週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2006年 02月 22日号
路線の新設、変更、廃止で激変。無料シャトルバス最新情報。
 巨大カジノホテルがひしめく世界に冠たる目抜き通り 「ザ・ストリップ」。いうまでもなくラスベガスの中心街だ。が、すべてのホテルがストリップ地区に存在しているわけではない。少々離れた場所や、まさかと思われる住宅街のような地域にもホテルは点在している。
 そんなホテルが無料で提供しているのがシャトルバスで、宿泊客がストリップ地区へ遊びに行く際の利便の向上や、ストリップ地区から客を呼び込むことを目的に運行されている。1ドル程度のチップだけでさまざまな場所へ行けるとあって、卒業旅行の学生などの間で根強い人気があるようだが、そのシャトルの内容がここ数ヶ月で大きく変ってきている。

 変った理由はさまざまで、停車場となっていたストリップ地区側のホテルが消滅してしまったケース、企業合併により停車すべき系列ホテルが増えたケース、新規ホテルの出現により路線が新設されたケース、さらには路線廃止となったケースなど、事情はそれぞれあるようだが、とにかくラスベガスが大きく変化していることだけはたしかで、それの結果の変化と言ってよいだろう。
 今週はそんなシャトルの路線を改めて徹底調査してみたので、それをレポートしてみたい。(シャトルバスの発着場所への行き方は、以下の各ホテル名をクリック)

目的地 (起点・終点ホテル) リオ オールスィートホテル
ストリップ側の発着場所 ハラスホテル
ストリップ地区からリオに行く際の元祖オリジナル路線。現場に掲示されている案内では 「30分おき」 となっているが、実際には 15〜20分間隔でやって来る。ただし、「ランチタイムは運転手が休憩するため、案内通り 30分おきになる」 (現場スタッフ) とのこと。リオとハラス以外、どこにも停車しないため、無駄がない迅速な運行が魅力。本数が多く、深夜まで運行しているのもありがたい。他のホテルのシャトルに比べ利用客が多い。
時刻表 約 30分おき。(月〜水 10:00am〜1:00am、 木〜日 10:00am〜4:00am)

目的地 (起点・終点ホテル) リオ オールスィートホテル
ストリップ側の発着場所 シーザーズパレス
企業合併により、リオとシーザーズパレスが同系列になったため、上記路線とは別に新たに開設された路線。ストリップ側の発着場所が異なる以外は、車両も運行間隔も利便性も上記路線とまったく同じ。その発着場所はシーザーズパレスの南端にあり、シーザーズパレスの宿泊者のみならず、ベラージオの宿泊者にとっても非常に便利。ベラージオ以南のホテルの宿泊者もリオに行く際はこの路線を使うとよいだろう。
時刻表 約 30分おき。(月〜水 10:00am〜1:00am、 木〜日 10:00am〜4:00am)

目的地 (起点・終点ホテル) リオ オールスィートホテル
ストリップ側の発着場所 バリーズ / パリス ホテル
同じく企業合併により、バリーズとパリスも同系列に。したがってこの路線も、ストリップ側の発着場所以外、上記 2路線とまったく同じ。なお、現場に掲示されている案内には 「BALLY'S / PARIS」 と書かれているが、停車するのはバリーズだけで、パリスには停車しない。両ホテルは近接しているだけでなく (内部でつながっている)、管理運営も同一ホテルとして行なわれているため、このように掲載されているだけ、と考えればいいだろう。
時刻表 約 30分おき。(月〜水 10:00am〜1:00am、 木〜日 10:00am〜4:00am)

目的地 (起点・終点ホテル) サムズタウン
ストリップ側の発着場所 バーバリーコーストトロピカーナフーターズ
噴水ショー (ベラージオとはまったく別) で有名な郊外型カジノホテル Sam's Town が運航するシャトル。つい先日まではバーボンストリートホテルが停車場だったが、爆破解体されてしまったため、新たにこの路線で運航が始まった。
サムズ → バーバリー → トロピカーナ → フーターズ → サムズ の順に停車する。運転手が休憩する目的か、トロピでの停車時間が長く、一方、フーターズでの停車時間は極端に短い。
時刻表Sam's 発 10:40、12:20、14:00、15:40、17:20、19:00、20:40、22:20
Barbary 発 9:30、11:10、12:50、14:30、16:10、17:50、19:30、21:10
Tropicana 発 9:55、11:35、13:15、14:55、16:35、18:15、19:55、21:35
Hooters 発 10:00、11:40、13:20、15:00、16:40、18:20、20:00、21:40

