基本情報のトップ
治安/警察


 「ラスベガスは観光が唯一の産業」 といってもよいほど、地元経済は観光業に依存しているだけに、警察や関係諸機関にとって治安の維持は最大の関心事。治安の悪化によるイメージダウンは、観光都市ラスベガスの経済基盤を揺るがしかねないからだ。
 そのため、他の都市以上に治安の維持には力を入れており、繁華街ではアメリカとしては異例の 「自転車による警察官の巡回」 までもおこなっている。
 その結果、繁華街エリアの治安としては、ラスベガスは常にアメリカの他の都市と比較して犯罪率の低い都市にランクされており、特にストリップ地区やダウンタウン地区の目抜き通り沿いは、夜間でも十分に明るい上、人通りも多く安心して歩けるようになっている。

 とはいえ、やはりここはアメリカ。どんなに安全そうに見える場所においても 「犯罪はいつでもどこでも起こりえる」 ということを常に頭に入れておくべきで、人通りがまったくないような場所への出入りは極力避けるようにすべきだろう。
 また、繁華街でも置き引きやスリには十分注意するようにしたい。強盗のような凶悪犯罪に日本人観光客が巻き込まれたというような話は聞かないが、置き引きなどのたぐいの被害はときどき報告されている。特に空港、レストラン、ショッピングセンターなどでの被害が多いようなので、人通りが多い場所でこそ、所持品などから目を離さないようにしたいものだ。

緊急の電話は警察も消防も同じ、局番なしの 911
緊急でない場合は、局番なしの 311


基本情報のトップページに戻る