ナイトクラブのトップ
LIGHT / ライト




  店名 LIGHT / ライト   ホテル ベラージオ
  営業時間 木 - 日 / 10:30pm 〜 4:00am   電話 702 - 693 - 8300
  入場料金 男女問わず $30 のことが多い   テーブル料金 $375〜 ( 4人まで)
  音楽のカテゴリー ヒップホップ&トップ40   ドリンク料金 ビール $6 〜
  平均待ち時間 15分   評価
  過去に訪問
したセレブ客
レオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアス、 ジャスティン・ティンバーレイク、ミック・ジャガー、エディー・マーフィー、 マイケル・ジョーダン、タイガー・ウッズ、ニッキー・ヒルトン、メキ・ファイ ファー、ピート・サンプラス、リンダ・エバンジェリスタ、パメラ・アンダーソ ン、ラッセル・シモンズ、ローレンス・フィッシュボーンなど

 ミラージホテルの JET の成功で話題を集めるナイトスポット&レストラン専門のディベロッパー、Light Group が、JET に先駆けオープンさせたのがここ、ライト。
 会社名をクラブ名にしてしまったあたりからも、「よーし、この店で、ラスベガスのクラブシーンを一気に変えてやるぞ」っていう、ただならぬ気合いが伺えちゃったりする。

 ライトはその目論見通り、これまでラスベガスのクラブ界をリードする店として常に注目を浴びてきた。セレブ客もそうそうたる顔ぶれだし、店内はセクシーで大人、かつゴージャスなインテリア。
 がっ、JET のオープン、それに TAO や PURE、おまけに TRYST の興隆で、最近ちょっぴり影が薄いのも事実。店の前の行列の長さを見てもそれは一目瞭然。2時間待ちは当たり前の JET に比べて、取材時にライトの前に並んでいたのは わずか 30人程度と、見るからにお寂しい状況なのだ。

 黒服による IDチェックのあと、エスカレーターに乗って2階に上がると、両側の壁を紫や赤のベルベットで覆った通路に出る。ここを抜けて進むと、目の前にダンスフロアが。
 インテリアのコンセプトはモダン。テーマカラーは赤と紫、それに黒といったところで、ベルベットを多用することで、シンプルななかにもエレガントで格調高い雰囲気を演出している。

 広さは約 500平方メートルと、最近の大型クラブと比べるとあっけないほど小粒。天井も低めだから圧迫感もあって、長居すると息苦しい感じがしてきちゃうかも。それに、フロアプランや全体のデザインコンセプトが似ているからか、店内の雰囲気は JET にそっくり。テーマカラーもファブリック素材も違うけど、なにせ照明が暗いから、ぱっと見ただけでは違いがよくわからなくて残念。
 メインフロアの壁に光る四角いものを見つけたので、フラットスクリーンテレビかと思って近寄って触ってみたら、あらら単なる鏡でした、なーんていうのも、JET に比べてお金がかかってない証拠。というわけで、JETに行った後でここに来ると、がっかりしてしまうかも。

 客層は 20代から 30代といったところで、やや男性客多しという感じ。お客さんのお洒落度は中といったところで、おもいっきりキメている人から、普段着で来ちゃいました的なおのぼりさん風まで、それこそいろいろ。ドレスチェックもさほど厳しくないし、そういう意味では 「クラブなんて普段行かないんだけど、せっかくのベガスだし、ちょっと行っちゃう?」的なビギナーにはほどよい店かもね。

 とはいいつつ、セレブの間では相変わらず人気の高いこの店。レオナルド・ディカプリオがふらりと登場したらしいし、キャメロンとジャスティンが訪ベガスの折り、仲良く連れ立ってやってきたのもこちら。
 その秘密はどうやら、フロア奥、トイレに両側を挟まれた位置にある 「VIPルーム」 の存在にありそう。セレブを一般大衆の目から完全にシャットアウトできるようにデザインされたこの秘密のお部屋があるからこそ、セレブは安心してこの店に来ることができる、ってわけ。
 だけど、彼らもずーっと VIPルームにこもりっきり、ってわけでもないだろうから、もしかすると超大物セレブをフロアで目撃、なんてお楽しみもあったりするのが侮れないところね。

 長時間並ぶことなく割とすんなり入場できて、店内の混み具合もほどほど、だけどインテリアはそれなりにハイセンス、というわけで、考えようによってはお得感の大きいこの店。「めちゃめちゃイケてる店じゃなくて十分」 という初心者クラバー&短時間でささっとクラブ気分を味わいたい人にオススメね。


ナイトクラブのトップページに戻る