基本情報のトップ
電圧の違い


 アメリカの電力は、AC117V〜120V、60Hz、 なので、100ボルトの日本よりもやや電圧が高い。
 しかしながら、ノートブックパソコンやタブレットPC などでは、交流電力(電圧にかかわらず)を低電圧の直流に変換してから内部に誘導しているので、そのまま使える。
 また、スマートフォン、デジカメ、ビデオ、電気ヒゲソリなども(それら用の充電アダプターも含めて)、変圧器などを介することなく、直接そのまま使って問題はない。(それら機器は、世界各地での利用を想定して、ヨーロッパなどで主流の 240ボルトまでをカバーしているのが普通)

 プラグの形状に関しても日本の機器はアダプター無しでそのまま使用できる。(日本のプラグはアメリカのプラグよりもやや小さいものの、形状はほぼ同じため、アメリカのコンセントにそのまま挿入可能。ちなみにその逆、つまりアメリカの機器のプラグは、日本国内のコンセントには入らない)

 気をつけたいのは、ヘヤドライヤー、ハンディスチーム、ハンディアイロン、コンタクトレンズ消毒用の煮沸器などの発熱関連の器具類だ。電圧は日本のわずか 1.2倍でも発熱量(ワット数)はその2乗になっているので異常加熱の原因になりかねず、非常に危険である。
 したがって、それら機器を使用する場合は、海外の電圧にも対応している機種かどうかを必ず確認する必要がある。本体やプラグの近くなどに、100〜120V もしくは 100〜240V などと記載されていたら大丈夫だ。

 ちなみにヘヤドライヤーやアイロンは、一般の日本人観光客が泊まるレベルのホテルには用意されているので、よほど安いホテルに宿泊予定の場合を除き、わざわざ日本から持参する必要はない。煮沸器もほぼ消滅している商品なので、結局、結論としては、常識の範囲内の物を持つ旅行者である限り、電圧もプラグの形状も、なんら気にする必要はないということになる。  


基本情報のトップページに戻る