週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2004年 8月 11日号
ホームカジノ派に人気、ラスベガス最大のカジノグッズ専門店
 ラスベガス旅行を機にギャンブルの虜になる人は多い。カジノのおもしろさにやみつきになり、自宅にホームカジノを作ってしまう者も決して珍しくはないという。今回はそんなカジノファンから絶大なる支持を得ている、ガジノ関連グッズ専門店を紹介してみたい。

 店の名は Gamblers General Store。ストリップ地区から離れているため、一般観光客の目に止まることはまずないが、この店こそ知る人ぞ知るラスベガス最大のガジノ関連グッズ専門店なのである。
 場所はダウンタウンの繁華街 (電飾アーケードなどがある周辺) の南方約 1キロメートルの地点で、交通の便は決してよくない。

 約 800平方メートルの店内には、ブラックジャックテーブル、ルーレットテーブル、バカラテーブルから本物のスロットマシン (中古)、さらにはカジノチップやカード、ダイスなど、ありとあらゆるギャンブルグッズが所狭しと並んでいる。この店一軒で、ホームカジノはおろか、商業用カジノに必要なものまですべて調達できるというから恐れ入る。

 入り口から左手奥にあるのはテーブルゲームコーナー。ここにはブラックジャック、クラップス、ポーカーなどのテーブルそのものや、それらゲームに関連したグッズが売られている。
 価格は質によって大きく異なるが、カジノホテルで使われているものと同じプロ仕様のテーブルで 1500〜4000ドル程度。ちなみに 2000年に閉鎖されたデザートインのカジノで実際に使われていたブラックジャックテーブル(写真左) は 1795ドルで売られていた。

 ルーレット盤も大小取り混ぜ、品数は多い。ただ、厳密な検査にパスした直径32インチ以上の規格品は業務用の許可などがないと購入できない決まりになっているので、すべてのサイズが一般への販売対象となっているわけではない。
 参考までに直径 25インチのルーレット盤で 1995ドルと値は張るが、これぐらい立派なサイズだと、回したときの重量感も本物さながらで、遊び用とはいえ、かなり本格的な雰囲気を味わうことができる。
 ちなみに同店では海外への配送手続きも行っており、日本への送料は、ブラックジャックテーブルの場合だと約 800ドル前後とのこと (ルーレット盤などはサイズによりまちまち)。

 さて、入り口右手奥はスロットマシンコーナーになっており、ハイテクを駆使した最新式のものから、100年ほど前に作られたアンティークまで、100台以上がずらりと並ぶ。
 なかでも アンティークマシン はカラフルな色使いと、レトロなデザインが愛らしく、「インテリアのアクセントに」 と購入していく人が多いという。ただし、残念ながらスロットマシンの日本への配送は不可。数年前まではアンティークマシンに限り配送できたが、日本側の取り締まりが強化されたため、現在では新品・中古に関係なく、一切送ることができなくなってしまったとのこと。このように、カジノ関連商品は、ヤミ賭博などを防ぐため、厳しい規則のもとで流通しており、米国在住者についても州ごとに配送できる商品が異なっているという。

 テーブルやルーレットがあっても、チップがなければゲームは始まらない。というわけで、同店ではチップも豊富に取り揃えている。セット売りのほか、1枚ずつのバラ売り、さらには好みのマークや文字を入れるカスタムメイドのサービスもある。
 同店スタッフによると、ラスベガスで挙式をした新婚カップルには、ここで2人の名前を入れた結婚記念のオリジナルチップを作る者も多いという。ちなみに、オーダーから仕上げまで1週間から10日かかるとのことだが、こちらについても日本への発送が可能だ。
 その他、Fantasy Casino Chips と名づけられたイラスト入りチップも人気が高い。Bugsy's Hideaway、Capne's Casino など、架空のカジノ名がかわいらしいイラストと共に入っており、こちらは 100枚入りのセットで 79ドルとなっている。

 また、「ブラックジャック必勝法」 などのマニュアル本も壁一面にぎっしり並んでいる他、賭け金の上限を記す 「テーブルリミット」 の札($14.95)、カードを切るための 「カットカーズ」($4.25)など、実際のカジノで使われている小物類も、ありとあらゆるものが揃っている。
 テーブル、カード、ダイス、チップなどがあればプレイは十分できるので、多くのグッズはいわば 「気分を盛り上げるための小道具」 ということになるが、それら小道具をたくさん買い込んでいる人を見ていると、ホームカジノ派のこだわりぶりが垣間見えて楽しい。

 と、ここまで本格派カジノファンのための品々を紹介してきたが、同店では手軽な土産に最適な商品も数多く売られている。カジノで実際に使われた使用済みカードダイス などはそのいい例だ。こうした品物はラスベガス各地の土産物店でも取り扱っているが、品揃えの多さではここがダントツ。価格もカードが 99セント、ダイスが1ドルと、他店に比べ割安になっている。
 さて行き方だが、タクシーを利用するのが無難だろう。以下の住所を紙に書いて運転手に見せれば、問題なく行くことができるはずだ。ストリップからの所要時間は混んでいなければ 10分ほど。位置的にはストリップ地区から見てダウンタウンの直前。バスで行けないこともないが、CATバスのストリップ路線よりは少々西側に奥まった場所に位置しているので、乗り換え無しでは行けない。現場周辺の治安などを考えると、やはりタクシーが無難だ。なお、帰りのタクシーは店員に頼めば手配してもらえる。

Gamblers General Store
電話: 702-382-9903
住所: 800 S. Main Street, Las Vegas, NV 89101
営業時間: 毎日 9:00am〜5:00pm

バックナンバーリストへもどる