週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2008年 11月 05日号
JCBカードで無料シャトル、ファッションアウトレットへ GO!
 このたびクレジットカードのJCBは、砂漠の中のショッピングモール・ファッションアウトレット(写真右) と提携し、「JCBカードを提示するとファッションアウトレットへのシャトルバスが往復無料!」(通常は往復15ドル) というキャンペーンを始めた。
 ファッションアウトレットは、ラスベガスのホテル街から南へ約60kmの砂漠の中にある人気ショッピングスポットで、店舗はギャップ、ポロラルフローレン、オールドネイビー、トミーヒルフィガー、ノーティカ、ニーマンマーカス、トミーバハマ、ウイリアムソノマ、バナナリパブリック、コーチ、ナイキ、マイケルコース、アンテイラーなど、ファーストフード店も含めて全部で約90店。
 ラスベガスのショッピングスポットの中では一番遠いという不便な地理的条件にあるが、そのぶん安いと評判だ。

 ちなみに 「アウトレット」 とは、もともとは、各メーカーが年式遅れの商品や季節はずれの商品、さらには定価では売りにくいキズ物商品などをこっそり安く売るための場所として誕生したものだが、今では単なる在庫処分の場所として、最新モデルの通常品も安く売られているのは周知の事実。
 それでも通常品の安売りは、市内にある正規店の価格との整合性が取れないため、街の中の目立つところではやりにくい。
 そのような事情から業界内には、「アウトレットでの売値は市内から遠く離れれば離れるほど安い」 という不文律のようなものがあり、実際に、同じブランドの同じ商品なら、プレミアムアウトレット(ラスベガスのホテル街に比較的近いアウトレット)よりもファッションアウトレットのほうが安いというのが当地での一般的な認識だ。事実このたび両アウトレットに店を構えるコーチで価格調査をしたところ、共通して置いてあるいくつかの商品において、ファッションアウトレットのほうがやや安い価格設定になっていた。

 そんな魅力的なショッピングスポットだが、路線バスや電車などの公共交通機関がないため、そこへ行くにはタクシーかレンタカー、もしくはこのアウトレットが運行するシャトルバスを利用するしかなかった。費用的なことを考えるとシャトルバスが現実的な選択肢ということになるが、それでもそれは無料ではないため、往復15ドルの費用がかかってしまう。それがこのたび JCBカードを見せるだけで無料になるというから、カードホルダーにとってはありがたい話だ。
 さらにうれしいことに、同行者も無料になるので、全員がJCBカードを持っている必要はまったくない。また、アメリカ発行のJCBカードもこのサービスの対象となっており、アメリカ在住者も利用可能だ。もちろんアウトレット内の各店舗のほとんどで JCBカードが使えることは言うまでもない。
 そして忘れてはならないのが、各店舗で使える割引クーポン。乗車券受け取り時に、「オールドネイビー、75ドル以上のお買い上げで15%引き」、「ポロラルフローレン、200ドル以上のお買い上げで20ドル引き」 といったクーポンが小冊子になった Green Savings Card をもらうことができる (通常は現場で 5ドルで販売されているもの)。したがって、レンタカー族にとっても、このキャンペーンを利用しない手はないだろう。(この Green Savings Card はJCBカード1枚につき1冊手渡されるので、同乗者全員がもらえるわけではない。また、数に限りがあり、なくなってしまう場合もあるとのこと)

 そのシャトルバスのホテル街における出発場所(乗車券売場) は以下の3ヶ所。一般の日本人観光客が宿泊する主要ホテルのほぼすべてが、この3ヶ所のどれかの徒歩圏内に入っているので、出発場所へ行くのになんら不便はないだろう。
 なお、以下のMGM以外の2ヶ所は、実際にバスが出発する場所と乗車券売場がやや離れた場所に存在しているが、乗車券売場で待っていれば運転手が迎えに来てくれることになっているので、バスが停車している場所まで行く必要はない。というか、乗車券売場から運転手と一緒にバスへ向かわないと乗せてもらえない。(ファッションアウトレットからホテル街へ戻る際の復路のバスは、モール内の案内所などではなく、バスの発着場所で待っている必要があるので要注意)

