週刊ラスベガスニュース バックナンバー   1997年3月12日号
リオスイートのMasquerade Show In The Sky
 “グルメの殿堂”として名高いリオスイートホテルが、このたびその新館のオープンとともに、かねてからウワサになっていた空中アトラクション「Masquerade Show In The Sky」を華々しくデビューさせた。

 この Masquerade Show In The Sky をあえてひとことで説明するならば、「空中で演じられるリオのカーニバルパレード」といったところだろうか。
 場所はラスベガスで一番高い超高層ビルとしてこのたびオープンした新館タワー棟の1階にあるレストラン&ショッピング街「マスカレードビレッジ」内。

 頭上約4メートルの天井に全長約290メートルに渡って張り巡らされたのレールに沿って超派手なフロート(山車:だし)がパレードを行う。
 フロートの数は全部で5台。1台の重量は約10トンと半端ではない。それぞれのフロートがブラジル、ベニスのゴンドラ、リバーボート、バルーン、マスカレードとテーマを持っており、そのテーマにそったパフォーマンスを演じながら2時間に一度マスカレードビレッジ内の天井を約12分かけて行進する(ただし水曜日のみ休演)。

 もちろん無料で観ることができるが、このフロートに乗って役者たちと一緒にビレッジ内をパレードしたいという者は$14.95支払えば参加することができる。
 本格的なコスチュームに身を包みバカ騒ぎをしながら場内を一周するそのさまは、まさにリオのカーニバルのノリで大人も子供も楽しめること間違いなし。観るだけじゃ物足りないという者はぜひ挑戦してみるとよいだろう。また参加者には最後に役者メンバーとの記念撮影会も用意されている。

バックナンバーリストへもどる