週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2006年 12月 13日号
空前の建設ラッシュ、写真で見る各工事現場の進ちょく状況
 ラスベガスに地上 575メートルの超高層ホテルが出現するかも?! 中東ドバイで建設中のドバイタワーに次ぐ世界で二番目に高いビルの建設計画が、つい先日発表されるなど、今ラスベガスは空前の建設ラッシュ。今週は、話題のプロジェクトを現場から写真で紹介してみたい。(写真はすべて 12月 12日に撮影。クリックで拡大表示)

 Project CityCenter
MGM Mirage 社が、ベラージオホテルとモンテカルロホテルの間の空き地 (元ボードウォークホテルなどがあった場所) で計画している大規模なプロジェクト。ホテル、コンドミニアム、ショッピングモールなど、複数の建物で構成される複合施設になる予定。写真の通り、すでに工事は始まっているが、まだ低層階の骨組みが見え始めたばかりで、完成までにはかなり時間を要する模様。一部の建物は 2008年に完成しそうだが、すべてがそろうのは早くても 2009年になる予定。

 The Palazzo
ベネシアンホテルを所有する Sands 社が同ホテルのとなりの空き地に建設中の大型ホテルで、規模は地上 50階、客室数 3025。ベネシアンホテルの新館と考えてよいが、名称は独自の The Palazzo に。写真の通り、3分の2ほどのフロアまで骨組みが組まれており、あと一年ほどで完成する予定。ちなみにラスベガスでは、現存の主要ホテルを含む高層建築のほとんどすべてが RC構造 (鉄筋コンクリート構造) だが、The Palazzo では鉄骨構造が採用されている。鉄骨はRCに比べコストはやや高くなる傾向にあるが、工期を短縮できるメリットがあるので、2007年内の開業はほぼ間違いないものと思われる。

 Encore
ウィンラスベガスの新館。部屋数は 2000 前後で (たぶん 2054 になる予定)、本館ウィンラスベガスの 2700 に比べやや少ないが、各ルームのサイズはかなり大きくなるとのことで、この Encore の方が高いグレードに位置付けられる予定。プール施設には開閉式の屋根が設けられるとの噂もあり、本館同様、かなりゴージャスなホテルになる見込み。建設費は約 18億ドル前後。完成は 2008年末。

 Trump International Hotel & Tower
 「不動産王」 ドナルドトランプ氏のプロジェクト。一部がホテル、一部がコンドミニアムで、またコンドミニアムの部分は 「コンドホテル」 としても利用される予定。開業は 2008年とされているが、工事はかなり進んでおり、早まる可能性があるかもしれない。場所はウィンラスベガスの向かいにあるニューフロンティアホテルの裏側。ちなみにコンドホテルとは、コンドミニアム (日本でいうところのマンション) のオーナーが、自分で利用しない期間、ホテルとして一般客に貸し出すことができる形態の不動産。つまりオーナーが、管理会社を通じて、一般客にホテルとして自分の部屋を貸し出し、その宿泊料収入を管理会社とオーナーで分け合う。毎日住む自宅として購入したオーナーには関係ないシステムだが、別荘として購入し、ほとんど利用しないオーナーにとっては収入を生む不動産投資として人気が高く、最近ラスベガスを始めとするリゾート地などで急増している。

 The Cosmopolitan
2000室のコンドミニアムと 1000室のカジノホテル、1800席のシアター、その他ショッピングモールや会議場などで構成される複合施設。場所はアラジンホテルの向かい側。つまりベラージオホテルと、前述の Project CityCenter の間に挟まれた空間。ちなみにホテルの部分は Grand Hyatt が運営することになっている。工事は始まったばかりで、完成は 2009年の予定。

 The Signature at MGM Grand
MGM Grand ホテルの裏側 (元テーマパークだった場所) に 3棟並ぶコンドホテル。コンドミニアム運営の大手 Turnberry社と MGM Mirage 社との共同プロジェクト。1棟約 570室。3棟目はまだ工事中だが、完成している部分はすでに住居として住むことが可能で、またホテルとしての運用も始まっている。ちなみにホテルとして利用する一般客にとっての名称は The Signature at MGM Grand だが、コンドミニアムとして販売する際のオーナー向けの名称は The Residences at MGM Grand となっている。

 Planet Hollywood Tower by Westgate
タイムシェアの大手 Westgate Resorts 社と Planet Hollywood Resort 社 (アラジンホテルを引き継ぐ会社) の共同プロジェクト。地上 50階建、ユニット数はホテル、コンドホテル、タイムシェアなど合わせて約 1250。場所はアラジンホテルの南東側に隣接する空き地。デザインが非常に斬新で、完成すればかなり露出度の高いビルディングになる可能性あり。完成予定写真 (←クリック)
タイムシェアやコンドミニアムの販売現場のパンフレットなどでは 「完成は 2007年末」 と宣伝されているが、工事は今始まったばかりで (まだ基礎工事の段階)、とても 2007年末までに完成するとは思えない状況。