目的地 (起点・終点ホテル) サムズタウン
ストリップ側の発着場所 ハラスホテルスターダストホテル
上記路線と同様 Sam's Town が運航するシャトル。この路線は従来とまだ変っていないが、スターダストホテルはあと一年ほどで営業を打ち切る可能性があるので (建て替え工事のため)、この路線も遅かれ早かれ変ることになりそうだ。
停車順は サムズ → ハラス → スターダスト → サムズ の順。バス基地の関係で始発だけはハラスからスタート。運転手の休憩はサムズのため、ハラスもスターダストも停車時間は短い。
時刻表Sam's 発 10:30、12:00、13:30、15:00、16:30、18:00、19:30、21:00、22:30
Harrah's 発 9:30、11:00、12:30、14:00、15:30、17:00、18:30、20:00、21:30
Stardust 発 9:50、11:20、12:50、14:20、15:50、17:20、18:50、20:20、21:50

目的地 (起点・終点ホテル) サムズタウン
ダウンタウン側の発着場所 フリーモントホテルカリフォルニアホテル
Sam's Town が運航するダウンタウン路線のシャトル。なにゆえダウンタウンか。それはダウンタウンにあるフリーモントホテルとカリフォルニアホテルが同じ経営だからだ。ちなみにメインストリートステーションホテルも同系列だが、カリフォルニアホテルと近いため停車しない。ダウンタウン地区でのこの企業グループの市場占有率は、ストリップ地区に比べ相対的に高く、運行本数からもダウンタウンに力を入れていることがうかがえる。
時刻表Sam's 発 9:00、10:15、11:30、12:45、14:00、15:15、16:30、17:45、19:00、20:15、21:30、22:45
Fremont 発 8:15、9:30、10:45、12:00、13:15、14:30、15:45、17:00、18:15、19:30、20:45、22:00、23:15
California 発 8:30、9:45、11:00、12:15、13:30、14:45、16:00、17:15、18:30、19:45、21:00、22:15、23:30

目的地 (起点・終点ホテル) サウスコーストホテル
ストリップ側の発着場所 バーバリーコースト
開業したばかりのサウスコーストとストリップ地区を結ぶ新しい路線。一般的に無料シャトルバスは、そのホテルの宿泊者のためのものだが、実際にはだれでも乗れてしまうのが現実。しかしこの路線だけは、「利用は宿泊者のみ」 というポリシーを前面に押し出しており (車体や時刻表にそう書かれているだけでなく、広報部門からもそれが厳格に守られていることが告げられた)、運転手にルームキーの提示を求められることが少なくない。
時刻表South Coast 発 8:00、9:15、10:30、11:30、12:30、13:30、14:45、16:15、17:45、19:15、20:45、22:00、23:00、0:00
Barbary Coast 発 8:30、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:30、17:00、18:30、20:00、21:30、22:30、23:30、0:30

目的地 (起点・終点ホテル) サンコーストホテル
ストリップ側の発着場所 バーバリーコースト
ベッドタウン・サマリン地区にあるサンコーストホテルとストリップ地区を結ぶ無料シャトル。一般の日本人観光客がこのホテルを訪れることはまずないだろうが、お洒落なショッピングゾーンとして知られる Boca Park はかなり近く、そこを訪れようと考えている者にとっては利用価値があるかもしれない。それでもバスの発着場所から Boca Park まで 1km 以上歩く覚悟は必要。
時刻表Sun Coast 発 10:00、14:45、18:45、22:45、0:00
Barbary Coast 発 11:00、15:15、19:15、23:15、1:00

目的地 (起点・終点ホテル) ゴールドコーストホテル
ストリップ側の発着場所 バーバリーコースト
距離的に近いゴールドコーストとバーバリーコーストを結ぶこのシャトルは、コーストグループのシャトルの大動脈で、本数が非常に多い。ちなみにゴールドコーストはパームスに近いので、このシャトルを使えばパームスへ行くこともできる。とはいってもマナー的にはあまりおすすめできないので、パームスはパームスのバスを使うようにしたい。(パームスも独自のシャトルを走らせているが、本数が少ないのが難点)
時刻表 約 15〜30分おき (10:00am〜0:00am)

目的地 (起点・終点ホテル) オーリンズホテル
ストリップ側の発着場所 バーバリーコースト
このホテルに発着するシャトルには、オーリンズとバーバリーコースト間を単純に往復する路線と、オーリンズ → バーバリーコースト → ゴールドコースト → オーリンズ の順に巡回する路線の 2系統がある。これら 3つのホテルは互いに近いので、どの路線を利用しても大きく時間を損するようなことはない。ちなみにこれら 3ホテルはすべて同じ会社による運営。
時刻表 約 20〜30分おき (10:00am〜0:00am)

目的地 (起点・終点ホテル) ハードロックホテル
ストリップ側の発着場所 フォーラムショップスファッションショースターダストホテル
ハードロックホテルとハードロックカフェは、同じ敷地内に存在しているものの、名称の使用権などで提携しているだけで、両社の間に深い関係はない。そのような理由から、両社はこれまで独自にそれぞれ無料シャトルを走らせてきたが、このたびハードロックカフェはシャトルの運航から撤退してしまった。したがって、現在 「ハードロック」 と名が付くシャトルは、すべてこのホテルが運営するシャトルということになる。
時刻表 Hard Rock 発 10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00、17:00、18:00、19:00
Forum Shops 発 10:15、11:15、12:15、13:15、14:15、15:15、16:15、17:15、18:15、19:15
Fashion Show 発 10:20、11:20、12:20、13:20、14:20、15:20、16:20、17:20、18:20、19:20
Stardust 発 10:25、11:25、12:25、13:25、14:25、15:25、16:25、17:25、18:25、19:25

