BUFFETのトップ
LUXOR - [ MORE The Buffet at Luxor ]


 このピラミッド型のホテルのバフェィは場所が1回、名前が2回変わっている。
 1993年のホテルの開業時に存在していたバフェィは、ピラミッド内の2階に広がる吹き抜け構造の大空間にあったが、97年から一転してピラミッドの地底に潜ってしまった。その際に名称も 「マンハッタン」 から「ファラオ」 に変わっている。
 ちなみに開業時にあったその大空間は、ニューヨークの高層ビル街をイメージしたスペースであったためマンハッタンと名づけられていたが、その97年には、このホテルとはまったく別の場所にニューヨークをテーマにしたホテル「ニューヨークニューヨーク」がオープンしており、ニューヨークがテーマでは紛らわしいという理由もあって名称をファラオに変更している。
 その後 10年以上が経過した 2008年、このホテルが「脱エジプト」を目指してイメージチェンジすることになり、その方針に従って現在の名称「モア」に変わった。ただ、名称は変わったものの、インテリアはまだ完全にエジプト調のままで、現在は名称とインテリアが一致しないという変則的な状態が続いている。

 気になる料理のほうは極めてオーソドックスで、悪い噂も聞かなければ、これといった特筆すべき話題もない。ディナータイムでもカニや生ガキはないことがほとんどなので、それらを期待して行かない方がよいが、料金的には他のホテルに比べ総じて安めの価格設定になっているので、コストパフォーマンス的には悪くないようにも思える。
 また、地下という極めて特殊な環境から (ラスベガスのカジノホテルのバフェィとしては前例がない)、やかましいカジノの音や外界の光などから完全に遮断されているため、「薄暗い落ち着いた地底」 でゆっくり食事を楽しみたいという向きにはおすすめかもしれない。
 一方、「墓場(ピラミッドは墓)で食事はしたくない」 という声もしばしば聞かれ、それを気にする人がいることも事実。遅かれ早かれインテリアは変わるものと思われるが、地下という環境が変わらない限り墓のイメージから完全に抜け出すことはできないので(建物の構造がピラミッドであることは変えようがない)、そういった環境が好きではない者は避けたほうがいいかもしれない。

【 料金 】
朝食 7am〜11am: 大人 $15、子供 $11
昼食 11am〜4pm: 大人 $16、子供 $12
夜食 4pm〜10pm: 大人 $20、子供 $16

※なお、上記以外に、このホテルのバフェと同系列である隣りの Excalibur ホテルのバフェのどちらでも 24時間利用できる共通パス 「 Take 2 Buffet Pass 」 というものもあり、それは 大人 $32、子供 $20。
※料金は 2011. 9. 23 調べ

【 場所 】
カジノ内のメインシアター近くにあるエスカレーターで地下へ。


BUFFETのトップページに戻る