週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2008年 06月 11日号
パラッツォの高級ショッピングモール、ほぼ全店出揃う
 今年の最初の号(571号)で、開業したばかりのパラッツォホテルを取り上げた際、「ショッピングモールなどは未完成なので日を改めて紹介」 といった感じのことを書いたが、その後なにも書かないまま、先週、そのモール内にあるレストラン "Table 10" を取り上げたことから、読者から 「モールは完成したのか?」 との問い合わせが寄せられた。今週はそのモール The Shoppes at Palazzo を紹介してみたい。

 場所はパラッツォホテルのカジノフロアのひとつ上の階。
 まだ知名度が低いためか人通りは少ないが、すでに約9割の店が開業しており、準備中の店はフェンディ、マックスマーラなどわずかに6店だけだ。見た感じも実態も、ほぼ完成と考えてよいだろう。
 このモールの特徴は、なんといっても高級感。時計のピアジェを筆頭に、靴のジミーチュウ、バッグのボッテガ・ヴェネタ、筆記具のモンブランなど、そうそうたる顔ぶれの店が軒を並べている。フェラガモ、シャリオール、クロエ、ランバートソン・トリュックスなども見逃せない。また、コーチ、ラルフローレン、マイケルコースなどのポピュラーなブランドもあるので庶民派でも楽しめる。
 さらに細かいブランドは、百貨店スタイルの店舗で知られるバーニーズ・ニューヨーク (右下の写真の赤い部分) に行けば見つけられる可能性が高い。(バーニーズニューヨークは非常に広いスペースを占有しており、右下の写真のようにグランドキャナルショップス側にもある)
 一方、レストランはあまり充実していない。先週取り上げた Table-10 の他に、中華の Woo があるぐらいで、あとは準備中の Sushi Samba だけ。そんな中、レストランと呼んでいいのかどうかわからないが、ファーストフードスタイルの Mainland はおもしろそうだ。この高級モールにそぐわない庶民的な店だが、中華およびアジア系のさまざまなヌードルを中心とするメニュー (ヌードルだけで 21種類) は興味をそそられる。ただしまだ食べていないので味のレベルは不明。

 以下が 6月10日現在の店舗リスト。なお、このモールの下の階 (カジノと同じレベル) にもブルガリ、カルティエなどを扱う貴金属店が数店存在しているが、The Shoppes at Palazzo は上層階だけ、と勝手に判断し、以下のリストには入れていない。
 モールの営業時間は年中無休で日曜日から木曜日が午前10時から午後11時まで、金曜日と土曜日が午前10時から深夜12時まで。(左上の写真は無料アトラクションのパフォーマー)

The Shoppes at Palazzo 店舗リスト

 ・Andrew's Ties
 ・Annie Creamcheese
 ・Apothecary
 ・Barneys New York
 ・Bauman Rare Books
 ・Billionaire
 ・Bottega Veneta
 ・Burberry
 ・Catherine Malandrino (準)
 ・Canali (準)
 ・Chloe
 ・Charistian Louboutin
 ・Charriol
 ・Coach
 ・Cole Haan
 ・Diane von Furstenberg


 ・Double Helix
 ・Elton's
 ・Fendi (準)
 ・Fresh
 ・Ice Jewelry
 ・Gal
 ・Guerlain
 ・Jimmy Choo
 ・Lambertson Truex
 ・Links of London
 ・Mainland (レ)
 ・MaxMara (準)
 ・Mezlan
 ・Michael Kors
 ・Niccolo & Maffeo
 ・Mont Blanc


 ・Piaget
 ・Piazza Sempione
 ・Pink Victoria's Secret
 ・Poleci
 ・Polo Ralph Lauren
 ・Salvatore Ferragamo
 ・Scene
 ・7 for allman kind (準)
 ・Sushi Samba (レ)(準)
 ・Table 10 (レ)
 ・The Kiss
 ・Tory Burch
 ・Van Cleef & Arpels
 ・Victoria's Secret
 ・Woo (レ)

 (準): 準備中、 (レ): レストラン


バックナンバーリストへもどる