観光スポットのトップ
ネリス空軍基地  



(↑ クリックで拡大表示 ↑)


英語名   Nellis Air Force Base
場所   North Las Vegas Blvd. と Nellis Blvd. の交差点付近
サイト   http://aviationnation.org/
アクセス   ストリップのホテル街からストリップ大通り(Las Vegas Blvd.) を北にひたすら約 12マイル (約20km。この距離は、スタートするホテルの位置によって多少異なる) 走ると Nellis Blvd. という道との交差点に出くわすので、そこをすぎたらすぐ右手に基地の入口が見えてくる。しかし通常はそこから入れないので、この道順を知ってもあまり意味がない。航空ショーの際の行き方は以下の本文を参照のこと。

 ネリス空軍基地は、周囲が砂漠ということもあり、地形的、天候的、さらには地域住民との騒音問題が起りにくいなど、諸条件に恵まれ、アメリカ空軍にとって全米屈指の重要な拠点となっている。また、かの有名な謎の基地 Groom Lake Air Force Base (通称 AREA-51) のゲートウェー的な役目も果たしており、その重要性は計り知れない。
 とはいっても、その重要性はあくまでも軍事的な部分であり、一般市民にとってはどうでもよいことで、特に観光客にとっては、この基地と関わる機会もなければ、その必要性もないだろう。

 そんな中、毎年秋に開催される航空ショーは、一般市民とこの基地を結ぶ数少ない接点で、この日ばかりは多数の市民が押しかける。また、地元民ばかりか観光客もこの航空ショーに合わせて世界中からラスベガスにやってくる。
 じつはこのネリス空軍基地は、世界最強のアクロバット飛行チームとも言われているかの有名なサンダーバード隊(Thunderbirds, 3600th Air Demonstration Team) の本拠地で、その航空ショーのハイライトがこのチームによる曲芸飛行というわけだ。もちろん本拠地で本家本元が行なうので、「アメリカンスタイル」 と呼ばれる正式な 6機編隊で披露され、このスタイルでのショーは航空マニア垂涎の的となっている。音速での高度なアクロバット飛行を至近距離で見ていると、その操縦テクニック、パイロットの運動能力や集中力、そして科学技術の粋を集めた戦闘機の性能などに感動できることだろう。ちなみに現在このチームが使用している機材は F-16 ジェット戦闘機。

 前売りチケットなどがあるわけではなく、だれでも簡単に観に行くことができ、料金も通常は無料で (今後も無料のはず)、必要な費用は 2〜3ドルの駐車場代やシャトルバス代 (それらも無料の年が少なくない) だけだ。ただ、自分で勝手に基地までレンタカーなどを運転して行っても入場できないので、必ず事前に専用サイト http://aviationnation.org/ などでその年のアクセスルールを確認してから行く必要がある。
 一般的には、レンタカーの場合、基地の近くにあるラスベガスモータースピードウェーの広大な駐車場まで行って、そこに駐車し、そこから主催者が運行しているシャトルバスに乗り換え基地内に入る。レンタカーがない者の場合は、ストリップ地区のホテル街から 2階建てバス DEUCE でダウンタウンのバス基地 DTC (Downtown Transportation Center) まで行き (DEUCE の利用方法に関しては 「市内交通」セクションを参照のこと)、そこから航空ショー専用のバスに乗り換えてラスベガスモータースピードウェーの駐車場まで行く。駐車場からは、レンタカーの場合と同じシャトルバスに乗る。イベント会場にはスナックスタンドなどが軒を並べているので、弁当や飲み物を持っていく必要はない (持ち込み禁止の場合も)。撮影は自由なので、カメラの持ち込みは可。


観光スポットのトップページに戻る