週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1999年3月10日号
ALL AMERICAN SPORTS PARK
 “大リーグのスタジアムで打撃練習をしてみたい!”
 そんな夢がかなうのが、ここ “SLUGGER STADIUM” だ (写真右)。

 このスタジアム、スタジオセットでもなければコンピューター映像によるシミュレーションでもない。本物の大リーグ球場そっくりに造られた正真正銘の実物大スタジアムだ。昨年ラスベガス国際空港のすぐ南側の空き地にオープンした総合スポーツレジャー施設 ALL AMERICAN SPORTS PARK の中にあり、只今野球シーズン到来とあってラスベガスのチビッコ野球ファンや草野球の腕自慢たちで毎日にぎわっている。
 実物大サイズのスタジアムだが、用途はあくまでもバッティングセンターのみで、実際にここで野球が行われることはないというからなんともぜいたくな話だ。広大な土地があり余っている砂漠都市だからこそできる離れワザだろう。

 さて気になるお値段だが、16球が 1ゲームでたったの $2。これにはバットとヘルメットのレンタルも含まれている。
 バッターボックスは 16 打席あり、それぞれ球速が異なる。最低が時速 40マイル (約 64km/h)、最高が 80マイル (約 128km/h)。ボールは日本の軟球よりはかなり硬めの疑似硬球なのでバットの芯でとらえないと手がしびれる。
 スタンドまでの距離は打席の位置にもよるが、おおむね両翼が約 100m、センターが約 120m となっており、よほどの経験者でない限り一般のバッターがホームランを打つことは不可能だろう。

 営業時間は 11:00am〜11:00pm、日曜だけ 10:00pm まで。場所はベルツアウトレットの約 1マイル (約 1.6km)手前。行き方としては、新フォーコーナー (MGM や NYNY がある交差点) からストリップを南へ 2マイル (約 3.2km) 走りサンセット通りを左折してすぐ右側。周辺にはラスベガス国際空港の滑走路と荒野しかないのですぐにわかる。
 所要時間は主要ホテルからタクシーまたはレンタカーで約 10〜15分。タクシー料金はマンダレイベイおよびラクソー周辺から $5〜$7、フラミンゴヒルトン、ミラージ周辺から $8〜$10 (停車中もタクシーメーターは上がるので、渋滞している場合の料金はこの限りではない)。

 時差ボケ、徹夜のギャンブル、バフェィでの食べ過ぎ ...。ラスベガスライフはとかく非健康的になりがち。心身のリフレッシュと気分転換にぜひ行ってみてはいかがだろう。
 なお、この ALL AMERICAN SPORTS PARK 内には、このバッティングセンター以外にもアイススケートリンク、ロッククライミング場、ゴルフのパターコース (18ホール)、ゴーカート場など、さまざまなスポーツ施設がある。


バックナンバーリストへもどる