 W Hotel & Casino Las Vegas
Wホテルは、シェラトンやウェスティンと同じ系列のスターウッドグループのホテルだが、このプロジェクトは、そのスターウッド社が 25%、Edge Resorts 社が 75% を出資するジョイントベンチャー。規模はホテルとコンドミニアムの合計で約 3000室。コンドミニアム部分はコンドホテルとしても使用可能になる予定。外壁に細かい微妙な段差がある直線的なデザインが特徴。完成予定写真 (←クリック)
場所は、アラジンホテル (プラネットハリウッドホテル) とハードロックホテルのほぼ中間地点。まだ工事は始まっていないが、現場はすでにきれいに整地されており、いつでも着工できる状態になっている。経営母体の実力から、計画倒れに終わる可能性は少ないと思われるが、建設コストが年々高騰しているなど、不安材料がまったくないわけではない。現時点での完成予定は 2008年から 2009年とされている。

 地上 575m、5000部屋の超高層ホテル
アリゾナ州とテキサス州でコンドミニアムの開発などを手がける IDM Properties 社が先週発表したプロジェクト。建設場所は、サハラホテルのすぐ南側に位置する空き地で、かつて水のテーマパーク WET'N WILD があった場所。完成すると、全米で最も高いビルディング・シアーズタワー (シカゴ) を抜き、ドバイタワー (アラブ首長国連邦ドバイで建設中。700m 以上になる予定) に次ぎ世界第2位の高さになるという。しかし、空港から決して遠くないため航空機の運行に支障をきたすとのことで航空当局が難色を示す可能性があり、実現はむずかしいとの意見も少なくない。またそれとは別に資金調達の問題などもあり、計画通りに進むとは思わない方がよいだろう。ちなみに現場は WET'N WILD の施設がそのまま放置された状態になっている。

 Montreux
この Montreux は、老朽化した現在のニューフロンティアホテルを爆破解体し、スイスのレイクリゾート Montreux をテーマにした客室数 2750、総工費約 20億ドルの豪華ホテルと、ロンドンアイに匹敵する巨大観覧車 (仮称 Las Vegas Eye) を建設する計画だが、頓挫する可能性も出てきている。実は、ニューフロンティアのオーナー Phil Ruffin 氏自身がその計画を今年の6月に地元のメディアを通じて大々的に発表し、その際、「年内に営業を打ち切り、年明け後に爆破解体」 と日程まで明らかにしたが、営業打ち切りの話が 12月になっても出てこないため、本誌が先週同ホテルの広報部門に直接確認したところ、返事はなんと 「すべて未定」 とのこと。資金調達がうまくいっていないのか…。ちなみに現在の現場は写真の通り、ニューフロンティアホテルが、ごく普通に営業を続けている。

 Echelon Place
先月営業を打ち切り 48年の歴史に幕を閉じたスターダストホテルの跡地に計画されている大型プロジェクト。複数のホテル、コンベンションセンター、ショッピングセンターなどを含む複合施設になる予定で、完成は 2010 年頃としている。予算的には 40億ドル規模で、上記の Montreux よりも巨額だが、経営母体が Montreux と異なり上場企業の Boyd Gaming 社のため資金を公募調達しやすく、実現性は高いものと思われる。現場は写真の通り、まだ爆破解体されていないスターダストホテルがフェンスで囲まれた状態で残っている。

 Allure Las Vegas
41階建てのコンドミニアム。現在は写真の通り一棟がほぼ完成に近づいているが、計画ではさらにもう一棟追加される予定。コンドホテルではないので、日本からの一般の観光客がこの施設を利用することはまずないと思われるが、北ストリップ地区の景観を大きく変える存在なのでとりあえず掲載。ロケーションはサハラホテルの西側約 200メートルの場所で、ストラトスフィアタワーからも近い。デベロッパーはコンドミニアム建設の大手 Fifield 社 (非上場企業)。

 Sky Las Vegas
この Sky Las Vegas は、上記の Allure 同様、コンドミニアムでコンドホテルではなく一般の観光客に無縁だが、北ストリップ地区の景観を大きく変える存在なのでとりあえず掲載。40階建て、409ユニット。最上階のペントハウスの床面積は 510平方メートル (約 155坪)。ロケーションはサーカスサーカスホテルのすぐ北側。デベロッパーは Nevada Development Partners。



バックナンバーリストへもどる