週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1999年 12月 15日号
大晦日の宿泊料金が大幅下落
 1999年 12月 31日の宿泊料金が急降下している。つい数週間前まで “1泊 $2000、最低 3泊が条件” などという法外なレートで強気のビジネスをしてきたラスベガスの各ホテルがここへきて相次いでその大晦日の宿泊料金を値下げし始めた。

 別表の通り、12月 31日の宿泊料金はベラージオやフラミンゴヒルトンなど一部のホテルを除き、従来レートに比べ軒並み半値もしくはそれ以下に下落しており、また予約条件もかなり緩和されてきている。エクスカリバー、ラクソー、モンテカルロなどは例年の大晦日とほとんど変わらない水準だ。

 ちなみに表の左側の 「これまで」 という部分は年初からつい最近まで各ホテルがオファーしていた一般客 (カジノゲストではないという意味) に対するスタンダードルームの 12月 31日 1泊の料金で、「予約条件」 はその料金で宿泊するための連泊条件。右側の 「12/14 現在」 は、ラスベガス時間の 12月 14日午後に各ホテルの予約部門に直接電話を入れて調べた料金と連泊条件 (各ホテルはそのオフィシャル WEB サイトでも料金を提示しているが、年末の料金はあまりにも価格変動が激しく正しく更新されていない場合が多い)。

これまで12/14 日 現在
12/31 1泊
の宿泊料
予約条件12/31 1泊
の宿泊料
予約条件   
BELLAGIO$2,000最低4泊$2,00012/30 & 31 または 12/31 & 1/1 の 最低2泊
CAESARS PALACE$3,000最低3泊$50012/31 1泊でもOK
CIRCUS CIRCUS$700最低4泊$21912/31 & 1/1 の 最低2泊が条件
DESERT INN$2,000最低3泊$1,00012/30 & 31 の 最低2泊が条件
EXCALIBUR$350最低2泊$23912/30 & 31 または 12/31 & 1/1 の 最低2泊
FLAMINGO HLTN.$500最低3泊$69912/31 1泊でもOK
LUXOR$650最低3泊$26912/31 1泊でもOK
MANDALAY BAY$1,300最低3泊$34912/31 1泊でもOK
MIRAGE$1,500最低3泊$1,29912/31 1泊でもOK
MGM$1,300最低3泊$39912/30 & 31 の 最低2泊が条件
MONTE CARLO$1,000最低3泊$28912/31 1泊でもOK
NEW YORK NY$1,500最低3泊$37912/30, 31, 1/1 の最低3泊が条件
PARIS$1,200最低3泊$30912/31 1泊でもOK
RIO SUITE$1,300最低3泊$49012/31 1泊でもOK
TREASURE ISLAND$1000最低3泊$39912/30, 31 の最低2泊が条件
VENETIAN$1000最低3泊$69912/30, 31, 1/1 の最低3泊が条件

 今回の大幅下落の原因はもちろん需給バランスによるものだ。といっても需要がここへきて急減しているというよりも、これまでの法外料金が 「実需」 に基づくものではなく、2000年というお祭りムードに乗せられたホテル側の楽観的思惑に基づく 「推測需要」 によるものだったと考えるべきだろう。
 そもそもラスベガスへの観光客の約半数は陸路で気軽にアクセス可能なロサンゼルス、サンディエゴ、サンフランシスコ地区の住民といわれており、その他の都市および海外からの観光客は空路に頼るしかなく、その航空便の供給に限界がある限り、いくらミレニアムと騒いでも需要が急拡大することはあり得ない。毎年大晦日のカウントダウンフィーバーでラスベガス市内がにぎわうことはすでに広く知られているところだが、その主役は気軽に車でやって来られるロサンゼルスなど近隣大都市の住民とラスベガス市民なのである。
 そのへんの事情はホテル側も初めから十分認識していたはずで、ホテル側が期待していた今回の 「特需」 の対象者はあくまでも近隣大都市からの来訪者だったわけだが、あまりの高値に彼らからそっぽを向かれ、それに気づいたホテル側が今になってあわてて相場を下げ始めたというのが今回の暴落騒動のストーリーのようだ。

 これから年末までの間にさらに相場は下がりそうだが、一方で、満室完売の見通しが立ってきた時点でホテル側が残り少ない部屋を再び高く売る可能性もある。
 利用者側とホテル側の今後の駆け引きはまさに需要と供給のバランスで価格が決まる市場メカニズムの極致をいくゲームの様相を呈してきており、「航空券だけ確保したがホテル手配はまだ」 という年末の来訪者にとっては相場変動から目を離せない忙しい年末となりそうだ。


バックナンバーリストへもどる