用語辞典のトップ
VALET PARKING


 VALET PARKING とは、セルフパーキング (SELF PARKING) に対する言葉。「バレットパーキング」 と発音する場合もあるが、一般的には 「バレーパーキング」 と発音する。

 自分で車を駐車場に入れる代わりにホテルやレストランの正面玄関前などで車を乗り捨て、あとは係りの者に任せるという駐車システムのこと。
 大きなカジノホテルなどにおいてはセルフパーキング施設 (通常の駐車場) がホテル本館から離れている場合が多く、駐車場までかなりの距離を歩かなければならない。したがって、急いでいる場合や重い荷物を持っている場合などはこのバレーパーキングが便利だ。もちろん宿泊客かどうかに関係なく利用できる。
 ラスベガスの主要ホテルにおけるバレーパーキングは基本的には無料だが、車を出す際に車を持って来てくれた現場スタッフにチップを渡す習慣があるので忘れないようにしたい (車を預ける際には渡さないのが普通)。もちろんチップの額にルールはないが、車1台につき $3 から $5 ぐらいが相場のようだ。
 「その程度の金額でいいなら、いつもバレーパーキングを使おう」 と思ってしまいがちだが、バレーパーキングには落とし穴があるので注意が必要だ。ナイトショーが終了した直後など、車の引き出しが集中する時間帯はスタッフがたりず、30分以上待たされることがしばしばある。セルフパーキングよりも玄関に近くて便利なはずのバレーパーキングだが、結果的にセルフパーキングよりも時間がかかってしまった、という話は珍しくない。

 なお、バレーパーキングを利用する際の注意として、乗り捨てる際に受け取るチケット (預かり証) は絶対になくしてはならない。これを紛失してしまうと車を出す際にやっかいなことになる。自分の車であることを何らかの方法で証明しなければならないからだ。そのような場合、キーホルダー (英語ではキーチェーン または キーリング) の形やトランクの中身を当てさせるようなことで持ち主であることを確認している駐車場が多い。また、そのようなチケット紛失時に備えて、本人確認をしやすいように、あらかじめ預ける前に、持ち主に名前を言わせて、その名前を登録している駐車場も増えてきている、この場合は、自分の名前を名乗れるかどうかが、本人確認ということになる。ただ、その方法だと、名前を知る友人などの車を、本人になりすまして引き出すこともできてしまうため、簡単にはリーリースしてもらえない。やはりチケットを無くさないことが一番重要だ。
 もうひとつ注意として、現場スタッフが盗みを働くというわけではないが、不要なトラブルを避けるためにも車内に貴重品などは置かないようにしたい。


用語辞典のトップページに戻る