ショッピングのトップ
大型流通店 - [ SEARS ]




住所   3450 S. Maryland Pkwy. Las Vegas, NV 89109
電話   702 - 894 - 4200
営業時間   月〜金: 9:30am-9:00pm、 土:10:00am-9:00pm、 日: 10:00am-7:00pm
地図   店舗1  店舗2

 かつて全米を席巻した世界最大の百貨店だったが、2004年 11月、ディスカウントストアの K-Mart に買収されてしまった。買収された後の持ち株会社の名前は、シアーズ側の名称を引き SEARS Holdings 社に。
(右上と右の写真は同社の繁栄の象徴とも言えるシアーズタワー)

 シアーズは、今でこそ平凡な百貨店に成り下ってしまったが、1800年代後半、つまりグラハムベルが電話を、そしてエジソンが電球を発明した時代にカタログによる通信販売を始めたという長い歴史を持つ名門企業で、つい最近まで世界最大の百貨店として米国流通業界の頂点に君臨していた。
 株式上場は約一世紀前というから、同社の株券はあの世界大恐慌はもちろんのこと第一次世界大戦下でもウォール街で流通していたことになり、まさにアメリカの近代経済史が染み付いた株券といっても過言ではない。ちなみに、このたび K-Mart に吸収合併されるまで、シアーズのニューヨーク証券取引所での会社コードは栄光の一桁の "S" だった。現在は、その吸収合併後の持ち株会社がニューヨーク証券取引所からナスダックに取引場所を移し SHLD の会社コードで取引されるようになったため、ニューヨーク証券取引所での栄光の一桁の "S" は電話会社の Sprint Nextel 社に譲っている。
 (日本での会社コードは4桁の数字だが、アメリカでは、たとえばマイクロソフトが "MSFT" というように通常2桁から4桁のアルファベットの文字列で決められている。現存している著名企業で一桁は "F" のフォードモーター、 "K" のケロッグ、"T" の AT&T などがある)

 1886年、ミネソタ州で鉄道関係の仕事に従事していた Richard Sears 氏が、時計などの貴金属を地方都市に住む消費者に、いかにして販売するかを考えて興した会社がシアーズの起源といわれている。
 そして Sears 氏はその直後に Alvah Roebuck 氏と出会い、鉄道網の中心地シカゴに拠点を移して本格的な通販会社を始めることになる。つい最近までの社名 Sears Roebuck がこの時の二人の名前に由来していることは言うまでもない。
 1800年代末といえばライト兄弟が飛行機を発明するより以前の話であり、航空機はおろか長距離輸送に耐えうるトラックなどもほとんどない時代で、鉄道輸送だけが頼りの全米規模の通信販売ビジネスに対しては多くの者が疑問を唱えた。しかし周囲の予想に反して、鉄道関係者とのコネクションをうまく利用することができた彼らのビジネスは見事に当った。
( なお、通信販売を始めたのは彼らが最初ではない。今は無き Montgomery Ward 社も 1800年代後半から通販を手がけていた。しかし同社はすぐにシアーズに抜かれ、その後一度もシアーズに追いつくことはなかった)
 その後 1900年代に入り、シアーズは通販で築いた知名度と信頼をバックに店舗での販売も始め、アメリカ社会に百貨店という概念を築くことにも成功する。

 第二次世界大戦直後アメリカは家電ブームに沸いた。他の国々の質素な生活を尻目にアメリカの大衆は先を競って大きな電気冷蔵庫や電気洗濯機を買い求め、また、世界に先がけて放送が開始されたばかりのテレビにも群がった。
 そんな時代、憧れの家電製品が並ぶシアーズへ行くことはアメリカ市民にとって娯楽以上の楽しみであり、またシアーズそのものも豊かなアメリカを象徴する存在となっていった。

 全米市民の夢を背負い向かうところ敵無しの同社は (実際には JC Penny や Montgomery Ward などの競合も存在していたが、シアーズの存在を脅かすほどにはならなかった)、60年代後半、圧倒的な力を誇示できる世界一高いビルの建設高層をぶち上げ、ついに 1973 年、シカゴの摩天楼にその本社ビル・シアーズタワーが出現した (写真左上)。今は亡きニューヨークの世界貿易センタービルよりも高いこの奇抜なデザインの巨大ビルは、「まるで年々伸びる同社の業績を示す棒グラフのようだ」 とも形容されるほど、当時の強いシアーズを象徴していた。(現在も全米一高いビル)

