週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1997年8月27日号
増え続けるプログレッシブマシン!
各プログレッシブスロットのジャックポット額の速報!

 「カジノを代表するゲームは何か?」 と問われたら、その答は人によってさまざまだろう。しかし、「カジノにとって必要不可欠なゲームは何か?」 と問われたら、その答は間違いなくスロットマシンということになるのではないか。

 事実クラップスやブラックジャックを置いていないカジノはいくらでもあるが、スロットマシンを置いていないカジノは見たことがない。

 スロットマシンにはクラップスのような華やかさも、バカラのようなゴージャスさも、ブラックジャックのような戦略性もないが、カジノ全体のムードを作り出すための必需品としてカジノにとってなくてはならない存在だ。もはや人間にとっての空気や水のような存在といってよいだろう。

 また、スロットマシンはカジノ初心者にとって 「唯一プレー可能なゲーム」ということもできる。カリビアンスタッドポーカー、レットイットライドといった新しい難解なゲームが次から次へと登場する中、スロットマシンの単純明快さだけは今も昔も変わらない。

 そんなスロットマシンが今大きな2つのトレンドに流され変革期を迎えようとしている。ひとつが Silicon Gaming Inc.社が開発した「Odyssey」に代表されるようなノンメカ化だ。つまりモニター画面などを利用してメカニカル部分(機構部品)を排除したハイテクスロットマシンの台頭だ。もうひとつのトレンドが、 ITG社(International Game Technology)などが積極的に進めているプログレッシブ化だ。
 ノンメカ化については別の機会にふれることとし、今回はプログレッシブマシンについて述べてみたい。

 「プログレッシブマシン」(Progressive Machine)とは、ジャックポット(一等特別賞)の賞金をあらかじめ決めることはせずに(最低保証額だけは決まっているが)、積立方式によってその金額を決定するマシンのことだ。
 この積立方式とは、同じタイプのスロットマシン数十台あるいは数百台を連動させ、それらすべてのマシンに刻々と投じられるコインの金額の何パーセントかを自動的に積み立てていき、誰かがどこかの台でジャックポットを出した際、その者がその積立金のすべてをボーナスとしてもらえるという方式のことだ。
 積立金がその時点でいくらになっているかは、頭上の表示板もしくはそのマシン自身に電光掲示されていたりするのですぐにわかるようになっている(写真上)。

 このプログレッシブマシンには、そのカジノ内のマシンだけをリンクさせたインハウスタイプと、他のカジノのマシンもリンクさせた広域タイプがある。広域タイプの場合、さらに系列ホテルのカジノだけをリンクさせた社内ネットワーク型と、不特定多数のカジノをリンクさせ第三者が管理する壮大な広域ネットワーク型がある。
 今注目を浴びているのは後者のタイプで、それを管理しているのが前述の IGT社や CDS社(CASINO DATA SYSTEMS社)だ。
 ここ2-3年でこのプログレッシブマシンの数は急増しており、このままでは近い将来プログレッシブマシンがスロットマシン全体の過半数を占めるようになるのではないかとの予想すらある。それだけ一攫千金を追い求めるファンが多いということだろうか。

 各プログレッシブマシンのネットワークにはそれぞれ名称が付けられており、中でも IGT社の 「Mega Bucks」 は有名で、今年の4月に 1250万ドル(約15億円)のスロット賞金世界記録が飛び出したニュースは記憶に新しい。
 ちなみに8月 19日現在における著名プログレッシブマシンのジャックポット額は以下のようになっている。近日中にラスベガスを訪問する予定の人はぜひ参考にしていただきたい。

マシン名
JACKPOT額
マシン名
JACKPOT額
MEGA BUCKS$6,302,644HIGH ROLLERS$2,371,291
QUATER MANIA$1,094,720QUATERS DELEXU$236,477
FABULOUS FIFTIES$799,450NICKLES DELUXE$876,033
DOLLARS DELUXE$2,530,208NEVADA NICKELS$254,664
TOTEM POLE$1,020,265WHEEL OF FORTUNE $1$1,587,694
FIVE DECK FRENZY$261,285WHEEL OF FORTUNE $0.25$856,558



バックナンバーリストへもどる