↑ クリックで拡大表示 ↑ )

英語名   VOLCANO
住所   3400 LAS VEGAS BOULEVARD
LAS VEGAS, NV 89109
電話   702-791-7111
アクセス   ミラージホテル正面玄関前の池

 もはやラスベガスの観光名所のひとつとなってしまった感のある有名なアトラクション。日没後、ミラージホテル正面玄関前の池の中に造られた 「火山」 が定期的に火を噴く。火山の山頂付近からだけでなく、周囲の割れ目などからも溶岩流として火が流れ出るように演出されており、なかなか手が込んでいると評判が高い。
 ちなみに現在見られる演出は、2008年12月から始まった新しいバージョンのもので、それ以前のものとは多少内容が異なっている。火山そのものの部分は以前と大差ないが、ストリップ大通り側から火山に向かって左手方向に広がる水面の部分に大きな変化が見られ、古いバージョンしか見たことがない者は、その違いに驚くはずだ。その水面の部分には、炎の噴出口が120ヵ所も仕掛けられており、そこから音楽に合わせて踊るように炎が一斉に噴き上がる。
 この新バージョンは、ベラージオホテルの噴水ショーをクリエイトした WET Design 社 (本社、カリフォルニア州) が手がけたためか、どことなくその噴水ショーのコンセプトに似ていなくもないが、噴水ショーの水ほど炎が高く上がるわけではない。また、噴水ショーのようにいくつも曲が用意されているわけではなく、毎回同じ南国風の打楽器によるBGMが使われる。
 結局、新バージョンの水面での演出は、さしずめ 「炎のダンス」 といった感じで、遊び心やエンターテーメント性は増強されたが、大自然の火山をそのまま忠実に再現するという自然描写の概念からは遠ざかっており、その部分においては以前のバージョンのほうが自然な感じでいいという声が少なくない。
 どちらがいいかは意見が分かれるところだろうが、BGMの音量や炎の量が大幅にアップしているため、聴覚的にも視覚的にも露出度が高まっていることだけはたしかで、派手に目立つことをよしとするラスベガスのアトラクションとしては、「改造は成功した」 といってよいのではないか。
 演出の正味の継続時間は約4分。開始時刻は、長らく日没後から午後11時までの正時、つまり1時間に1回おこなわれていたが、2015年7月より、午後8時と9時の2回だけとなってしまった。なお金曜日と土曜には午後 10時にもおこなわれる。
 なお、火を使うアトラクションのため、風が強い場合は中止になることがある。かなり広範囲から見ることができるため、早く現場へ行って場所を取ったりする必要はない。もちろん無料。


観光スポットのトップページに戻る