週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2006年 05月 03日号
ワールドカップ、相変わらず倍率は各カジノごとにバラバラ
 いよいよワールドカップサッカーまであと1ヶ月。もちろんラスベガスのカジノではサッカーも賭けの対象だ。「ゴールデンウィークに投票して、夏休みの再訪問時に換金」 という日本のサッカーファンもいることだろう。 また最近は、換金期限を 120日から 1年に延ばしたカジノ (Harrah's 系) も登場するなど、海外旅行者もスポーツの賭けに参加しやすい環境が整いつつある。
 ということで今週はワールドカップオッズ速報第2弾として、前回の第1弾 (週刊ニュース 465号) に続き、各チームの評価 (配当倍率) を各カジノごとに調査してまとめてみた。以下がその結果だ。

↓ チーム   カジノ → MGM HAR VEN LVH WYN BYD STN
 ドイツ 4.54564.534
 コスタリカ 200F 150250250125250200
 ポーランド 50407075607575
 エクアドル 200125250150100200250
 イングランド 44.54.56665
 パラグアイ 857517515080100200
 トリニダードトバゴ500F 150F 701000F 501000400
 スウェーデン 35185530253540
 アルゼンチン 4587485
 コートジボアール806012575100100200
 セルビアモンテネグロ807510075F 50100150
 オランダ 8991071112
 メキシコ 20253025202530
 イラン 200200125500250400300
 アンゴラ 300F 150F 70500F 50300250
 ポルトガル 15153420151518
 イタリア 6579677
 ガーナ 200F 150F 70250F 50200250
 アメリカ 1061540203520
 チェコ 20152525202020
 ブラジル 21.42.52.252.52.51.2
 クロアチア 30507050406055
 オーストラリア 1007530012520090200
 日本 100150150200125200250
 フランス 7820101088
 スイス 80851751007580150
 韓国 125100175150125150150
 トーゴ 500300F 70300F 50300500
 スペイン 12182012151415
 ウクライナ 25307040455050
 チュニジア 200F 150F 70250F 50250200
 サウジアラビア 450F 150500500300500350
( F は field。つまり単独の国ではなく "その他の国々" として賭けることになる)

MGM: MGM Mirage 系列 (MGM、Mirage、Bellagio、NYNY、TI、Mandalay、Luxor など)
HAR: Harrah's 系列 (Harrah's、Rio、Caesars Palace、Paris、Bally's、Flamingo など)
VEN: Venetian
LVH: Las Vegas Hilton
WYN: Wynn Las Vegas
BYD: Boyd 系列 (Stardust、Barbary Coast、Gold Coast、Orleans、Sun Coast、Sam's など)
STN: Station 系列 (Red Rock、Sunset、Texas、Palace、Green Valley、Boulder など)

 上の一覧表の読み方などがわからない場合は前回の 465号を見ていただくとして、今回の調査結果を見て驚くことは、いまだに各カジノ間で数字が大きく異なっているということ。大会まであと1ヶ月というこの時期に、たとえばアメリカチームは 6倍から 40倍の開きがあり、また日本チームも 100倍から 250倍と、カジノ間のバラツキは非常に大きい。
 つまり、約半年前の記事の中で書いた、「投票者は有利なカジノを選ぶようになるため、各カジノ間のバラツキは、時間の経過と共に次第に収束されてくるはず」 との予測はものの見事にハズレたことになる。これはスーパーボウルなどの人気スポーツではあり得ない現象で、現在の状況は、「ワールドカップサッカーに投票している者は非常に少ない」 ことのなによりの証拠であり、アメリカ人のサッカー無関心ぶりが改めて確認された格好だ。
 もっとも、日本のサッカーファンは、この状況を逆にうまく利用し、幅広い選択肢の中からできるだけ有利なカジノを探し出せるチャンスでもあり、現在の不人気ぶりは、賭ける側の条件としては悪くない。たとえばドイツを買いたい場合はラスベガスヒルトンへ行けばいいし、アルゼンチンなら MGMよりもベネシアンが倍もお得というように選択肢は広い。
 スロットマシンやルーレットなど、いつもありきたりのゲームばかりをやっている者は、ぜひこれを機会にスポーツブックにもデビューしてみるとよいだろう。テレビ観戦時の興奮度がぜんぜん違うこと請け合いだ。

【注意】
Harrah's 系列のカジノでこのたび換金期限を 1年に延ばしたが、古い用紙を使っているためか、まだ実際の投票用紙の裏面には 「120日」 と書かれていたりすることがある。なお、今後再び変る可能性もあるので、換金期限が気になる者は、投票時にその都度確認した方がよいだろう。また、郵送による換金の際の専用封筒(宛先があらかじめ印刷されている封筒) なども念のため受け取っておくとよい。


バックナンバーリストへもどる