基本情報のトップ
平日/週末


 一般にラスベガスのホテルで 週末 といえば金曜日と土曜日を指すことが多い。したがって宿泊料金の 週末レート とは、金曜日の夜と土曜日の夜の宿泊料金のことであり、日曜日の夜は 平日レート になる。(写真は渋滞するストリップ大通り)
 ちなみにロスアンゼルスやニューヨークなどの都市型ホテルの場合の宿泊料金は、平日よりも休日のほうが安いが(ビジネス客が休日には減ってしまうため)、ここラスベガスではまったく逆で、平日よりも休日のほうがはるかに高い。近年は景気が加熱していないため休日でもそれほど高くないが、リーマンショック以前の好景気のときは「休日料金は平日の数倍」などということも珍しくなかった。

 また、混雑時期の人気ホテルは、週末の一泊のみの滞在 を受け付けていないことがある。つまり週末は連泊が原則で、「金曜日の夜だけ」もしくは「土曜日の夜だけ」というスケジュールでは泊めてくれない。
 その理由は、連泊が条件でも部屋を完売できるのであれば、そのようにしたほうがチェックイン作業などの手間などが省けるだけ経営効率がアップするからだ。
 景気が落ち着いている最近はそのようなことが減ってきているが、それでも大きなコンベンションやボクシングのタイトルマッチなど特別なイベントがある週末などは連泊が条件になることがあるので予約の際は注意が必要だ。


基本情報のトップページに戻る