週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1997年12月3日号
写真で見る新設ホテルの進捗状況
   80年代の終わりに始まった一連の “大型ホテル建設ラッシュ” はいまだに留まるところを知らず、現在ラスベガスでは5つの超大型プロジェクトが今世紀中の完成を目指して着々と進められている。ストリップ通りの北から順に、ベネチアン、シーザーズパレス新館、パリス、ベラージオ、パラダイスの5つが、その建設中のホテルである。
 これらホテルの完成により新たに供給される客室数の合計は約 15,000室に達する。東京のメジャーなシティーホテルの客室数が 1000部屋前後であることを考えると、これは恐るべき数字だ。つまり今後 1-2年以内に 15,000室がこの狭いストリップ地区に供給されるわけだが、これは東京にあるすべての主要ホテルが一気に出現するようなものである。それだけの 「供給」に見合うだけの 「需要」があるのかどうか非常に気になるところだが、いずれにせよこれほどダイナミックに躍動している都市は世界広しといえども他にあるまい。
 
 今回はそんな巨大プロジェクトの進捗状況を写真でレポートしてみたい。(写真アイコンをクリックすると拡大写真が表示されます。写真はすべて 11月 24日に撮影されたものです。)
 

VENETIAN
旧サンズホテルの跡地に建設中。水の都 「ベネチア」がテーマ。現在の工事は一期工事で 3000部屋。最終的には 6000部屋に。

CAESARS PALACE 新館タワー棟
5〜17階はすでにオープン。残りのフロアも年内にはオープンの予定。一部屋の広さと天井の高さが自慢。

BELLAGIO
湖に浮かぶイタリアの高級リゾート地がテーマ。ホテル本体はほぼ完成しているものの、湖の建設が大幅に遅れている。

PARIS
その名の通りフランスのパリがテーマ。凱旋門やエッフェル塔が建設される予定。ヒルトンホテルが経営母体。

PARADISE
南国の楽園がテーマ。サーフィンができるほどの本格的な波が出る “海” を建設中。スコールも降るようにするとか。



バックナンバーリストへもどる