週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1999年9月29日号
身近な存在になった COMDEX / Fall '99
 ラスベガスの晩秋を飾るビッグイベント COMDEX (ラスベガス最大のコンベンション。ハイテク業界の祭典) が今年も 11月 15日から始まる。
(COMDEX そのものに関する説明はこのページの上部にある [COMDEX] をクリック)

 ラスベガス全体がビジネス出張族に占領されてしまう COMDEX 開催期間中は、ホテルや航空券の価格が高騰し、一般観光客が締め出されてしまうことで知られるが、今年はかなり様相が異なるようだ。
 例年になくホテルも航空券も安く、どうやら個人旅行者にも手が届く身近な COMDEX となりそうだ。ハイテク分野に興味がある者はこの機会にぜひラスベガス最大のイベントを見学してみるとよいだろう。

 今年の COMDEX が身近になった最大の理由はホテルにある。マンダレイベイ、ベネシアン、パリスといった大型ホテルの開業により、この 1年で約 1万部屋が新たに供給され、客室数にかなり余裕が出てきたためだ。例年どこのホテルも 1泊 $350 以上で最低 4連泊などが条件だったが、今年は多くのホテルが連泊の条件無しで $300 以下をオファーしている。特に COMDEX ウィークの後半は通常時期とほとんど変わらない料金を提示しているホテルも少なくない。

 条件が改善されたのはホテルだけではない。COMDEX 期間中のサンフランシスコやロサンゼルスからのラスベガスへの国内線料金の急騰は悪名高かったが、日本からのノンストップ便が増えたことにより、少なくとも成田空港利用の日本人はその割高な国内線を利用しなくて済むようになった。
 さらに忘れてはならないのが COMDEX そのものへの入場料だ。今年も例年同様、出展企業や業界関係者は無料だが、一般は $100 となっている。しかしこのたび主催者側がラスベガス大全読者のために教えてくれたパスワードを利用し事前参加登録をオンラインで済ませれば、フリーパスの入場許可証を無料でもらうことができる。(詳しくはラスベガス大全内の COMDEX セクションの 「入場方法」 および 「ネームバッジ」 を参照のこと)。
 また今年は、日本からの往復航空券とホテルがセットになった 15万円以下の激安パッケージツアーなども売りに出されており、完全に庶民の手に届く範囲となった。

 料金的な話題とは別に今年の COMDEX は日本人にとって歴史的な出来事が待っている。ラスベガス COMDEX における Keynote Speach (基調講演会) といえばハイテク業界の超大物しか招待されない大変名誉ある講演会として知られ、大手ハイテク企業経営者にとってはまさにあこがれの檜舞台だが、そこにソニーの出井社長が招待されることが決まった。

COMDEX / Fall '99   KEYNOTE SPEACH 予定表
講演者肩書き日時
Bill Gates氏マイクロソフト会長11/14 7pm〜8pm
Carleton Fiorina氏ヒューレットパッカード社長11/15 9am〜10am
Nobuyuki Idei氏ソニー社長11/15 12pm〜1pm
Linus Torvalds氏リナックス創設者11/15 6pm〜7pm
John Charmbers氏シスコシステムズ社長 11/16 9am〜10am
Eric Schmidt氏ノベル会長11/16 12pm〜1pm
Scott McNealy氏サンマイクロシステムズ会長 11/17 9am〜10am
Richard Thoman氏ゼロックス、社長11/17 12pm〜1pm


 主催者側の話によると、日本人が招待されるのは COMDEX 20年の歴史の中で初めてという。それも出演順がマイクロソフト社のビルゲーツ会長、今をときめく世界一の女性経営者ヒューレットパッカード社のフィオリナ社長の次というからまさに快挙といってよいだろう。
 ちなみに今年もそうそうたるメンバー 8人が登場するが、この出演順は相撲の横綱や落語の真打ちと違い、日本の結婚披露宴でのスピーチと同様、先に登場する方が 「格上」 とされている。
 これまで日本にも優秀なハイテクメーカーは多数存在していたが、過去 20年間一度もこの檜舞台に招待されなかったのは、英語という言葉のハンデもさることながら、この場が革命的新技術やハイテク業界全体の長期的ビジョンを展望するための場であり、「発明はアメリカ企業、製造は日本企業」 という図式が定着してしまっていたこれまでの業界の概念では日本企業に出番が回って来にくかったというわけだ。
 そんな中、今回あえて日本から出井社長の出演が決まったわけで、きっと革命的な新ビジョンを世界に披露してくれるに違いない。まさか単なるプレイステーションの宣伝で終わることはないだろう。
 ちなみにこの Keynote Speach では、出井社長以下、打倒 Windows こと Linux の創設者 Linus Torvalds 氏や、世界中のルーターを牛耳り “インターネット業界の陰の巨人” といわれているシスコシステムズ社の John Charmbers社長らが将来の展望を披露するとあって、早くもマスコミ関係者などから注目を浴びている。

 なお、キーノートスピーチ以外にも例年通りさまざまな会場で各種コンファレンス、シンポジウム、パネルディスカッションなどが行われる。すべて英語による討論会だが、日本企業が将来のハイテク分野から取り残されないためにも、ぜひ多くの日本人技術者の参加を期待したい。以下が主なスケジュールだ。

(展示会は 11月 15日からだが、コンファレンスは 13日から始まる)
COMDEX / Fall '99   各種コンファレンス スケジュール
名称 参加費用 13日 14日 15日 16日 17日 18日
Windows 2000 Development Forum$895---
Java University$1095---
LINUX Business Expo.$595----
COMDEX International Business Summit$295----
Millennium Prospective Panel Discussion*---
IT Exective Symposium$1295---
Open Source Software Forum$1295----
Digital Appliance Revolution*-----
Investment Strategies for IT Industry$595-----
Sm@rt Solutions*-----
Industry in Transition Track$595-----
Infosecurity University$1095---
Developers Methodology Clinic*----
COMDEX / Fall Tutorials*-
COMDEX / Fall Technology Conference$795-


( * は未調査、または他のコンファレンスとのパッケージ販売のみ)



バックナンバーリストへもどる