週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2005年 03月 09日号
高層コンドミニアムの建設ラッシュでショールームが乱立
 今ラスベガスは空前の建設ラッシュ。90年代にも建設ラッシュはあったが、それとはやや様相が異なる。当時はほとんどがテーマホテルの建設だったが、今の主役は高層コンドミニアムだ。
 もちろん来月末にオープン予定の Wynn Las Vegas や、ベネシアンホテルが建設している Palazzo などの大型ホテル、さらにはヒルトンが建設中の On The Las Vegas Strip などの大型タイムシェアもあるが、コンドミニアムの数にはおよばない。

 現在ラスベガスでは毎週のように高層コンドミニアムの建設計画が発表されており、着工中と計画中を合わせるとその数は 40以上といわれている。それらすべてが着工に至るとは限らないが (この街では何ごとにおいても "計画倒れ" が多いので)、ストリップ地区だけでも 10棟以上がこの 2-3年の間に出現することはほぼ間違いないだろう。
 ホテルやタイムシェアとは異なり、コンドミニアムは一般観光客には無縁の存在だが、ストリップに面した一等地にショールームが続々と出現してくるとなると、「これはなんだ?」 ということになりかねないので、それらを写真で紹介しておきたい。

 ショールームとは、もちろんコンドミニアムの間取りなどを再現したもので、目的は日本のマンションのモデルルームとまったく同じだ。それがベラージオホテルの前やフロンティアホテルの前などの一等地に堂々と出現しているわけだが、実体がない (まだ着工すらしていない) だけに、知らない者が見たらビックリすることだろう。
 ちなみに着工前に買うと安いというのが業界内での共通した認識だ (あくまでも一般論だが)。上場企業の株よりも未公開株の方がリスクが大きい分だけ安く買えるのと同じような理屈と考えればよいだろう。したがって、完成を待たずに買う者が多く、それがゆえに着工前の今からショールームが必要というわけだ。
 参考までに、安いといってもラスベガスの場合、高層コンドミニアムは土地付き住宅よりもはるかに高い。100万ドルは当たり前で、日本でいういわゆる "億ション" だ。
 同じ床面積で比較すると土地付き一戸建ての 3〜5倍で、最上階近くで夜景がきれいな部屋の場合は 5倍以上ということも珍しくない。土地付きが人気の日本とはまったく逆の現象だが、土地が豊富なアメリカではよくあることだ。ようするにアメリカでは (特にラスベガスでは)、郊外の土地よりも高層住宅の方が需給バランスがひっ迫しているということで、やはりどこの国においても珍しいもの (供給が少ないもの) は高くなるようだ。
 以下は現在ストリップ地区で計画中もしくは建設中のコンドミニアムのショールームおよび建設現場。(小さい写真をクリックで拡大表示)

TRUMP International のショールームの看板。あの "不動産王" ドナルド・トランプ氏のホテル & コンドミニアムで、つい先日、ショールームの建設が始まったばかり。ショールームに数億円かけるとのことで早くも話題を集めている。

TRUMP International のショールームの建設場所は、ファッションショーモールのすぐ北側。物件そのものはフロンティアホテルのすぐ裏側で、因縁のライバルであるスティーブウイン氏のホテル Wynn Las Vegas よりも高層になるという。

ベラージオとモンテカルロの間で行なわれている開発プロジェクト "City Center 計画" の中核をなす物件 "The Cosmopolitan" のショールーム。場所はベラージオホテルのすぐ南側。

The Cosmopolitan のショールーム内にある模型。水色のしま模様の建物がそれで、上の奥がベラージオ、右側がパリス、手前がアラジン。ステューディオタイプの部屋とワンベッドルームの部屋がメインだが高層フロアは 100万ドルを超える。

The Cosmopolitan の完成時をイメージした合成写真。水色のしま模様の建物がそれで、夜景がきれいであることがうかがえる。なお、左側の大きい建物の左半分にはホテルも入る予定で、一階にはカジノやショッピング街も。

Liberty Tower Las Vegas (21階建) のショールーム。この場所はサハラ通りとストリップの交差点だが、物件はそこから数百メートル北側に建設される。このショールームがある場所には 73階建の超々高層コンドミニアムの建設計画がある。

Majestic Residences のショールーム。場所はリビエラホテルのすぐ南側。中心街からかなり北に位置しているものの、低層階のステューディオタイプの部屋でも 4000万円、高層階の広い部屋は 2億円超と、決して安くない。

Majestic Residences の完成予想図が描かれた広告。レストランやショッピング街の Majestic Piazza、および Conrad ホテルと同居することがわかる。左奥に写っているのは Wynn Las Vegas、右はスターダストのネオンサイン。

Panorama Tower のショールーム前に立つ広告塔。建設場所はモンテカルロホテルから見て高速 15号線を挟んだ反対側 (西側)。ストリップを横から見る位置にあるため、抜群の夜景が楽しめるというのがセールスポイント。

かつて MGMグランドホテルのテーマパークがあった場所で建設が進められている The Residences MGM Grand 。ここの住民になれば、ホテル側の豪華プールなどの施設も自由に利用できるとあって人気が高い。

The Residences MGM Grand。建物の向う側に Wynn Las Vegas が見える。左下はモノレール。右奥はストラトスフィアタワー。低層階の小さい部屋なら 100万ドル以下の物件もかなりある。

元 Algiers Motel があった場所に建設が予定されている Krystle Sand の広告塔。場所はサーカスサーカスの斜め向かい側、リビエラの北側。背景に写っている高層ビルはこのコンドミニアムとは無関係。

Krystle Sand の完成予想図。45階建て。

すでにおなじみの Turnberry Place。ユニット数では現在ラスベガスナンバーワン。場所はラスベガスヒルトンとリビエラの間。



バックナンバーリストへもどる