目的地 (起点・終点ホテル) ハードロックホテル
ストリップ側の発着場所 MGM グランド (非公式停車)ハーレーダビッドソンカフェ
運転手いわく、「客を奪われると心配しているようで、MGM は、このシャトルが乗り入れることを歓迎していない」 とのこと。どこまで本当かわからないが、そのような理由からか、MGM に停車することは案内などにも記載されていないばかりか、停車場所も変則的で、MGM 近くの路上となっている。その場所は非常にわかりにくいので、このシャトルを使ってハードロックに行きたい場合は、ハーレーから乗った方がよいだろう。
時刻表 Hard Rock 発 10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00、17:00、18:00、19:00
MGM Grand 発 10:07、11:07、12:07、13:07、14:07、15:07、16:07、17:07、18:07、19:07
H.Davidson 発 10:20、11:20、12:20、13:20、14:20、15:20、16:20、17:20、18:20、19:20

目的地 (起点・終点ホテル) シルバートンホテル
ストリップ側の発着場所 フォーラムショップスマンダレイベイホテル
このホテルに一般の日本人観光客が宿泊することはまずないだろうが、アウトドアグッズの人気大型店 Bass Pro Shops が同ホテルの敷地内にあるため、ここを訪れる日本人は少なくない。また、水中アトラクション AZURE も人気だ。なお、このシャトルはかつてはラスベガスアウトレットにも停車していたが、現在は通過してしまうので要注意。
時刻表Silverton 発 10:00、12:00、14:00、16:00、18:00、20:00、22:00
Forum Shops 発 10:20、12:20、14:20、16:20、18:20、20:20、22:20
Mandalay 発 10:40、12:40、14:40、16:40、18:40、20:40、22:40

目的地 (起点・終点ホテル) パームス
ストリップ側の発着場所 ファッションショーモールフォーラムショップス
有名スポーツ選手や芸能人がよく泊ることで知られるパームス。それと関係しているのかいないのか、ストリップ側の発着場所は 2ヶ所ともホテルではなくショッピングモールだ。
一般の日本人観光客がこのホテルを訪れるとしたら、その目的はダイニングかナイトクラブになるものと思われるが、最終便が 6時台というのはいくらなんでも早すぎる。
停車は、パームス → ファッションショー → フォーラムショップス の順。
時刻表Palms 発 10:30、12:30、14:30、16:30、18:30
Fashion Show 発 10:40、12:40、14:40、16:40、18:40
Forum Shops 発 10:45、12:45、14:45、16:45、18:45

目的地 (起点・終点ホテル) サンセットステーション
ストリップ側の発着場所 トロピカーナホテル
地理的に、このホテルに日本人観光客が泊るようなことはまずないと思われるが、周辺に大型店がひしめくショッピングゾーンがあるためか、この一帯を訪れる日本人観光客は少なくない。しかしこのシャトルは本数が少ないばかりか、車両サイズも小さく、ショッピングにこれを使うには問題が多すぎる。そもそも宿泊客ではない者がこのシャトルを使うのは、モラル的にあまりおすすめできない。現場スタッフは、非宿泊者でも乗せるとのこと。
時刻表Sunset 発 12:00、 18:00
Tropicana 発 12:30、 18:30

目的地 (起点・終点ホテル) グリーンバレーランチホテル
ストリップ側の発着場所 マンダレイベイホテル
ベッドタウン・グリーンバレー地区にあるグリーンバレーランチホテルが運航する無料シャトル。隣接する場所にショッピングゾーン "The District" (大型店はない) があるためか、日本人の間でもそこそこ知られるホテルのようだが、そのショッピングゾーンの規模は非常に小さく、あえてこのシャトルを使っていくような場所ではないので、期待しない方がよい。なお、車両が小さいため 「自分だけの貸し切り状態」 になりやすい。
時刻表Green Valley 発 (月-木) 11:00、14:00、17:30、19:30、21:30
Green Valley 発 (金-土) 13:00、17:00、20:00、21:00、22:00
Green Valley 発 (日) 11:00、13:00、17:30、19:30
Mandalay 発 (月-木) 11:30、14:30、18:00、20:00、22:00
Mandalay 発 (金-土) 13:30、17:30、20:30、21:30、22:30
Mandalay 発 (日) 11:30、13:30、18:00、20:00

【Note】
ここで紹介したシャトルはほんの一例で、ラスベガスにはまだまだたくさんのシャトルが存在しています。ストリップ地区以外の各ホテル・モーテルのほとんどはシャトルを運行しており、ストリップ路線以外にも、空港などへ多数のシャトルを走らせています。


バックナンバーリストへもどる