ショッピングのトップ
プレミアムアウトレット・ノース - [ PREMIUM OUTLETS NORTH ]




住所   875 South Grand Central Parkway, Las Vegas, NV 89106
電話   702 - 474 - 7500
営業時間   通常営業 月〜土: 10:00am-9:00pm、 日: 10:00am-8:00pm

■ 2012年 祝日およびセール中の営業時間
2012/02/17〜1810am-9pmPresident's Day Sale
2012/02/1910am-8pm
2012/02/2010am-9pm
2012/04/0810am-8pmEaster
2012/05/25〜2610am-9pmMemorial Day Weekend Sale
2012/05/2710am-8pm
2012/05/2810am-9pm
2012/06/29〜30   10am-9pmJuly 4th Summer Sale
2012/07/0110am-8pm
2012/07/02〜0410am-9pm
2012/08/31〜09/0110am-9pmLabor Day Weekend Sale
2012/09/0210am-8pm
2012/09/0310am-9pm
2012/10/05〜0610am-9pmColumbus Day Weekend Sale
2012/10/0710am-8pm
2012/10/0810am-9pm
2012/11/2110am-9pmThanksgiving Eve
2012/11/2210am-7pmThanksgiving Day
2012/11/23Midnight-10pm After-Thanksgiving
Weekend Sale featuring  
Midnight Madness
2012/11/248am-10pm
2012/11/259am-8pm
2012/11/26〜12/23  月〜土 9am-10pm  
日 10am-8pm
Holiday Hours
2012/12/249am-7pmChristmas Eve
2012/12/25ClosedChristmas Day
2012/12/267am-9pmAfter-Holiday Sales
2012/12/27〜299am-10pm    
2012/12/3010am-8pm
2012/12/319am-6pm
2013/01/0110am-8pm

アクセス    ストリップ地区のホテル街から 2連結の公営バス SDX の北行に乗り、終点まで行けば、そこがこのアウトレット。運賃や乗り方などに関しては、[市内交通]セクションに掲載。
 道路が混んでいなければ 30分程度で行けることもあるが、1時間近くかかってしまうことも少なくないので、急いでいる場合は、やはり高速道路を利用できるタクシーがベスト。ストリップ地区の主要ホテルからタクシーでの所要時間は約10分、料金は片道 $20 前後 (プラス 15%〜20% 程度のチップが必要)。タクシーの乗降場所は、敷地全体の南西の端 (Brooks Brothers の裏側) にある。
 レンタカー利用の場合は、ストリップ地区のホテル街から高速 15号線の北行きに乗り、ストラトスフィアタワーが真右に見えた付近で現れる出口 [Charleston West] で降りてすぐ。高速を降りたら白いテントのこのアウトレットが見えるので簡単にわかる。なお、ひとつ手前の出口 [Charleston East] で降りてしまわないよう要注意。アウトレットは高速道路に対して東側に位置しているが、出口は西 (West) を利用したほうが断然便利。ストリップ地区との位置関係を示す地図は こちらをクリック
地図   Yahoo Map による Premium Outlet の位置

 電飾アーケード・Fremont Experience でおなじみのダウンタウンの近くにあるショッピングアウトレット。開業は 2003年 8月。
 商業不動産のデベロッパー大手 Chelsea Property 社が開発した商業施設で、地元民と観光客の両方をターゲットにした大型ショッピングエリアとして人気が高い。テナント数は約 150。
 ちなみに同社は全米に 50ヶ所以上のアウトレットを管理所有する他、日本でも三菱地所と合弁 (チェルシージャパン) で大型商業施設を開発するなど、日本での知名度も高い。(その後、Chelsea Property 社は Simon Property 社に買収された)

 このアウトレットの特徴はなんといってもその立地条件だろう。ダウンタウン地区から約 2km、ストリップ地区のホテル街からも約 7km という 「市街地からの距離」 は、アウトレットと称する商業施設としては異例の近さだ。
 そもそもアウトレットとは、メーカーが余剰品や年式遅れの商品などを安く処分する際に利用する店の集合体で、定価販売を強いられる市街地の正規店との価格摩擦を避けるために、都市部から遠く離れた不便な場所に建設されるのが普通。事実、日本人観光客にも人気が高いファッションアウトレットはストリップ地区の繁華街から 60km 以上も離れた砂漠の中にあり、このプレミアムアウトレット・ノースの近さは際立っている。
 もっとも、最近は余剰品や年式遅れではない通常の商品をアウトレットで安く販売してしまうケースが増えてきており、アウトレット自体の定義があいまいになりつつあるのも事実で、繁華街から比較的近いプレミアムアウトレット・サウス (2011年3月までは 「ラスベガス・アウトレット」 と呼ばれていた) などは、その "あいまいなアウトレット" の典型といってよいだろう。
 ただプレミアムアウトレット・サウスの場合は、価格問題が表面化しやすい高級ブランドのテナント比率が低いため、その種の問題が話題になりにくいが、高級店も多く入居するこのプレミアムアウトレット・ノースの場合、事情がやや異なる。たとえば Polo Ralph Lauren など、ストリップ地区の高級ホテル内に入居する正規店との価格差をどのように設定し、その価格差を消費者側にどのようにアピールしていくのか、もしくは混乱を避けるために同一商品は一切陳列しないのか、地理的に近いだけに各テナントのマーケティングが注目される。

 さてテナントの顔ぶれだが、その Polo Ralph Lauren を始め、2b bebe、Banana Republic、Coach、Cole Haan、Gap、Kate Spade、Lacoste、Nike、Nautica など、ファッションアウトレットのテナントと重複している店が目立つ。もはや立地条件が圧倒的に悪いファッションアウトレットの存在感はなくなりつつあると言ってよいだろう。
 プレミアムアウトレット・サウスともいくつかの店が重複している。ちなみに Adidas、Ann Taylor、Calvin Klein、Coach、DKNY、Hush Puppies、Guess、Jones New York、Levi's、Nautica、Nike、Oshkosh、Reebok、Timberland、Tommy Hilfiger などが重複店だ。
 プレミアムアウトレット・ノースの開業により、ファッションアウトレットおよびプレミアムアウトレット・サウスの存在感がやや薄れてきているが、すべての部分においてプレミアムアウトレット・ノースが優位にあるわけではない。ノースにも大きな欠点がある。それは屋根がないことだ。他の多くのアウトレットと異なり、店と店の間の空間 (利用者がブラブラ歩く空間) がインドアではなくアウトドアになっているため、寒い冬や猛暑の夏は快適ではない。雨がほとんど降らないラスベガスとはいえ、寒暖の差が激しい気候を考えると、これは無視できない欠点といってよいだろう。


ショッピングのトップページに戻る