週刊ラスベガスニュース バックナンバー   03年01月01日号
カウントダウン花火大会、やや期待ハズレ!?
 朝から秒速14メートルの強風が吹き荒れ、開催が危ぶまれたが、幸運にも夕方から風がおさまり、12月 31日 11時 59分 50秒、予定通り各ホテルの屋上から一斉にカウントダウン花火が打ち上げられた。

 今年はソルトレークオリンピックでの花火を手がけた花火専門会社 Pyro Spectaculars 社がプロデュースするとあって、前評判が高く期待が持たれたが、打ち上げ場所が例年に比べ少なかったこともあり、やや物足りなさを残す結果となってしまった。

 ちなみに今回は Excalibur、MGM Grand、Monte Carlo、Bally's、Flamingo、Venetian、Treasure Island、Stardust、Circus Circus、Stratosphere の各ホテルの屋上から打ち上げられたが、昨年の顔ぶれから Mandalay Bay、Aladdin、Sahara が消えており、打ち上げ場所の数という意味では大幅減ということになる。
 各ホテル間の距離は近いようでかなり離れているため、今回の 10ヶ所程度では広いストリップ大通りの上空を花火で埋め尽くすような演出には至らず、"暗い隙間" が目立っていた。来年以降に課題を残した格好だが、何ごとにおいても派手なラスベガスを世界にアピールするためには、最低でも 15ヶ所程度から打ち上げる必要がありそうだ。

 課題は打ち上げ場所の数だけではない。花火そのものの内容も例年に比べ特に大きな変化が見られたわけではなく、さらなる改良が望まれる、安全上の理由からあまり大型の花火を使用することができず、そういった制約の中での演出としてはまずまずの出来といってよいのかもしれないが、やはり何かもう一工夫ほしいところだ。ちなみにこの花火大会では、打ち上げ場所 (ホテルの屋上) と群衆との距離があまりにも近いため、花火の殻や燃えかすの落下による事故を防ぐ目的から、大型花火の使用が制限されている。安全に関する規制の見直しも含め、関係者の今後の努力に期待したい。

 夜空に舞う花火の陰に隠れてしまいがちだが、大晦日のラスベガスは地上も楽しい。歩行者天国に集まる群衆とのふれあいだ。派手な衣装に身をまとい奇声を上げる若い女性グループ、少々アルコールが入ったほろ酔い気分の男性グループ、そして老夫婦から新婚カップルまで、誰もが互いに 「ハッピーニューイヤー!」 と声をかけ合いながら新年の到来を祝う。少々ハメをはずしすぎて警察や消防の厄介になる者もいるが、まさにアメリカならではの陽気な光景で、見ているだけでも楽しい。以下はそんな大晦日の夜の歩行者天国の様子だ (クリックで拡大表示)。




バックナンバーリストへもどる