週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1998年5月13日号
Bellagio、宿泊予約受付開始
 10月 15日の開業を目指して現在 Mirageホテルが社運をかけて建設中の超豪華ホテル "Bellagio"は、先週からいよいよ自慢の "コモ湖" にも水を満たし開業の準備を着々と進めているが、このたび営業部門も正式に発足させその宿泊予約の受付を開始した。
 
 宿泊料金は "高級路線の追求"を公言しているだけありかなり高く、ちなみに開業直後の最初の平日となる 10月 18日(ラスベガスでは日〜木の宿泊が "平日料金") のレギュラールームが 1泊 1部屋 $229、やや広いデラックスルームが $279、スイートルームがそれぞれ広さに応じて $375、 $450、 $500 となっている。
 同時期の他のホテルに比べ 約 2倍から 3倍というかなり強気の料金設定だが、これが開業直後の特別料金なのかどうかは定かではない。それでも 11月以降の料金も総じて高めに設定されており、他のホテルと一線を画した高級路線の経営を続けることだけは間違いなさそうである。
 
 なお今ならペントハウススイート(最上階付近にある超豪華スイートルーム)に泊まることができるので、興味のある者はぜひ予約してみるとよいだろう。これが最初で最後のチャンスとなるかもしれない。というのも、通常ペントハウススイートは、ハイローラー客(高額ギャンブラー客)へ無料提供するためにホテル側が特別に用意している部屋で、一般客には解放されていないのが普通だからだ。つまり、いくら金を出してもそこのカジノの常連客でない限りペントハウススイートには宿泊させてもらえない。これは Bellagio に限ったことではなく、カジノ主体で運営されているラスベガスのホテル業界全体に共通する慣例だ。しかし開業直後の時期だけはまだ常連客が少ないということもあり、今回特別にそのペントハウススイートが一般客にも解放されることになったという次第。ただ、今回オファーされているペントハウススイートはペントハウススイートの中ではごく平凡なグレードに属している部屋ばかりで(それでも並のスイートルームよりははるかに豪華)、本当の意味での最高級ペントハウススイートではない(それらの部屋は Mirageホテルのハイローラー客などのためにすでに確保されている)。それでもラスベガス随一の高級ホテルの "ペントハウススイート" と名の付く部屋に泊まれるのであれば決して悪いディールではないだろう。
 さて気になるお値段だが 10月 18日の宿泊で 1泊 $650 ( 1寝室 + 居間 + キッチン )、$950 ( 2寝室 + 居間 + キッチン ) となっている。部屋数や時期に限りがあるため興味のある者はすぐに行動を起こした方がよいだろう。問い合わせ先は Bellagio ホテル予約センターまで。電話 702-693-7444、英語のみ。
 
★ NOTE ★
 ラスベガスのホテルの宿泊料金は需要と供給のバランスに応じて日々変動しており、季節、曜日などにより大きく異なるのが普通です。また同じ宿泊日であっても予約を入れる日によって料金が異なる場合があります。今回この記事内に掲載させていただいた宿泊料金はすべて 5月 11日時点でのものです。
 最新の料金情報を知りたい方は Bellagio ホテルの予約センターまでお問い合わせください。なお、英語にどうしても自身がないという方に限りラスベガス大全編集部で予約を取り次いで差し上げております。その場合の宿泊料金は Bellagio予約センターに直接申し込まれる場合とまったく同じです。なおラスベガス大全編集部へのお問い合わせは E-MAILのみとさせて頂ければ幸いです(tour@lvtaizen.com)。電話でのお問い合わせは通常の業務(編集業務やオプショナルツアーの取次業務)に支障が出ますのでどうぞご遠慮ください。また英語に自身のある方はなるべく Bellagioホテルの予約センターまで直接お問い合わせください。



バックナンバーリストへもどる