BUFFETのトップ
HARRAH'S - [ Flavors ]


 インテリアなどを一新し、2005年末にリニューアルオープン。名称も従来の Fresh Market Square Buffet からシンプルな Flavors に変った。
 コンセプトは、最近のラスベガスではすっかり定着してきた 「食のジャンルごとにデザインを変えたブース形式」 で、全体的に明るく楽しい雰囲気にまとまっている。
 そのジャンルの種類は Fresh、Splash、Ciao、Prime、Ole、美味、Sweet の 7つ (現場での名称をそのまま紹介)。

 総合的には味も雰囲気もまずまずといったところで、大きな期待をしないで行く限り、ガッカリするような店ではない。特に肉類のレベルが高く種類も多い。また、カニの塩加減もちょうどよく、中華料理もそこそこのレベルに達している。
 一方、寿司は期待ハズレで、デザート類も想定内とはいえクレームブリュレ以外はかなり甘い。なお生ガキはない。
 じつは寿司の期待ハズレには理由がある。この店の宣伝文句の中に "Hand Rolled Sushi" というのがあり、それを期待して取材に行ったのだが、それがない。ハンドロールといえば、アメリカでも文字通り手巻き寿司のことを指すのが普通で、客が自分で巻くのか、店側のスタッフが巻いてくれるのかは別にして、とにかく 「現場で手巻き」 を期待して行ったわけだが、実際にはすでにカットされたごく普通のノリ巻きだった。たまたま取材した日だけがそうだったのかもしれないが、「宣伝に偽り有り」 はよろしくない。

 システム上で気づいた点をひとつ。入口で料金を支払う際、アルコール類の支払いもそこで済ませ、その場でビールのボトルなどを受け取ることができるようになっている (もちろんコーヒー、コーラなどのノンアルコールドリンクは無料)。
 つまり、店中に入り着席してからも現金払いで個別にオーダーできるが、運ばれてくるまでに時間がかかるので、アルコール類を飲む者はあらかじめ入口でその代金を支払い、現物を受け取ることができるというわけだ。時間を節約できるという意味でも、チップを節約できるという意味でも (通常、着席後にアルコール類をオーダーした場合、それを受け取る際は現金決済で、そのときはチップを渡すのが一般的)、このシステムは評価したい。

 場所は従来のバフェィとまったく同じで、カジノフロア内。日本の旅行代理店がこのホテルをパッケージツアーに組み込むことがほとんどないためか、ここに宿泊する日本人観光客は非常に少ないが、フラミンゴ、ベネシアン、ミラージ、トレジャーアイランドなどからは徒歩の距離なので、それらホテルに泊ってそのホテル内のバフェィに飽きた者は、足を運んでみるとよいだろう。微妙にちがった味と雰囲気を楽しめることだろう。

** 参考までに、以下は取材時に、各ジャンルに置いてあった主なアイテム **
SPLASH美味PRIME
カニ (温)、
カニ(冷)、
エビ、
エビフライ、
クラムチャウダー、
ガンボスープ、
ムール貝、
パエリア
のり巻き (サーモン、マグロ、
カリフォルニアロール)、
ヤキソバ、
春巻き、
バーベキューダック、
スイートアンドサワーチキン、
ホットアンドサワースープ、
エッグドロップスープ、
チキンバン、
ペッパーステーキ、
フォーチュンクッキー
プライムリブ、
フライドチキン、
ロテサリーチキン、
ポークカバブ、
ビーフカバブ、
ターキー、
ハム、
マッシュドポテト、
コーンオンザコブ、
コーンブレッドスタッフィング
CIAOOLEFRESH
各種ピザ 、
ボンゴレスパゲティ、
ラザニア、
オッソブッコ、
ポテトニョッキ、
チキンマサラ、
チーズラビオリ、
ミートボール、
クリームオブチキン、
マリナラソース、
アルフレッドソース、
イタリアンウェディングスープ
ビーフファヒータ、
チキンファヒータ、
フラワートルティア、
コーントルティア、
トルティアスープ、
チリスープ、
スパニッシュライス、
チーズエンチラーダ、
ポークカルニタス、
チキンタマレ、
チリコンケサ、
チャロビーンズ、
ブラックビーンズ
各種サラダ、
フルーツ、
パン
SWEET
12種類のアイスクリーム
& ジェラート、
ブレッドプディング、
バナナフォスター、
クレームブリュレ、
その他プチケーキやパイ等
約20種


【 料金 】
朝食 月曜日〜金曜日 7am〜11am、土曜日〜日曜日 7am〜10am: $14.99
昼食 月曜日〜金曜日 11am〜3pm: $15.99
夜食 日曜日〜木曜日 3pm〜10pm: $19.99、金曜日〜土曜日 $21.99、
ブランチ 土曜日〜日曜日 10am〜3pm: $19.99

※子供料金 4〜10才は、一律 $9.99、3才以下は無料。
※料金は 2011. 9. 23 調べ

【 場所 】
ストリップ側からカジノに入ってやや左手奥。


BUFFETのトップページに戻る