週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2009年 04月 01日号
今なら32億円! スロットマシン "MEGABUCKS" はどこに?
 今ならラスベガスのスロットマシンで32億円が当たる! そんなうまい話があるのか。もちろんある。うそではない。
 今週は、先週から問い合わせが急増中の人気のプログレッシブ型スロットマシン Megabucks 機 (写真右) の現状と、そのありかについてレポートしてみたい。

 まず最初に、「プログレッシブ型スロットマシン」 とは何か。
 そのマシンにおける最も高額な大当たりのことを 「ジャックポット」 と呼んだりするが、そのジャックポットの払戻し金額をあらかじめ決めることはせずに (最低保証額だけは決まっている)、積立方式によって決めるようになっているのがプログレッシブ型スロットマシンだ。(左上の写真の例では [MEGABUCKS] と印されている部分がプログレッシブになっているジャックポット)
 そしてその積立方式とは、同じタイプのマシンをたくさん連動させ、それらすべてのマシンに刻々と投じられる賭け金の何パーセントかを自動的に積み立てていく方式で、誰かがどこかの台でジャックポットを出したら、その者がその積立金のすべてを獲得するというルールだ。したがってその金額は的中者が出るまで刻々と増加していくことになるわけだが、積立金がその時点でいくらになっているかは、マシンの上方に設置されている大型ディスプレイもしくはそのマシン自身に電光掲示されているのですぐにわかる。

 このプログレッシブ型マシンには、そのカジノ内に設置されたマシンだけをリンクさせたインハウス型と、他のカジノのマシンもリンクさせた広域型のネットワークがある。(ただし広域型の場合においても、各地域によって規則や税制などが異なるため、州を越えてのリンクは行なわれていない)
 一般的にインハウス型の場合はそのカジノ自身がマシンを管理所有しているのに対して、広域型では複数のカジノにまたがっているため、マシンの製造メーカーが管理所有し、各カジノは設置料として売り上げの一部をそのメーカーから受け取ることになる。
 大型ジャックポットなどで話題になるマシンのほとんどは広域型で、そのジャックポット額は100万ドル(約1億円) を超えることも珍しくない。そして今回の話題の主役であるメガバックス機もこの広域型だ。
 一方、インハウス型の場合は、リンクされている台数が少ないため積立金が超高額になりにくく、数千万円のレベルを超えることはめったにない。

 そんなプログレッシブマシンの世界に最近異変が起こっている。これまで高額ジャックポットで人気が高かった広域型がどんどん姿を消し、インハウス型が増えている。(左の写真はインハウス型)
 理由は、不景気のため、めったに当たらない100万ドル単位の超高額よりも、当たりやすい現実的な数万ドルをねらう人が増えてきているから、というのは勝手な想像で、実はカジノ側がマシンメーカーに支払う手数料を嫌い始めているから、というのが真相のようだ。
 実際に広域型の減少傾向はかなり深刻で (特にIGT社が管理するマシンにその傾向が強い。同社は世界最大のスロットマシンメーカー)、そのネットワーク数はこの一年でほぼ半減した。そしてこのたび、ジャックポット金額の世界最高記録を持つ人気のメガバックス機 (IGT社) においても大きな変化がみられ、多くのスロットファンが今後の成り行きに注目している。

 その変化とは、これまでは、プレーの単価が1ドルのメガバックス機と、1セントのメガバックス機 (写真右) の2種類が存在し、それらは完全に独立した別々のネットワークとして運営されてきたが、このたび1セントのネットワークが廃止され、1ドル機に統合されてしまった。
 そのこと自体は選択肢の減少という意味ではスロットファンにとって残念なニュースだが、この統合によって思わぬ副産物もできたので必ずしも悪い話ではない。それはジャックポット額の急増だ。これまで 1セント機にたまっていた積立金が、1ドル機の積立金に上乗せされるかたちで加算され、一気に3200万ドル(約32億円)を超えたのである。

 ちなみにこれまでのスロットマシン世界最高額は、2003年3月21日にエクスカリバーホテルのメガバックス機で飛び出した 3971万ドルで (左の写真はその瞬間の約3時間ほど前に撮影されたもの)、現在の積立金はそれに迫る勢いで日々刻々と増え続けている。このまましばらくジャックポットが出なければ、日本人観光客でにぎわうゴールデンウイークの頃には世界記録を上回る数字になっているかもしれない。
 日本人がそのジャックポットを当てて、世界中のニュースになればおもしろい。不景気で暗い話題が多いだけに、そんなめでたい話で日本もラスベガスも盛り上がることができればうれしい限りだ。
 ちなみにジャックポットが当たった場合の手続きなどが心配という場合は (一括受け取りか、分割受け取りかの選択をしなければならない)、実際にこのラスベガス大全の読者が58万ドルを的中した際のレポート (メガバックス機ではなくホイールオブフォーチュン機で的中) がこの週刊ラスベガスニュースのバックナンバー544号に掲載されているのでそちらを参考にしていただきたい。また税金などに関しては基本情報セクション内の [税金] の項に簡単な説明がなされている。

