週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1998年12月30日号
M & M's World が完全オープン
 カラフルなチョコレートとして世界中で親しまれている M&M's チョコレートのテーマ館 “M&M's World” が、モンテカルロホテル前に出現した。
 じつはこの “M&M's World”、1年以上前から部分オープンしていたが、このたび 3D映画 “M&M's Academy” が完成したことによりやっと完全オープンにこぎつけたという次第。
 
 館内は 1階が M&M's と同系列の贈答用高級チョコレート “ETHEL-M” の展示と販売、2階が M&M's のキャラクターグッズ売場、3階がこのたび完成した M&M's Academy、4階がチョコレートなどを試食できるコーヒーショップになっている。
 
 注目の M&M's Academy は、前半がチョコレートの製造行程をおもしろおかしく表現したおとぎの国 (ほとんど遊び感覚なので真面目に製造工程を学ぶことはできない)、後半が 3Dメガネを通して観る立体映像のシネマ館となっている。
 映画の内容は M&M's の赤と黄色のマスコットキャラクターによるドタバタ珍道中で、ストーリーは完全に子供向けだが、ハイレベルのコンピューターグラフィクスを駆使した美しい映像は絶賛に値する。
 なお、映画を観る直前に白衣を着た “チョコレート博士” なる人物 (生身の人間) が登場し、コメディー調の講義を数分間聞かされる。
 全行程約 30分、料金は大人も子供も $4 で (2才未満は無料)、入場は 20分おき。上演は日、月、木が 11:00am 〜6:20pm、金、土が 11:00am 〜8:30pm、火、水が休みとなっている。
 
 M&M's Academy 以外では 2階のキャラクターグッズ売場にある Color Works と呼ばれる“チョコレートの計り売り” が子供たちの人気を集めている。21 種類の異なる色の M&M's チョコレートの中から好きな色のチョコレートを任意に選び、それを縦長の透明な袋に詰め、“自分独自のカラフルな袋詰めオリジナル M&M's チョコレート” を作って持ち帰ろうというもの。料金は詰めたチョコレートの量で決まり、1 ポンド (約 450グラム) $8 となっている。
 
 ラスベガスに数多く存在するアトラクションのほとんどがカジノへの集客を意識した 「客寄せ道具」 として運営されているのに対して、この M&M's World とそのとなりにある World of Coca Cola はカジノとはまったく無縁のアトラクションとなっており、非常に健全でほのぼのした雰囲気が漂っている。子供が楽しめる施設が急減している最近のラスベガスにおいて、子供連れ家族におすすめできる数少ないファミリーエンターテーメントスポットといえるだろう。営業時間は以下の通り (M&M Academy の上演とは別)。館内への入場は無料。
 
日〜木: 10:00am〜12:00mn
金、土 : 10:00am〜01:00am


バックナンバーリストへもどる