市内交通のトップ
モノレールについて


Bellagio ←→ Monte Carlo Mandalay Bay ←→ Excalibur Mirage ←→ T I Circus Circus 構内 MGM ←→ Sahara  ラスベガスの中心街・ストリップ地区には、各ホテルが運行するモノレール (右写真の上の4つ。クリックで拡大表示) と、第三セクター Las Vegas Monorail 社が運行するモノレール (右写真の最後の1枚) が走っている。
 前者は、宿泊客やカジノ利用客の利便のために運行されているもので、駅とホテルの接続が比較的スムーズで、それなりに利便性がある。料金も無料と良心的だ。
 一方、後者は有料であるにもかかわらず、駅の位置がホテルから遠く、ごく限られたホテルの宿泊者以外、使い勝手がよくない。
 とはいっても、ホテルが運行するモノレールは、系列ホテル間を結んでいるだけで路線的には非常に短く、タクシー、DEUCE (2階建ての公営バス)、SDX (2連結の公営バス) の代わりになるような主要交通機関とはなりにくいのが現実だ。あくまでも市内をぶらぶら歩く際の補助的な移動手段と考えた方がよい。
 その点、Las Vegas Monorail 社が運行するモノレールは、短距離移動には向いていないものの (駅の位置が不便なため、短距離区間であれば徒歩の方が便利)、全長が約7km と長いため、長距離移動には便利。特にラスベガスコンベンションセンターへのアクセスにおいては威力を発揮する。

 ちなみにどちらのモノレールも全自動方式で、運転手や車掌などは乗っていない。時刻表のようなものも特にない。つまり自動走行でやって来た車両に勝手に乗るだけだ。運行間隔はどの路線も短いので、長時間待たされることはないが、深夜はその限りではない。

 参考までに右写真の各モノレールの実際の運行区間は上から、ベラージオ ←→ モンテカルロ、 エクスカリバー ←→ マンダレイベイ、 トレジャーアイランド ←→ ミラージ、 サーカスサーカスの敷地内、 サハラ ←→ MGMグランド (有料)。
 なお、上から4枚目のサーカスサーカスの敷地内を走るモノレールは、昨今の世界同時不況による経費節減策を受けて 2011年12月時点では運行を停止中


市内交通のトップページに戻る