週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2007年 09月 12日号
ファミリー族に最適、砂漠環境博物館 "Springs Preserve"
 やや時間がたってしまったが、今週は、今年6月にオープンした "Springs Preserve" を紹介してみたい。
(右の写真はその施設内の一部。このページ内にある写真はすべてクリックで拡大表示)

 Springs Preserve をそのまま訳せば 「泉保存」 ということになるが、それでは何のことだかわかりにくい。実態は、さしずめ 「砂漠環境博物館」 といったところか。
 ガジノ、ナイトショー、グルメなど、エンターテーメントが中心のこの街において、この種の高尚な施設はいささか場ちがいで、ニュースとしても盛り上がりに欠けるが、たまにはこういう話題があってもいいだろう。

 国や州政府のサポートと、企業や個人の寄付によって実現したこの Springs Preserve。たった今、「博物館」 と訳してしまったが、広大な屋外施設もあり、最後の一文字は 「館」 よりもむしろ 「公園」 のほうが実態をイメージしやすいかもしれない。
 広大な敷地の中に、単なる静的な展示施設だけではなく、一定時間ごとに演出される動的な体験型の展示、さらには図書館、ワークショップ、ギフトショップ、カフェなどがあり、かなりバラエティーに富んでいる。
 といっても、敷地が広すぎるためか、それぞれの展示施設の存在密度は低く、やや寂れたような殺風景な感じがしないでもない。

 さて、いったい何が展示されているのか。それはかなり多岐に渡っており、ひとことで説明するのはむずかしいが、ばくぜんとしたテーマとして言うならば、ラスベガス一帯の砂漠環境における生物学的、地学的、社会学的な見地からのさまざまな展示、そして水や電力を大切にしようという啓蒙活動といったところか。

 たとえば屋外では、水不足問題が深刻なラスベガスの住宅に適した芝生からサボテンまでさまざまな植物を遊歩道に沿って楽しめるように展示。
 また、かつてこの地に広く住んでいた原住インディアンの住居 (写真左)、さらにはトカゲ、ヘビ、サソリ、クモなど砂漠に生息する小動物など。
 屋内ではやはり小動物、節水型のトイレやキッチン、節電型の空調設備、ゴミ問題、トヨタのプリウスのしくみ (写真右上) といった環境関連の展示、そしてラスベガスの歴史や自然環境を広く紹介するコーナー、さまざまな体験型の展示など、映像や模型を駆使した多彩な演出が数多く用意されている。

 そのように説明したところで、「ならば楽しそうだ。行って見よう」 と思う者は少ないかもしれない。が、これがなかなか興味深い展示で、そこそこ楽しめるから馬鹿にしてはいけない。
 たとえば、実際に何トンもの水を一気に流し、砂漠における洪水の場面を再現する演出などはかなり迫力があり (写真右)、この施設が金と時間を惜しまずに造られたことを実感できる。また、簡易シアターで上演されるラスベガスの地学的な変遷をつづった映像などもかなり本格的で、子供はもちろんのこと、おとなもそれなりに楽しめる学術的な展示となっている。

 では、日本からの観光客がわざわざこの施設を訪れる価値があるのかと問われると、その答えはむずかしい。価値がまったくないわけではないが、もっと楽しいこと、つまりカジノやナイトショーなどラスベガスならではのエンターテーメントを楽しんでもらいたい、という気持ちもあるからだ。
 日本からの一般観光客向けというよりも、ラスベガスを始めとするアメリカ在住の日本人、とりわけ子供連れ家族向けと考えたほうがいいかもしれない。
 とかくエンターテーメント系の施設ばかりが目に付き、子供の教育上、好ましい施設が少ないラスベガスにおいて、この種の施設は貴重な存在だ。家族連れはもちろんのこと、リピーターなどもカジノの喧騒を離れ、こういった場所を訪れてみるのも悪くないだろう。

 ロケーションは、ラスベガスのストリップ地区のホテル街から北北西に車で 15分ほどの場所。ラスベガスの地理に明るい者には、プレミアムアウトレットの真西3km の地点、といったほうがわかりやすいかもしれない。
 行き方としては (あえて高速道路を使わない方法で説明)、ストリップ地区のホテル街からストリップを北へ走り、ストラトスフィアタワーを過ぎてから現れる大きな交差点、 Charleston 通りを左折 (西)。左折してから約4km走ると出てくる Valley View という道路を右折(北)。約 600m 走ると右側にこの施設の入口が見えてくる。
 入場料は一般 $18.95、5〜17才 $10.95、4才以下無料、65才以上および学生 $17.05。営業時間は 10:00am〜10:00pm。ネバダ州の住民は $4.00 引き。

Springs Preserve 内で見ることができる場面の写真です。クリックで拡大表示。


バックナンバーリストへもどる