週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2004年 9月 8日号
さよならコインカップ、残された現存カップを大調査!
 派手な金属音を立てながらスロットマシンからジャラジャラ出てくるコイン。そしてそれを入れるためのコインカップ。どちらもカジノでは見慣れた光景だが、それらを見ることができるのも、あと1年ぐらいかもしれない。スロットマシンの世界にキャッシュレス化 (コインレス化) の波が押し寄せているからだ。

 キャッシュレスマシンそのものは、アイデア的にも技術的にも決して新しいものではなく、以前から概念は存在していた。
 しかし、利用者に受け入れられるかどうかという不安と、「活気あふれるあの "ジャラジャラ音" はカジノ内に不可欠」 という意見が業界内で支配的だったため、多くのカジノがこれまで導入には慎重な姿勢を見せていた。
 ところが、2000年に Bally's ホテルなどが試験導入を始めてから 4年が経過した今、利用客からの評判が上々であることが確認されると、一気にキャッシュレス化のトレンドに拍車がかかり、もはや全台がキャッシュレスマシンというカジノも珍しい存在ではなくなってきた。

 ちなみに 「キャッシュレスマシン」 とは、プレー終了時の払い戻しの際、コインの代りに伝票 (キャッシャーで現金化できる金券) が出て来るマシンのことで、利用客にとってはコインをさわって手を汚したりすることもなければ、重いコインを運ぶ必要もなく、また、その伝票は、別のマシンでのプレー開始時に、現金紙幣の代りに使うこともでき (左写真)、いいことずくめだ。
 カジノ側にとっても、コインの補充作業が不要となるばかりか、両替のための従業員もリストラでき、また、コインの盗難や紛失といった管理面でも絶大なる恩恵がある。したがって、マシンを交換するための費用や会計システムの変更など一時的な初期投資は必要になるものの、長期的に見るとそのメリットは計り知れず、もはやこのトレンドが逆戻りすることはないだろう。

 そうなると気になるのが、今まで慣れ親しんできたコインカップの存在で、コインカップの収集をラスベガス旅行の楽しみのひとつとしている者にとっては今後の行方が大いに気になるところだ。
 しかし残念ながら、限りなく近い将来、コインカップ自体が "過去の遺物" となることはほぼ間違いなく、最近のトレンドを見ている限り、その日は想像以上に早くやって来るだろう。たぶんあと1年でほとんどの主要ホテルからカップが消えるはずだ。収集マニアは今のうちにカップを集めておいた方がよいかもしれない。
 もっとも、このカップの存続問題とは別に、デザイン的な部分においても最近は楽しみが減ってきており、すでに収集意欲を失っているマニアも少なくないのではないか。かつては個々のカジノが独自にカップをデザインしていたものだが、カジノ業界における昨今の合併ブームにより、複数のカジノがグループ化され、カップのデザインも共通化されてしまったからだ。

 今週は、実際に現場に置かれているコインカップのデザインおよびキャッシュレス化の進ちょく状況を 78ヶ所のカジノで調べ、それら情報を各企業グループごとにまとめてみた。写真の下の数字はキャッシュレス化の進ちょく状況を示すもので、スロットマシンやビデオポーカーの全台数に占めるキャッシュレスマシンの比率を現場スタッフへのインタビューや目視調査によって割り出した。なお、カップは前後でデザインが違っていない場合においても、とりえず2つ並べ両面を撮影した。クリックで解説と写真を拡大表示。

【 単独カジノホテル 】


ベネシアン


ハードロック


インペリアル


フロンティア


バーボンストリート


アラジン


トロピカーナ


サンレモ


カジノロイヤル


テリブルズ


サハラ


リビエラ


ウエストワードホー


シルバートン


パームス


ハイアット


モンテラーゴ


カナリー


シルバーナゲット


ジェリーナゲット


トスカニー


ゴールデンゲート


ゴールデンナゲット


レディラック


4 クィーン


フィッツジェラルズ


エルコーツ


クローンダイク


ウエスティン


キーラーゴ
【 MGM Mirage 社系のカジノホテル 】


ベラージオ


ニューヨーク


ミラージ


T I


MGM グランド


ボードウォーク
【 MGM Mirage 社系、 Primm 地区 】


プリムバレー


バッファロー


ウィスキーピーツ
【 Mandalay Resort 社系のカジノホテル 】


マンダレイベイ


ラクソー


サーカスサーカス


エクスカリバー


モンテカルロ


ゴールドストライク


ネバダランディング


スロッツアファン
【 Caesars Entertainment 社系のカジノホテル 】


シーザーズ


フラミンゴ


バリーズ


パリス
【 Station Casinos 社系のカジノホテル 】


グリーンバレー


パレス


ボルダー


テキサス


サンセット


フィエスタ


サンタフェ


ワイルドウエスト
【 Boyd Gaming's 社系のカジノホテル 】


バ-バリ-コ-スト


カリフォルニア


フリーモント


ゴールドコースト


メインストリート


オーリンズ


サムズタウン


スターダスト


サンコースト
【 Harrah's Entertainment 社系のカジノホテル 】 【 Carl Icahn 氏所有のホテル 】


リオ


ハラス


ランパート


ストラトスフィア


アリゾナチャ-リ-
【 Barrick Gaming 社系のカジノホテル】 【 MTR 社系のカジノホテル 】


ラスベガスクラブ


プラザ


ゴールドスパイク


ホースシュー


スピードウェイ


バックナンバーリストへもどる