週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2005年 01月 05日号
市制 100周年イベント、第一弾の花火大会は無事終了
 2005年はラスベガス市制 100周年の年。年間を通じてさまざまな祝賀イベントが予定されているが、そのキックオフイベントとなる新年カウントダウン花火大会は、大晦日の晩、ストリップ大通りで盛大かつ滞りなく行なわれた。

 当日心配されたのはやはり天気。クリスマス以降に連日大雨を降らせた低気圧がそのまま居座り、大晦日の天候は予報通り最悪の状態。だれもが中止を覚悟したが、幸運にも夕方以降、雨の気配がなくなり、また、最後まで心配された強風も 23万人の群衆の祈りが通じたのか、直前にピタリとやみ、花火大会は無事開催された。

 ちなみに消防当局の指導により風速 10マイル/時 (秒速約 4.4m) 以上では開催されないことになっていたが、地元メディアの発表によると、カウントダウンの2時間前までは 20マイル以上の風が吹いていたらしい。それが午前0時ごろには、花火の煙が滞留してじゃまになるほど風はおさまっていたというから、まさに大自然も市政百周年イベントを祝して奇跡を起こしてくれたといった感じだ。
 なお、期待されていた B1爆撃機によるパフォーマンス (ストリップの上空を低空で飛び、それにレーザー光線を当てるという演出) は行なわれなかった。

 当局の発表によると、気温が低く、路上でのビールの消費量が少なかったためか、歩行者天国での酔っぱらいなどによる騒動は例年に比べ少なめで、大きな混乱はなかったという。(一件だけ傷害事件があったようだが)
 そんな中、花火大会終了直後の 12:20am ごろ、フラミンゴ、バーバリーコースト、リオ、パームスの4つのホテルで起った停電騒動は、この日のイベントの中では最大のハプニングといってよいだろう。
 カジノ内が一瞬真っ暗になったため、大騒動になる可能性もあったが、すぐに各ホテルのバックアップ電源が作動し、大事に至らなかったのは幸いだった。それでもカジノ以外の部分が数十分に渡り照明がない状態が続いたというから、当事者にとってはとんだハプニングだったに違いない。ちなみに原因は、群衆が放ったメタリックの風船が、近くの送電線に引っかかりショートしたためと見られており、当局はさっそく来年以降、その種の風船の販売を禁止することも検討しているという。

 そんなハプニングがありながらも無事に終了した花火大会だが、今年はこのあとにもさまざまな百周年記念イベントが予定されている。以下がそのスケジュールだが、これらは今後変更になる可能性もあるので、イベント参加希望者などは直前に再度確認した方がよいだろう。

 1/1  ROSE PARADE - LAS VEGAS FLOAT (すでに終了)
あの世界的に有名なローズパレード (ロサンゼルス郊外パサデナ市) に、ラスベガス市制百年記念フロートを出す。

 1/15  Martin Luther King Parade
公民権運動などを推進したを黒人指導者マーチン・ルーサー・キング牧師にちなんだパレード。毎年行なわれている行事だが、今年は例年よりもさらに盛大に行なわれる予定。

 1/30  Las Vegas International Marathon
恒例のラスベガスマラソンの市制百周年記念大会。

 2/20  Atomic Testing Museum Grand Opening
原爆実験場があるネバダ州らしい博物館として注目されている原爆実験場博物館の開館式。場所は 755 East Flamingo Road。

 3/11〜13  NASCAR Race Jam
カーレース団体のNASCARが主催するイベント。会場は Fremont Street Experience。ちなみにこの週はラスベガススピードウェーで NASCAR 主催のビッグイベント "UAW-DaimlerChrysler 400" が開催される。

 4/1 〜 4/30  LAS VEGAS CLEAN-UP
100周年を迎えるに当たって、街中をきれいにしようという運動が市内の各地で実行に移される。

 4/23  INTERNATIONAL FOOD AND FOLKLIFE FESTIVAL
エンターテーメントや食文文化を通じて、この街の民族の多様性を祝おうというイベント。
場所は Clark County Government Center Amphitheater (500 S Grand Central Pkwy)

 5/7  CENTENNIAL FLY-BY AIR SHOW
ノースラスベガス空港を拠点に 100機以上のビンテージ飛行機によるラスベガス上空での市制100周年記念飛行などが行なわれる。

 5/14  DOWNTOWN POST OFFICE CELEBRATION
ラスベガスで最も古い郵便局 (ダウンタウンの Stewart Ave. と 3rd St. の交差点近く) を祝うイベント。

 5/14  RETURN OF THE HELLDORADO DAYS PARADE
フーバーダム完成時期の 1935年にルーツをさかのぼるイベント。今年はラスベガス最大のパレードになる予定。場所はダウンタウン地区の 4th Street など。

 5/15  HAPPY BIRTHDAY LAS VEGAS
ダウンタウンを中心に開催されるイベントで、13万ポンド(約 58トン)の世界最大のバースデーケーキ (ギネスブックに載る予定) などがお目見え。ケーキカットセレモニーのあとは通行人に配られる予定。

 6/9  Southwest Airlines ONCE UPON 100 WEDDINGS
サウスウェスト航空がスポンサーとなって行なわれるウェディングセレモニー。99組のカップルを全米から同航空のフライトで招待し、フリーモントエクスペリエンスで合同セレモニー。そこに地元ラスベガスから選ばれた一組のカップルが加わり、市制百周年を記念した百組目のカップを群衆みんなで祝うというイベント。

 6/10 〜18  CINEVEGAS FILM FESTIVAL - 100 YEARS OF FILM
ラスベガスにかかわる数多くの映画の中からベスト5を選ぶイベント。パームスホテルなどがスポンサーとなり同ホテルで開催される。

 7/2  CENTENNIAL BIRTHDAY BASH - LAS VEGAS STYLE, BABY!
独立記念日直前の週末のビッグイベント。詳細は未定。

 7/4  INDEPENDENCE DAY CELEBRATION
独立記念日を祝う花火大会などがストリップ地区で行なわれる可能性があるが、詳細は未定。

 11/12〜13  AVIATION NATION AIR SHOW
ラスベガス郊外にあるネリス空軍基地で行なわれる航空ショー。毎年行なわれているイベントだが、今年は市制百年を記念してさらにビッグなイベントになる予定。

バックナンバーリストへもどる