用語辞典のトップ
WHEEL OF FORTUNE


 ルーレット盤を大きくし、それをタテに設置したようなカジノゲームの一種。
 初心者にもわかりやすい非常に単純なゲームだが、数学的な期待値が低く (つまりプレーヤー側にとっては勝ちにくい)、決して人気のあるゲームではない。それでもビンゴなどとちがい、とりあえずどこのカジノにもこのホイールオブフォーチュンは存在している。
 なお、これと同じ名称のスロットマシンもあるので混同しないよう、注意が必要だ。

 ゲームの内容としては、外周部に 54ヶ所のスポットが刻まれた大きな車輪状の輪をディーラーが手で回し、その最上部に固定されたストッパーが、そのどこのスポットで止まるかを当てるゲーム。各スポットには 1倍、2倍、5倍、10倍、20倍など、配当倍率が表示されている (その数字が、$1紙幣、$2紙幣、$5紙幣というように、紙幣のデザインで表示されている場合も少なくない)。
 賭金はテーブル上に記載されたそれぞれの倍率スポットの上に置く。当然のことながら倍率の高いスポットの方が存在数が少ないため出現率 (的中率) は低い。ちなみに各スポットに対するそれぞれの存在数と配当倍率は以下の通り (カジノによって多少異なる場合もある)。
 
 
配当倍率その存在数
$1(1倍)  23
$2(2倍)  15
$5(5倍)  8
$10(10倍)  4
$20(20倍)  2
JOKER(40倍)  1
FLAG(40倍)  1


用語辞典のトップページに戻る