週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1999年5月5日号
VENETIAN が “ソフトオープン”
 5月 3日、イタリアのベニスをテーマにした大型リゾート “VENETIAN” (客室数 3036) が、当初の予定より約 20日遅れてラスベガスストリップ (ラスベガス大通り) に “Soft Open” (同ホテルのオーナー会長 Adelson 氏) した。

 イタリアから大女優ソフィアローレンを呼び寄せ出席させるなど、オープニングセレモニーこそ華々しく行われたものの、その一方で、建設工事の遅れや消防当局からの安全基準の許認可問題などで多くの部分が未完成のままという前代未聞の暫定オープンとなった。
 またこの日の午後には千人以上のラスベガス飲食業労働組合員による大規模な抗議デモが同ホテル前の歩道で数時間に渡り行われ、現場周辺は一時騒然となった。

 今回の開業でまともに完成しているのはカジノだけとなっており、レストラン、ショップ、各種アトラクション施設、宴会場は言うにおよばず、客室すらその大部分が未完成のままだ。
 カジノだけでも早くオープンさせ収益につなげたいという経営社側の思惑があったようだが、このあまりの “見切り発車” には多くの者が疑問を感じているのか、昨年秋に開業したベラージオに比べ著しく人出が少なく、開門直後のカジノ内も通常のカジノとさほど変わらない混雑ぶりだった。

 セレモニーで “ベニスのロマンスとビバリーヒルズのラグジュアリーの融合” と胸を張る Adelson会長のスピーチにも今ひとつ元気が無く、報道陣の間でもしらけムードが漂っていた。

 さて気になる宿泊予約だが、基本的にはすでに宿泊可能となっている。ただし大部分の部屋がまだ消防当局の安全審査を受けていない状態にあり、利用可能な部屋数にはかなり限りがあるようだ。全室が完成しレストランやショップなどもオープンするのは夏ごろになるという。


バックナンバーリストへもどる