用語辞典のトップ
I.D.


 身分証明となるものを総称して I.D.という。IDENTIFICATION の略だ。もちろんラスベガスだけの言葉ではないが、ラスベガスに滞在していると、他の都市よりも頻繁にこの言葉を聞くことになる。

 アルコール飲料を買う時や成人映画などを見る時に 「IDを見せろ」 と言われたら、「年齢を証明できる ID 」 という意味になり、トラベラーズチェックを現金化する際などに ID の提示を求められたら、名前や顔写真の照合が目的ということになる。
 このように ID はさまざまな場面で必要となるが、ラスベガスの場合、なんといっても一番多いのが、若く見られがちの者がカジノでプレーする際に求められる場面だろう。アジア人は総じて若く見られるため、日本人観光客がカジノで ID の提示を求められることはしばしば見られる光景だ。
 
 なお、ラスベガスも含めて一般のアメリカ社会において ID の提示を求められた場合、運転免許証を見せるのが普通だ。つまり 「ID = 運転免許証」 と考えてなんら差し支えない。しかし日本からの観光客の場合、それを持ち合わせていないため、通常はパスポートで代用することになる。ちなみに国際運転免許証は ID と見なされない場合が多い。アメリカでの国際運転免許証は、日本でいうところの JAF に相当する民間機関 AAA が発行しており、公的証書としての権威がきわめて低いからだ。したがって、日本からの一般観光客にとって ID とは、事実上パスポートを意味することになる。


用語辞典のトップページに戻る