週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1998年3月25日号
Race for Atlantis 試乗レポート!
 今週はフォーラムショップス内にオープンしたばかりの 3Dモーションライド型アトラクション “Race for Atlantis”の試乗レポートをお届けしたい。
 
 薄暗いトンネル状の入り口を通り抜けると巨大な海神(NEPTUNE)の像と美しい噴水があるチケット売場の前に出る。料金は大人 $9.50、子供 $6.75、学生 $8.00、シニア $8.50 で、一足先にヒルトンホテル内にオープンしたライバルのスタートレックとほぼ同じ料金体系となっている。
 
 チケット購入後、階段を上って行くと、霧に覆われた暗闇の中の通路を経て、そのまま搭乗待合室のような場所まで案内される。途中、不気味に輝やく色とりどりの光線などの演出効果もあり、搭乗前の興奮と緊張は否が応にも高まる。人数が揃ったところで入り口のロープがはずされ、ゴーグルを受け取り部屋の中へ導かれる。
 この部屋では諸注意やゴーグルの使い方などの簡単な説明が行われる。ちなみに首や腰に問題のある者、妊娠中の者は搭乗してはならない。ゴーグルの使い方はビデオによる説明なので英語が苦手な者でもわかりやすい。
 一連の説明が終わるといよいよ搭乗だが、ここで注意しておかなければならないことは、自分が受け取ったゴーグルの脇に貼ってあるシールと同じ色のドアから出てライドに向かうということだ。
 
 ライド本体のキャパシティーは約 30席。指定席ではないので基本的には早い者勝ちに好きな場所に座わることができるが、どの席でも視野や効果はほとんど同じなのであわてて最前列を確保する必要はない。
 着席してシートベルトを装着するといよいよ出発だ。想像していた通り揺れはかなり激しく、特に上半身に対する衝撃度は半端ではない。
 さて映像だが、正面にだけ映し出される従来型のフラットスクリーンによる映像と異なり、頭上方向にまで広がった球面状のスクリーンに投影されるこの Race for Atlantis の映像は、視野が広くかなりリアルで臨場感にあふれている。
 映像ストーリーの内容は “乗ってからのお楽しみ” ということでここでの説明はあえて差し控えたい。
 
 乗り物酔いに弱い者は少々気分が悪くなる可能性があるので、多少でもその可能性がある者はよく考えてから乗った方がよいだろう。
 なお、チケットの半券を提示すれば $4.50で再搭乗することができる(ただし当日のみ有効)。
 
 営業時間は日曜日から木曜日が午前 10時 〜 午後 11時まで、金曜日と土曜日が午前 10時 〜 深夜 12時までとなっている。
 
 さて気になるスタートレックとの比較だが、ライドそのものは甲乙付け難く意見が分かれるところだろう。しかし搭乗前の展示物などの演出はやはりスタートレックの方に軍配を上げたい。もちろんロケーションでははるかに Race for Atlantis の方が勝さっており(誰もが一度は必ず立ち寄るフォーラムショップス内にある)、ショッピングのついでに体験してみるのも悪くはないだろう。


バックナンバーリストへもどる