基本情報のトップ
公営バス


 電車や地下鉄がないラスベガスにおける公共交通機関の大黒柱は、なんといっても公的機関 RTC(Regional Transportation Commission)が運営する公営バス。
 そのネットワークは、ストリップ地区のホテル街はもとより、ダウンタウンから住宅街まで広範囲に及んでおり(運航している路線の数は 50以上)、観光客はもちろんのこと、車を持たない地元民にとっても欠かせない存在となっている。

 一般観光客にとっての重要なバス路線は、ホテル街、つまりストリップ大通りを走る路線ということになるわけだが、その路線には2つのタイプがある。
 ひとつは、すべてのバス停に停車するタイプ。もうひとつは、数ヶ所のバス停を飛ばす急行だ。
 前者の車体は2階建てになっていて、DEUCE という愛称で呼ばれている(上の写真)。後者の車体は2連結で SDX と呼ばれている(右の写真)。
 これら DEUCE および SDX の利用方法や料金に関する詳しい情報は [市内交通] セクションを参照していただきたい。


基本情報のトップページに戻る