週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1998年9月9日号
ティラミスでちょっとブレーク
 最近読者の皆様から 「週刊ラスベガスニュースは辛口の硬い話題が多すぎる。もっと身近な話題を!」 というご指摘を頂いていることと、たまたま今週はミスターVegas が遅い夏休みを取っているため、私ミセス Gourmet が “甘くて柔らかい” 話題を提供させていただきます。

 ラスベガス滞在中の食生活はなんといってもバフェが中心。安くて料理のアイテム数が多く、また食べ放題とあっては利用しない手はないでしょう。ところがそんなバフェも 「2-3回が限度」 という人が少なくないようです。
 理由は日本食や中華料理が恋しくなったからというよりも (最近のラスベガスのバフェでは中華料理はもはや当たり前。和食やシーフードを出すバフェも珍しくありません)、甘すぎるデザートと薄すぎるコーヒーに問題があるようです。たしかにバフェのデザートは品数こそ豊富でもフルーツ以外は甘すぎてちょっと手が出ないというのが現状でしょう。また、いわゆる “アメリカンコーヒー” も飲んだ気がしないという人が少なくありません。
 そんな人たちにピッタリなのがニューヨークニューヨークホテル内にある高級イタリア料理レストラン IL FORNAIO。読み方は 【 eel-for-nigh-oh 】 と発音します。意味はイタリア語で 「パン焼き職人」。
 ちなみにこのレストラン IL FORNAIO はビバリーヒルズ、サンタモニカ、サンフランシスコ、サンノゼ、カーメルなど、カリフォルニアを代表するお洒落な街にもいくつかあり、ここニューヨークニューヨークホテル店はネバダ州で最初の店となります。

 さてそんな IL FORNAIO のニューヨークニューク店、話題の各種イタリアン料理はもちろんのこと、上品な甘さのデザートや濃厚なイタリアンコーヒーで早くも日本人観光客の間で注目されています。特にティラミスは有名でそれを食べるためにわざわざこの店を訪れる日本人も少なくないとか。
 しかしティラミスを食べるために何十ドルもする高価な料理を頼まなければならない経済的負担はカジノで負けた人にはちょっぴりキツく、またいつも混んでいるこの店で 30分も並ぶことは連夜の徹夜で体力消耗気味の人には一仕事です。
 そんな悩みを解決してくれるのが、この店のすぐとなりにあるファーストフード形式の IL FORNAIO カフェ。ファーストフードといってもレストラン IL FORNAIO 直営店のことだけあってカジュアルな中にもどことなく上品なムードが漂っており、騒々しいバフェでは味わえない朝のブレックファストコーヒーや、カジノの雑踏を離れてホッと一息入れる際には最高の場所です。
 メニューはあくまでもコーヒーショップですので特に高価なものはなく、トーストやサンドイッチを頼むか、レジのまわりに陳列されているケーキ、ペストリー、クッキー類を自分で選びあとはコーヒーや紅茶をオーダーするだけです。
 さて肝心のティラミス? それはメニューにもショーケース内にもありません。でもご安心を。どこにもないからといってためらうことはありません。勇気を出してレジの人に 「ティラミス!」 と言ってみましょう。日本流の 「ティ」 にアクセントを置いた発音では通じません。どこにもアクセントを置かないか、むしろ最後の 「ス」 にアクセントを置く感じで 「ティラミスー」 と言ってみましょう。すぐにとなりの IL FORNAIO のキッチンから大きなティラミスを持ってきてくれます (ちなみに両店のキッチンは裏でつながっているのです)。

 お値段はアメリカの感覚では超高めの $4.75 + TAX 7% 。高いわりにはお皿もフォークも使い捨てのプラスティック製。盛りつけも少々乱暴気味。でもご安心。中身は正真正銘のレストラン IL FORNAIO 製の本物のティラミスです。
 日本のティラミスよりはちょっぴり甘めでアメリカのケーキよりははるかに甘くないこの不思議なティラミスと、本格派のイタリアンエスプレッソ ($2.25)。通常のラスベガスでは味わえないこのコンビネーションはバフェに飽きた人に最適です。

 場所はニューヨークニューヨークホテルのフロントデスクのすぐ近く。フロントデスクに背を向けてカジノ側に向かって立って左手方向にちょっと歩けばすぐに見つかります。
 営業時間は日曜日から木曜日までが朝 7時から夜 10時まで。金曜日と土曜日は朝 7時から深夜 12時まで。ただしあまり夜遅いとレストラン IL FORNAIO にティラミスがなくなってしまうので要注意。ティラミスがない場合はカスタードとパイが層になっている 「ナポレオン」 がおすすめ (レジの脇のショーケース内に入っています。表面がやや硬いのでナイフを使って食べましょう。ナイフは中央のテーブルに置いてあります)。
 なお、この店はファーストフード店なのでチップは不要です。


バックナンバーリストへもどる