週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1999年6月2日号
LVで最もホットなゴルフ場 PAIUTE Golf Resort
 今週はゴルフファンなら誰もが知る世界的コースデザイナー Pete Dye 氏が設計したラスベガスで最もホットなゴルフコース PAIUTE Golf Resort を紹介したい。

 このニュースで採り上げるからといって、今年になって開業したコースというわけではない。4年前の 1995年の時点ですでに PAIUTE の一部は完成していた。
 ただ、36 ホールのすべてとクラブハウスが完成し日本人の間でも知られるようになったのはここ 1-2年のことだ。そして今では Golf Digest 誌を始めとする専門誌がたびたび報道するなど、ラスベガスのみならず全国的に知られる全米屈指の “名物コース” となっている。

 このコースのすごさはその設計者の知名度もさることながら、なんといってもその立地条件だろう。度肝を抜くような広大な砂漠のど真ん中にポツリと存在するその異様な光景はまさに圧巻で、広大な景色を見慣れていない日本人プレーヤーにとってはまるで月世界でプレーしているかのように感じることだろう。そしてそんな荒涼とした月世界に、水を満々とたたえる美しい池が多数あったりするところがこのコースの恐るべきところである。 【写真クリック)】

 景色ばかりではなくコース戦略としても日本のコースにはない数々の特徴を持っている。まず、砂漠という環境から想像つく通りコース内には大きな木がほとんど存在しない。したがって林の中に打ち込むといったトラブルもなければ、木がじゃまをしてグリーンを狙えないといった不運もほとんどない。またラフもアメリカのコースとしては特に深いというわけではない。
 その代わり砂漠特有の巨大バンカーやサボテンのような植物が生い茂った原生のブッシュがいたるところにあり、それがミスショットに対する大きなハザードとなっている。
 また数多くの池が戦略的にも美的にもアクセントを添えており、否が応でもエキサイティングな気分にさせてくれる。
 そしてなんといっても特徴的なのが設計者 Pete Dye 特有のコブのあるフェアウェイだろう。まるでコブがフェアウェイバンカーの代わりをしているかのように憎い場所に存在している。

 このコースの唯一最大の欠点は夏場の暑さだろう。他のラスベガスのコースにもいえることだが、摂氏 40度近くになることがある。ただ、日本のように湿気がないので汗はほとんど出ない。摂氏 40度でも体感温度としては日本の 30度ぐらいだろうか。また、冷たい飲料水を搭載した電動カートに乗ってのプレーとなるため、カート内にいる限り日陰があり、日本の真夏のプレーよりも条件はよいかもしれない。

 とにかく管理も行き届いておりすべてにおいて美しい。少々スコアが悪くても景色を見ているだけでもすがすがしい気持ちになれる。デザートインカントリークラブのような伝統こそないものの、日本では絶対に味わえない感動を得られることだろう。
 現在 Nu-Wav Kaiv SNOW MOUNTAIN COURSETav-ai Kaiv SUN MOUNTAIN COURSE の 2コースがある。難易度も距離もほとんど同じなので、どちらを回ってもかまわない。
 ところで Nu-Wav Kaiv、Tav-ai Kaiv、それにこのゴルフ場自体の名前である Paiute といった聞き慣れない奇妙な単語は、白人がヨーロッパからアメリカ大陸に移り住む以前からこの地域に住んでいたアメリカ先住インディアンの言葉だという。
 なお、観光ガイドブックなど日本語メディアにおける 「Paiute」 のカタカナ表記は、パユート、パユーテ、パイユートなどさまざまだが、インディアンの原語はともかく、現在のアメリカ人の発音は 「パイユーテ」 に近い。

 
ParBlack TeeWhite TeeRed Tee
YardRatingSlopeYardRatingSlopeYardRatingSlope
Nu-Wav Kaiv72715873.9125603568.6112534170.4117
Tav-ai Kaiv72711273.3130607468.8116546571.0123


(Black Tee と White Tee の間にさらに 6600ヤード台の Gold Tee もある)

 
 予約
プレー日の 60日前から受け付け。電話 702-658-1400 (英語のみ)
(予約時にクレジットカードギャランティーが必要。JCB も使用可能)

 料金
・ 平日 (月〜木) : $180
・ 週末 (金〜日) : $210
・ トワイライトラウンド (曜日に関係なく日没時刻の概ね 4.5時間以内のスタート) : $100
・ 猛暑割引平日 (6/14〜8/29 の 月〜木、11am以前のスタート) : $80
・ 猛暑割引平日 (6/14〜8/29 の 月〜木、11am〜1pm のスタート) : $65
・ 猛暑割引平日 (6/14〜8/29 の 月〜木、1pm以降のスタート) : $80
・ 猛暑割引週末 (6/14〜8/29 の 金〜日、11am以前のスタート) : $95
・ 猛暑割引週末 (6/14〜8/29 の 金〜日、11am〜1pm のスタート) : $75
・ 猛暑割引週末 (6/14〜8/29 の 金〜日、1pm以降のスタート) : $95
・ レンタルクラブ (Callaway スティールシャフト) :$50
・ レンタルクラブ (Callaway グラファイトシャフト) :$60
・ ドライビングレンジ (練習場) : Green Fee に含まれているため無料で打ち放題
・ レンタルシューズ : $7.50
(なお、シューズの底のスパイクはソフトスパイクのみで、金属スパイクでのプレーは不可。金属スパイク持参の者は $5 + 税 でソフトスパイクに付け替えてもらうことができる。付け替え作業に対するチップ $1 程度を忘れずに)。

 行き方
 ストリップのホテル街から高速 15号線の北行に乗る (乗り口は Tropicana 通り、または Flamingo 通りにある)。約 4〜5分ほど走りダウンタウンが右手前方に見えて来たらジャンクションに出くわすので 「高速 95号線 北行き」 に乗り換える。高速道路上の看板では 「95 NORTH」 と表示されている方向に進入する。そのままひたすら高速 95号線を 10 分ほど走ると自然に高架道路から地上道路になるが、さらにそのまま走り続ける。ストリップのホテル街 ( Tropicana 通り、または Flamingo 通り周辺地区) を出てから約 25マイル走った地点に 「SNOW MOUNTAIN」 という出口があるのでそこで高速道路を降りる。降りたところにある交差点を右折するとあとは荒野の中にゴルフコースらしきものがポツリと見えるので、道なりに 2マイルほど進めば到着。ストリップ地区のホテル街からの全行程約 27マイル。所要時間は道路がすいていて 30分。
 (なお、ラスベガスのタクシーの運転手は地方都市からの出稼ぎ労働者が多いため、PAIUTE の場所を知らない可能性が非常に高い。料金も片道約 $70 + 15% TIP と決して安くないのでレンタカーの使用をおすすめする。


バックナンバーリストへもどる