週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1999年9月8日号
9月 18日、ラスベガスが熱くなる!
 ラスベガスにおける今年最大のイベントは何か? それは COMDEX (ハイテク業界の大型コンベンション) でもなければ NASCAR (カーレース) でもない。

 地元メディアやラスベガス観光局などの予測によると、WBC ウェルター級チャンピオン Oscar De La Hoya (米国) 対 同級 IBF チャンピオン Felix Trinidad (プエルトリコ) の世界統一タイトルマッチが行われる 9月 18日が、2000年を迎える大晦日を除き今年一番の人出になるという。

 それを裏付けるかのように 9月 18日の各ホテルの宿泊料金はウナギ登りで、例年ラスベガスが最も混雑するといわれているマイクロソフト会長 Bill Gates 氏の講演会の日 (COMDEX ウイークの前夜祭。今年は 11月 14日) のそれをすでに上回っている 。世界一の億万長者も米国スポーツ界のスーパーヒーロー De La Hoya の人気にはかなわないといったところか。

 さて、その一戦がなぜそれほどまでに大きなイベントになってしまったのか。それはこのタイトルマッチがボクシング界の歴史に残る今世紀最高の試合になるといわれているからだ。ボクシング界の専門家らの話によると、この試合は 81年のウェルター級王座統一戦レナード対ハーンズ戦や、ヘビー級のモハメドアリ対ラリーホームズ戦などをしのぐ “世紀の一戦” になるという。
 それもそのはず両者の戦績がすさまじい。De La Hoya はご存じの通り負け知らずの 31戦全勝 (25 KO)。対する Trinidad もなんと 35戦全勝 (30 KO)で、両者共に負けはおろか引き分けすら一度もないというから驚きだ。

 しかしそれだけでは数あるラスベガスの巨大ホテルをいっぱいにすることはできない。じつはこの大混雑の原因は De La Hoya を応援する熱狂的なサポーターたちの存在とその地理的条件にあるという。
 女性ファンも非常に多いといわれる甘いマスクの国民的英雄 De La Hoya のホームタウンはラスベガスの隣町 ロサンゼルスだ。そのロサンゼルスから大挙して親衛隊が応援しにやって来るという。その数、10万人とも 20万人ともいわれており、すでに 18日のロサンゼルスからラスベガスへのフライトは全便満席で、陸路も大混雑が予想されている。

 そんな数のファンが試合会場へ入れるのか? と誰もが疑問に思うだろうが、それは心配無用だ。ラスベガスのほぼ全ホテルが “試合会場” となるからだ。
 実際に試合が行われるのはマンダレイベイホテルの 12,000人収容のアリーナ “Mandalay Bay Events Center” (写真右。会場内の写真は ココをクリック) だが、商魂たくましいラスベガスの各ホテルは、そのホテル内の大型ボールルームなどを利用して有料 TV観戦パーティーを開くことになっている。料金はどこのホテルもほぼ $50 と横並びだ。
 主催者側とテレビ局の契約により、もともとこの試合は地上波放送では見られないので (有料ケーブル TVのみ)、$50 もリーズナブルといえないこともない。

 チケットの入手方法だが、アリーナでの観戦チケットはそのかなりの部分が各ホテルのカジノゲスト (ハイローラー) 用とハリウッドスターなど有名人用に確保されており、日本からの一般観光客が手に入れることはほとんど不可能に近い。一般向けに売り出された $1500 のチケットもすでに完売している。
 一方、各ホテルでの有料 TV観戦チケット (←クリックするとチケットの現物写真)、はまだまだ入手が可能だ。こちらの方はいくらでも座席の数を増やすことができるということと、必要であれば使用するボールルームを追加することも可能なためチケットにはまだかなり余裕がある。
 どこのホテルで観ても映像は同じだが、どうせなら “現場” に近いマンダレイベイホテルで観た方が気分的に盛り上がるのではないだろうか。また、同ホテルにいればハリウッドスターなどにお目にかかれるチャンスもある。
 なお、ローカルカジノ (オーリンズホテルなど、地元民がよく行くカジノ) では同じ $50 でホットドッグやビールが付いてくる。地元民と一緒にビール片手に大騒ぎするのも悪くないだろう。

 さて気になるカジノでの両者の賭け率だが、ほぼ互角かやや De La Hoya 有利という数字が出ている。
 9月7日時点の数字ではマンダレイベイなどストリップの主要ホテルの多くが 【 De La Hoya -120、Trinidad -120】 とまったくの互角 (この数字の読み方は 「カジノ」 セクション内の [スポーツブック] → [賭け方] を参照のこと)、そして一部のローカルカジノが 【 De La Hoya -130、Trinidad +110】 と、やや De La Hoya が有利になっている。また、サンレモホテルの 【 De La Hoya -140、Trinidad +-0】 のようにかなりハウスアドバンテージを大きく取っているホテルもあるので投票する際は注意が必要だ。
 いずれにせよアメリカ国民の大多数が De La Hoya を応援し、彼に賭けたいという状況下にあることを考えると、このような拮抗した数字は実力的に De La Hoya が初の黒星を喫する可能性が十分にあることを物語っている。
 どちらが勝つにせよ 9月 18日のラスベガスの夜は熱くなりそうだ。


バックナンバーリストへもどる