レストランのトップ
MIX



( ↑ クリックで拡大表示 ↑ )

  店  名 MIX   最寄のホテル THE hotel
  ジャンル アメリカンフレンチ
  住  所 3950 LAS VEGAS BLVD.   電   話 702-632-7777
  行 き 方 マンダレイベイホテルの新館 (通称 THE hotel) の最上階。
  営業時間 6:00pm 〜 10:30pm
  予  算   オシャレ度
  話 題 性   接待利用
  子連れ利用   高齢者味覚度
  予約必要度   M V P
  メニュー

 「ラスベガス」 と聞いて、だれもが連想するのが 「カジノ」。その次に続くのが 「ナイトショー」、「ネオン街」、「夜景」 といったところか。そしてその夜景といえば通常、丘の上やホテルの最上階など、高いところから見るのが万国共通の通り相場だが、なぜかラスベガスではそうなっていない。
 ストラトスフィアタワーとエッフェル塔はたしかに高く、夜景観光の名所となっているが、それらが出現したのはここ十年程度の話で、基本的には今でも 「夜景は地上から見るモノ」 というのがラスベガスの常識だ。

 その結果、レストランの位置もラスベガスでは事情が異なっており、ラスベガス以外の都市のホテルでは、お洒落なレストランは最上階もしくはそれに近い高層階にあるのが普通だが、ラスベガスではそういった場所にレストランがない。ホテルの最上階はいつも決まってハイローラー向けのゴージャスなスイートルームだ。
 じつはそれにはワケがあり、その理由はこのラスベガス大全の [基本情報] セクション内の "ホテルのウラ情報" を参照していただくとして、これまでのそんなラスベガスの常識を破って 2005年に登場したのがこの MIX で、場所はマンダレイベイホテルの新館 (通称 THE hotel) の最上階にある。

 ということでこの店のウリは 「夜景が見える」 ということになるわけだが、すべての席から見えるわけではない。むしろ夜景がきれいな席はごくわずかで、それは一部の窓際の席に限られる (写真右上、クリックで拡大表示)。したがって、もし夜景が見えない席に案内されたら (ハイローラー以外、たぶんそうされる)、景色という意味では普通のレストランとなんら変わらないことになるが、最上階というだけで一種独特の雰囲気が漂っているので、とりあえず行ってみることをおすすめする。

 ちなみに監修シェフはフランス生まれフランス育ちの知る人ぞ知る Alain Ducasse 氏。もちろん彼自身が毎日ここに顔を出しているわけではないが、「アメリカンフレンチ」 と称するその料理はなかなかのもので、総じて日本人の味覚に合っているように思える。
 アペタイザー、メインディッシュ、デザートをそれぞれ4種類しか食べていないので、断定的なコメントは慎まなければならないが、在ラスベガスの他の著名カリスマレストラン、たとえば Bouchon、Bradley Ogden などより、環境的にも味的にも勝っているように思える。ただ、デザートは 4種類食べて "当たり" にお目にかかったことがないので、過大評価は禁物かもしれない。

 話が夜景に戻るが、窓際の席に座れなくても、あきらめるのはまだ早い。食事のあと (食事の前でもいいが) 併設されているバーラウンジに行けば絶景が楽しめる (写真右)。
 そこではグラスを持ちながらある程度自由に移動ができるので、どこの席に座ることになったにせよ、夜景がきれいな窓際まで行くことが可能だ。
 なお、このバーへ行ったら、女性は必ずトイレへ行ってみよう。そして 3つあるブースのうちの奥の 2つにサプライズがあるので、そこを使うようにしよう。なんとその個室の窓は天井から床まで一枚の大きなガラス張りになっている。用を足しながら下界が見える (下界から見られる?) トイレは世界広しといえどもここだけかもしれない。なお、窓の外はストリップ地区の中心街とは逆の方向を向いているので、夜景としてはあまり大きな期待をしない方がよい。

 このレストランの立地環境は左の写真の最上階の黒い窓の部分でフロアは 43階。ただ、エレベーターでは "64F" のボタンを押すようになっている。アジア系の者が嫌う縁起の悪い番号のフロアをなくしてしまったとのこと。また、より高く見せたいという思惑もあるようだ。
 予約は必要で 702-632-7777。「それなりのドレスコード」 もあり、それなりの服装と、それなりの英語力も必要。
 営業時間は 6:00pm 〜 10:30pm。だいたいの予算は、ボトルドウォーター $8 前後、前菜 $25 前後、メイン $40 前後、グラスワイン $20 前後、デザート $10、コーヒー $5、それにタックスとチップで、ひとり約 $140 前後といったところか。メニューはこのページの上部にあるボタンをクリック。

 なお、この記事により、日本人観光客が多数押しかけ、現場がごった返すようなことは店側も望んでいないので (日本人は行動が分散せずに、特定の話題のスポットにみんなが一斉に集中的に押しかける傾向があるため、記事などによる影響が非常に出やすい)、ただ単に夜景が見たいがために MIX へ行きたいと考えている者には、エッフェル塔やストラトスフィアタワーをおすすめしたい。
 特にエッフェル塔の展望台は、MIX よりも高度が高いばかりか中心街にも近く、抜群の夜景が期待できる。したがって、「Alain Ducasse 氏の料理が食べたい」 という者以外は断然エッフェル塔の展望台がおすすめだ。もちろんストラトスフィアタワーもその圧倒的な高度を生かした一種独特な雰囲気は捨てがたく、やはりこちらも夜景としては必見なので、食事を抜きに純粋に景色を楽しみたい場合は、MIX よりもこのタワーを訪れるべきだろう。


レストランのトップページに戻る