 なお、スロットファンの読者から、「いずれ1ドルのメガバックスもなくなってしまうのか」、「統合された後のメガバックスはどこにどの程度存在しているのか」 といった質問が寄せられているが、とりあえず今は心配無用だろう。
 IGT社に問い合わせたところ、1ドル機の廃止は現時点では考えていないとのことで、また、実際にメガバックス機の存在を調査したところ、予想以上に健在であることが確認できた。
 ということで、マシンの消滅を心配するよりも、自分のラスベガス訪問までにだれかが当ててしまうことを心配しほうがいいかもしれない。ちなみにだれかが当てた場合のその後のリセット値は1000万ドルだ。
 ストリップ地区の主要ホテルにおけるメガバックス機の台数とその設置場所は以下の通り。(台数が多い順)

 ホテル 台数    設置場所
 Mirage 14   スポーツブックの近くにある Sports Bar の目の前に10台。そこからさらに遠くない位置に4台。なおこれら14台はすべて、マシンの上方に大型ディスプレイを持たないタイプなので非常に探しにくい。  
 MGM Grand 10   クレジーホース劇場の入口に向かって立って、その劇場の左手奥の方向の壁ぎわ。そこに10台が直線的に並んでいる。  
 Encore    中華と和食の創作料理店 Wazuzu の右側にある South Side Bar のすぐ目の前に8台。  
 Wynn    カジュアル中華料理店 RED のすぐ目の前に8台。  
 Stratosphere    スターバックスの前に4台、チェックインカウンターの近くに2台、北側のバフェィに近い場所に1台。  
 New York NY    新しく完成したキャッシャーのすぐ近くに3台、そこからそれほど遠く離れていない場所にも3台。  
 Palazzo    フロントロビーからカジノに向かって進み、カジノに入ってすぐのところを壁沿いに左に曲がると6台が見える。  
 Mandalay Bay    フロントロビーとモノレールの駅の中間地点付近にあるロゴショップの目の前に6台。  
 Bellagio    カジノフロアからアートギャラリーやプールへ通じる廊下の方向へ進み、その廊下に入る直前の左側にある奥まった部屋の中に6台。  
 Planet Hlwd    カフェ Planet Dailies やスターバックスがある場所のすぐ目の前に6台。  
 Venetian    広いカジノのほぼ中央付近に6台がまとまって存在。  
 T I    ファッションショーモールへ通じる歩道橋がある側の出入口にあるエスカレーターの直前に4台。  
 Monte Carlo    新しく完成したキャッシャーと、ランスバートンシアターの中間地点付近の壁ぎわに4台。  
 Riviera    ストリップ側から入った場合、テーブルゲームのセクションを超えた付近で、ABCストアに向かってやや左側に4台。  
 Luxor    フロントロビーからカジノの中心部に向かう途中の柱の陰に1台。バフェィの入口にすぐ左側の柱の陰にも1台。どちらも非常にわかりづらいので探す際は要注意。  
 Caesars Pl    カジュアル中華料理店 Beijin Noodle の入口の前に立ち、その入口に背を向けて立った状態で、斜め右前方に約30メートル進んだ地点に2台。  
 Sahara    ストリップ側の入口から入った場合、テーブルゲームのセクションが終わった付近の右側の壁ぎわに1台。ポーカールームの前にも1台。  
 Flamingo    カジノフロアにある劇場の入口に向かって立った状態で、右手方向に約15メートル進んだ地点にある柱の陰。  
 Harrah's    ストリップ側から裏側のメインロビーへ通じる通路のほぼ中間地点から、オイスターバー方向にやや入った場所にある柱の陰。  
 Bally's    ジュビリー劇場に向かってすぐ左手に一段高くなって存在しているハイリミットセクションの中。  
 Imperial Pl    ストリップ側からの入口から入った場合、キノのセクションを通り過ぎてすぐ右側の場所。柱の陰で見つけにくい。  
 Paris      無し  
 Excalibur      無し  
 Tropicana      無し  
 Circus Circus      無し  



バックナンバーリストへもどる