 MGMグランドホテル
 乗車券売場もバスの乗り場も WEST WING という名称の出入口にある。(このホテルの裏口のような存在の小さな出入口)
 ストリップ大通り側からの行き方は、MGMグランドホテルの最も高い広告塔 (高さ 50メートル以上あるので、どこからでもよく見える) と、そのすぐ近くにある Grand Canyon Experience という名称のかなり大きなギフトショップ (どちらもストリップ大通りに面している) の間にある小さな道を入って 40メートルほど先に見える出入口が目的の WEST WING 。(ドアが濃い赤い色のガラスになっているはず)
 乗車券売り場は、その出入口から館内に入ってすぐ右手にある小さなコンビニの入口脇の小さなデスク。(8:30am 〜 2:00pm 以外の時間帯は、片付けられてしまうので、探しても見つからない)
 MGMグランドホテルの館内のカジノフロアから行く場合は、Rain Forest Cafe というテーマレストランの入口に向かって右手方向にのびる通路を進むと、すぐにこの WEST WING が見えてくる。
 シャトルバスの出発時刻は 9:15am、11:15am、2:00pm

 プラネットハリウッドホテル
 まずプラネットハリウッドホテルに隣接しているショッピングモール 「ミラクルマイル」 の中に入る。ストリップ大通りから一番遠い付近に、駐車場へつながる出入口、もしくはファーストフード店 TACONE Flavor Grill があるので、そこでまでひたすら進む。そこまで来ると、このショッピングモールのサービスカウンターが見えるはず。そのカウンターでシャトルバスの乗車券を販売している。
シャトルバスの出発時刻は 11:00am

 ファッションショーモール
 ウインラスベガスの向かい側、あるいはトレジャーアイランドのすぐ北側に、「ファッションショー」 と呼ばれるこの街最大のショッピングモールがあるので、まずはそこを目指す (このモールとファッションアウトレットは名前は似ているがまったく無関係なので要注意)。メタリック調の楕円形の巨大な屋根が目印なのですぐにわかるはず。
 次に、そのモール内に入り、下のフロア(モールは上下2段になっている) をしばらく進むと、小さな広場みたいなところに出くわすはずなので、まずはそのすぐ脇にスターバックスコーヒーがあることを確認。 (スターバックスは、ストリップ大通りに面した場所にもあるが、そこではなく、あくまでもモール内の店を目指す)
 そのスターバックスから限りなく近い場所にある(その広場みたいな場所の中)、シルバーメタリックと青でデザインされた 「Travelocity on Location」という小さなブーススタンドが目的の乗車券売り場。そのカウンターでシャトルバスの乗車券を販売している。
シャトルバスの出発時刻は 10:45am

 英語が苦手な者は、現場スタッフに、JCBカードを提示しながら、「Fashion Outlet free shuttle bus」 などと紙に書いて見せればわかってもらえる。あとは乗車券を受け取り、出発時刻の5分ほど前に運転手が迎えに来るので、その場で待っていればよい。
 立ち席はないので満席の場合は乗れない。満席が不安なら、二度手間になるが、前日に現場へ足を運び、事前に乗車券を受け取っておくという方法もある。
 確実に乗りたいのであれば、前日までに出向き、なおかつ当日は、発車時刻の30分前までに現場に行くようにしたい。(ときどき、予約してあっても、現場にいないとキャンセル待ちの人に座席を売られてしまうことがあるので)

 ファッションアウトレットまでの所要時間は 45〜50分。下車した場所が帰りのバスの乗車場 (写真右)になるので、位置をしっかり覚えておく必要がある。ちなみにその場所は、ポロラルフローレンの店から外に出てすぐのところ。
 復路の出発時刻は以下の通りで、これらのどのバスに乗るかは、往路の出発時点ですでに決まってしまっているが、すいていればアウトレット内のインフォメーションデスクに申し出て変更してもらうことも可能。
MGMグランド行き: 1:00pm、3:00pm、6:00pm
プラネットハリウッド行き: 3:00pm
ファッションショー行き: 3:00pm



バックナンバーリストへもどる