 ところが 80年頃を境に始まった庶民のライフスタイルの変化や、カテゴリーキラーと呼ばれる大型専門店の台頭と共に百貨店の時代も過渡期にさしかかり、一世紀に及ぶシアーズの成長神話にも陰りが見え始めた。
 他業種へ活路を見い出そうと次々と買収した保険会社や金融会社も、シアーズの既存客へのサービス拡大という目標にそれほど貢献することができず、 90年代に入ると同社は方向を見失い始めた。結局、クレジットカードの Discover 社や、100年以上続けてきたカタログ販売など不採算部門を売却あるいは閉鎖することとなり、近年のシアーズは百貨店という本業に回帰しながら生き残りの道を模索していた。
 そんなところに飛び込んできた驚きのニュースが K-Mart によるシアーズの買収だ。アメリカ流通業の長い歴史の中でも、史上最大の買収劇といってもよいこの空前の取引は 2004年 11月、電撃的になされた。

 買収時のシアーズは凋落傾向にあったとはいえ、全米に 800店舗の百貨店を展開しており、売上 371億ドルという数字はまさに "腐っても鯛" といった感じだった。もっとも、この数字には百貨店のみならず、約 2000 店存在している Sears Auto Center (タイヤ交換や簡単な自動車整備を行っている部門) や Sears Hardware (アパレルなどを除いた小規模のシアーズ)、さらにはクレジットカード部門 (Discover を売却した後も Sears MasterCard などを運営) などの売上も含まれており、百貨店部門だけが頑張っているわけではない。むしろ現在の同社にとってはクレジットカード部門の方が重要な位置を占めていると言われている。

 さてショッパーにとっての最近のシアーズについてだが、はっきり言ってあまり魅力的な店ではない。アパレル部門と、各ブランドが軒を並べる化粧品部門だけはそこそこ特色を出しているが、その他の部門、たとえば家電、家庭雑貨、工具などのハードウェア、スポーツ用品、事務機&パソコンなどの売り場はまったく魅力が感じられない。それらの分野にはそれぞれ Best Buy、Wal-Mart、Home Depot、Sport Authority、Office Depot といった専門のカテゴリーキラーが存在しており、何ゆえシアーズで買わなければならないのか、その存在意義が伝わってこない。
 それらの部門に関しては、「シアーズが発行しているクレジットカードの特典などに縛られている者か、過去のシアーズの輝かしい時代をそのまま引きずっているオールドファンが買っているだけ」 と皮肉られることがよくあるが、事実店内で見かけるのはシニア世代が多い。
 シニア世代を相手にしているためか、売り場に店員が多いのもシアーズの特徴で、ちなみに年齢層が高くなればなるほど商品購入時に店員の説明を求める傾向にあるという。したがって家電部門などはいつも客よりも店員の方が多いぐらいで、店員の説明を必要としない若い世代にはそれがわずらわしく、結果的に若者のシアーズ離れが加速している。
 経営陣もそれに気づいたのか、最近やっと販売セクションの見直しと、販売員に頼らないセルフサービス化を新たな戦略の柱として打ち出し、何十年も使ってきたロゴも少し変えた。

 K-Mart の傘下に入ったシアーズが今後どのような方向に進んでいくのか、まだその目指す道が見えてこないが、良くも悪しくもシアーズを知らずしてアメリカのこれまでの消費文化を語ることはできないので、流通業に携わる者はもちろんのこと、アメリカ社会などに興味がある者は、たとえ買いたい物がなくてもひと目見ておいて損はないだろう。
 なおシアーズは他の大型店と違い単独で存在することはまずない (百貨店以外の Sears Auto Center や Sears Hardware は単独で存在する)。多くの場合、大規模なショッピングモールの中のアンカーテナントとして存在している。ラスベガスでは Maryland Parkway にある BOULEVARD MALL、それに Meadows Lane に存在している MEADOWS MALL の 2ヶ所にあるが、ストリップのホテル街からは BOULEVARD MALL の方が近くて便利だ。

【 会社データ 】 ( K-Mart のデータを含む)
本社 : 3333 Beverly Rd. Hoffman Estates, IL 60179
創業 : 1886年
店舗数 : 約 3900
従業員 : 13万 3000人
売上 : 188億ドル (2005年 10月期)
上場 : かつては NYSE で S だったが、現在はナスダックで SHLD
WEBサイト : http://www.sears.com
 
【 ラスベガス近郊の店舗 】 
 1. 3450 S. Maryland Parkway, Las Vegas, NV 89109  702 - 894 - 4200
 2. 4000 Meadows Lane, Las Vegas, NV 89107  702 - 259 - 4200



ショッピングのトップページに戻る