週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2007年 03月 21日号
笑顔はやさしくてもルールはきびしいプッシーキャットカジノ
 3月 5日、シーザーズパレスにセクシーなカジノ 「プッシーキャット・ドールズ・カジノ」 が正式にオープンした。(テスト営業は 2月から始まっていた)

 今回オープンしたのは、ロサンゼルスに拠点を置く歌って踊れるセクシー集団 THE PUSSYCAT DOLLS をテーマにしたカジノで、場所はシーザーズパレスのナイトクラブ PURE の入口の前。

 THE PUSSYCAT DOLLS は 1994 年に結成された女性ばかりのグループで、もともとはダンスがメインだったが、近年は音楽の方にも力を入れるなど、メンバー (6〜8人) を入れ替えながら年々進化している。
 なにやら日本の 「モーニング娘。」 を想像してしまうが、コンセプトがまるで異なり、こちらは少女っぽいあどけなさなどとは無縁で、もっぱらセクシーなオトナの女をウリにしている集団だ。
 そんな彼女らをテーマにしたカジノは 10台のブラックジャックテーブルと 1台のルーレットテーブル、さらに 1台のホィールオブフォーチュン (右下の写真のゲーム。クリックすると、セクシーなテーブルの足を見ることが可能) で構成され、そしてそれらゲームに取り囲まれるように中央のスペースにダンサー用のお立ち台が 2つ用意されている。

 ダンサーはもちろんのこと、ディーラーもすべてセクシーなプッシーキャット・ドールズだ。といっても、もちろんロサンゼルスから本物のメンバーや予備軍を引き抜いてきたわけではない。今回の企画のためにラスベガス側で新たに採用したシーザーズパレスのスタッフだ。
 気になる彼女たちの笑顔やサービスだが、これがなかなか良い。どのテーブルのディーラーも、にこやかに笑顔を振りまいてくれるだけでなく、記念撮影などにも応じてくれるなど、少なくとも男性客には評判がよさそうだ。通常カジノ内では撮影禁止だが、ここではみんな遠慮せずに撮っているので、案内してくれた広報部門や現場の管理スタッフに確認したところ、「そのうち禁止にするかもしれないが、今はとりあえず黙認」 とのこと。

 何やらいいことばかりで、ここまでの話を聞いただけなら、だれもが 「どうせプレーするならプッシーキャットで」 と思うことだろう。
 が、そこには落とし穴がある (少なくともブラックジャックには) ので注意が必要だ。いや、「落とし穴」 と言ってはガジノ側に失礼なので 「コストがかかる」 と言い換えた方がいいかもしれない。
 もちろんコストと言っても、入場料や場所代のようなものを取られるわけではない。ルールの変更による勝率の調整だ。
 簡単に言ってしまえば、カジノ側が有利になるようにルールを少し変えてあるということだが、これは立派なコストと考えるべきで、これを知らずにプレーすることは、カジノ側の戦略にまんまとはまってしまうことになる。
 なにやらカジノ側が悪いことでもしているかのような表現になってしまったが、必ずしもそう考えるべきではないだろう。なぜなら、カジノにとっては、このアトラクションにそれなりの投資をし、また日々の運営には通常のカジノに比べ多少なりとも追加的な費用が発生しているわけで、何らかの方法でそれを回収しようと考えるのは極めて当然だからだ。場所代を取れない限り、それら経費をルールの調整で捻出しても罪なことではないし、「受益者負担」 の観点からしても妥当な選択と考えたい。

 ではその調整とは具体的に何か。それは 「ダブルダウンは最初の2枚のカードの合計が 10 または 11 のときだけ。スプリット後はダメ」 というルールだ。
 そのことは各テーブルにハッキリと赤い文字で書かれておりアンフェアな表示ではない。(右の写真をクリックして拡大させると、その赤い文字を読み取ることができる)
 つまりこのルールでは、[A、6] などのソフトハンドからのダブルダウンは不可で、また、[8、8] の手をスプリットしてから次ぎに 3が来てもダブルダウンはできないことになる。
 これを 「きびしすぎる」 と考えるか、「どうせ遊ぶなら、まぁこれぐらいのことには目をつぶって、少しでもかわいいディーラーのテーブルで遊びたい」 と考えるかは各自の価値観ということになるが、そのルールの存在だけはしっかり頭に入れておいて損はないだろう。

 なお、このプッシーキャット・ドールズ・カジノは一般のカジノとちがい、毎日 24時間オープンしているわけではない。基本的には 「週末の夜」 と考えればわかりやすいが、正確には 「ナイトクラブ PURE の営業日に連動」 が正しい。PURE が営業している日は、その入口付近がおびただしい数の人で賑わうため、そういった人たちをカジノに取り込もうという戦略だ。
 ちなみに PURE の現在の営業日は金、土、日の週末以外に火曜日もある。結果的にこのカジノも 「週末 & 火曜日」 が営業日で、時間帯も 9:00pm 〜 5:00am と、クラブに合わせかなり遅いのが特徴だ。


バックナンバーリストへもどる