週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2009年 02月 04日号
ミラクルマイル内にカラフルな噴水ショーが出現
 先月20日、プラネットハリウッドホテルに隣接するショッピングモール 「ミラクルマイル」 内に、無料アトラクションのひとつとしてカラフルな噴水ショーが出現した。(写真右。クリックで拡大)
 噴水ショーといえばベラージオホテルやサムズタウンのものが有名だが、残念ながら、それらに比べ規模はかなり小さい。規模ばかりか楽しさや感動も、だれがどう見ても大きく見劣りしている。
 そう書いてしまうと紹介するほうはもちろんのこと、読むほうも楽しくないだろうが、世界同時不況で多くのプロジェクトが頓挫しているなか、新たなアトラクションを造ったこと自体、評価されてしかるべきことで、そういう意味では話題性も観る価値も十分にあるのではないか。

噴水 左上 噴水 右上 噴水 左下 噴水 右下  現在の噴水の高さは一番高く上がっても約8m。「現在の」 としたのは、今はまだ試行錯誤の仮オープン状態だからだ。
 ただ、今後さらに高く上がるようになったとしても、室内空間のため、せいぜい15m程度までで、屋外で行われているベラージオの噴水ショーのような大規模なものになることはあり得ない。
 水が飛び出す角度も固定式(垂直のみ)で、ベラージオで見られるような斜めに飛び出したりクネクネと踊ったりするような演出は構造的にもスペース的にも無理だ。結局、照明がカラフルということ以外、どこにでもあるような噴水という印象はぬぐえない。

 なにやら楽しくないことばかり書いてきたが、ひとつだけ注目すべき点がある。それは、正確に垂直に飛び出すからこそできる技として、先行して高く舞い上がった水の塊が落下する局面で、それをあとから飛び出す水が空中で打ち抜き、きれいに華のように開くという演出。一瞬の出来事なので注意深く観ていないと見逃してしまいがちだが、右の写真をクリックすればその様子がわかる通り、一つ一つの水滴がほぼ完全な球形状に開くので、これは一見に値する。簡単なようで、その設定や調整はかなり高度なもので難しそうだ。

 場所はミラクルマイル (写真右) の中にある小劇場 「Vシアター」 の前の広場。
 始まる時間は正午から午後11時までのちょうどの時刻。つまりいわゆる正時ということになっているが、5分程度遅れて始まることはしばしばある。継続時間は4〜6分。
 この噴水を観るためだけにわざわざ足を運びたくないという者のために、ショッピング情報としてミラクルマイル内の主なテナントを列挙しておくと、ABC Stores、Ann Taylor Loft、Bath & Body Works、bebe、Chico's、Clinique、Fossil、GAP、H&M、L'Occitane、Origins、Quiksilver、Roxy、Sephora、Swarovski、Tommy Bahama、Victoria's Secret など。
 また、この広場のまわりにはいくつかのレストランが軒を並べているので、食事のついでにそのテラス席からこの噴水ショーを楽しむというのもよいだろう。



バックナンバーリストへもどる