レストランのトップ
777 (TRIPLE-7)


 

  店  名 777 (TRIPLE-7)   最寄のホテル メインストリートステーション
  ジャンル 地ビールパブ & レストラン
  住  所 200 N. MAIN STREET   電   話 702-387-1896
  行 き 方 フリーモントストリート寄りの入口から入ったらカジノフロアの右奥
  営業時間 11:00am 〜 3:00am
  予  算   オシャレ度
  話 題 性   接待利用
  子連れ利用   高齢者味覚度
  予約必要度   M V P
  メニュー
  写  真

 ダウンタウンのカジノホテル・メインストリートステーション内にある地ビールパブ。
 古き良き時代を連想させるインテリアと、ガラス越しに見える近代的なビール製造装置 ([Photo-7] ) とのコントラストが何とも言えない独特な雰囲気を醸し出している。
 ラスベガスのホテルの店としては客層も独特で、ハワイからやって来る日系アメリカ人やラスベガスに住む地元民が多い。このホテル自体の経営母体がハワイに深く関係しているため宿泊客の多くがハワイからの観光客であることと、ダウンタウンの繁華街から 1ブロック離れた場所にあるため渋滞や駐車場での混雑を嫌う地元民に人気があるためだ。
 繁華街から離れているといっても、かの有名な電飾アーケード街 Fremont Street Experience からわずか 150m の距離にあるため、一般観光客が徒歩でアクセスするのに何ら不便を感じることはない。
 行き方は Fremont Street Experience の起点であるプラザホテルから北 (アーケード街からプラザホテルに向かって右手方向) へ進めばすぐにこのメインストリートステーションホテル ([Photo-1]) が見えてくる。777 はそのカジノフロアの右奥にある。

 ビールパブなので当然と言ってしまえば当然だが、この店の注目はなんと言っても地ビールだ。色や味が異なる出来たてのビールが常時 5種類 ([Menu-5])用意されている。5種類すべてが実際にここで造られたものかどうかは定かではないが、目の前にビール製造工場 (単なる飾りで実際には稼動していないとの噂もあるが) が見えていると気分的においしく感じてしまうものだ。
 どのビールをオーダーしたらよいかわからない場合は迷わず $4.95 の "Sampler" を注文してみよう。5オンスグラス (約 140ml) に入った 5種類のビールがユニークな専用スタンドに乗ってサーブされる([Photo-2])。合計約 700ml で $4.95 はお値打ち価格と言ってよいだろう。

 この店自慢の看板メニューはガーリックたっぷりの "Triple-7 Legendary Garlic Fries" だ ([Photo-3])。単なるポテトフライに "Legendary" とは少々大げさなネーミングだが、これが本当にうまい。2つの特製ソースがついて $3.80 はこれまた超お値打ちといってよいだろう。
 その他、バーベキューチキンピザ([Photo-6])、アーティーチョークディップ([Photo-4])など、取材時に試食したものはすべて満足できるレベルに達していた。
 なお、この店には寿司メニューもあり、簡単な寿司カウンターもある([Photo-8])。もちろんここは海から遠く離れた砂漠の街ラスベガス。日本の本格的な寿司屋のレベルと比べるまでもないが、アメリカならではの独創的な各種ロール寿司 ([Menu-4]) などはバカにできない。特にカラフルなレインボーロール ([Photo-5]) などは見た目も味もラスベガスとしては十分なレベルといってよいだろう。

 他にも興味深いアイテムはいくつもあるが、それらすべてをここで紹介することはできないので、詳しく知りたい者は上にある各 MENU ボタンをクリックして確認していただきたい。
 いずれにせよこの777は "旅の疲れで日本食しかのどを通らない" という者と、"せっかくラスベガスに来たのだからアメリカらしいものを食べたい" という者の両方の要求を満たすことができる数少ない店といってよいだろう。
 なお、かつてダイニングルームの真ん中に作られた簡易ステージで週末に行われていた生バンド演奏は現在行われていない。  


レストランのトップページに戻る