週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2002年08月21日号
ストリップ地区のホテル、BJルール改悪の動き
 「ストリップ地区で、ブラックジャックのルールを改悪するホテルが増えてきている...」
 これは最近ブラックジャックファンの間でささやかれ始めた悪しきトレンドだが、今週はこのゆゆしき問題を実地調査してみたので、それをレポートしてみたい。
(以下の文中において、わからない単語があった場合は [カジノ] セクション内の [ブラックジャック] の項、もしくは [辞書] セクションをご覧ください)

 問題となっているルールの改悪とは、いわゆる "ストリップ標準ルール" と呼ばれてきた "Dealer must stand on soft-17" (以下 Stand と称する) から、ダウンタウン地区およびその他の地域で広く採用されている "Dealer must hit on soft-17" (同 Hit) への切り替えだ。もちろん改悪というぐらいなので、客にとって良いニュースではない。このルールの差について知らない者は、「日本のパチンコ店が少しクギをしめ始めたようなもの」、と考えればよいだろう。

 これまでストリップ地区の主要ホテルの多くは長年に渡り Stand を採用してきた。Stand と Hit ではハウスアドバンテージにして約 0.2% の差がある。つまり各ホテルは、「一流ホテルのプライド」 として、賭金の 0.2% を顧客にサービスしてきた (ホテル側の取り分を少なくしてきた) というわけだ。これは、たとえば $100 賭けると、その勝負に対して払い戻される期待値に 20セントの差があることを意味し、長時間プレーする者にとっては決して無視できない数字だ。
 ところがここ数ヶ月、各ホテルは 「プライドよりも利益」 と考え始めたのか、Hit を採用するところが増えてきており、そのトレンドはとどまるところを知らない。

 8月19日に行ったストリップ地区の主要ホテル16ヶ所での実地調査によると、「もはやストリップ地区の主流は Hit 」 という驚くべき事実が明らかになった。
 下の表はその調査結果をまとめたものだが、なんと全テーブルにおいて Stand を堅持しているホテルは Bellagio、MGM、Mirage の 3ホテルだけで (写真左)、一流ホテルとされる Venetian ですら、すでに全テーブルを Hit に切り替えている。名門 Caesars Palace も名を捨て実を取り始め、Mandalay Bay もグループホテル内のフラッグシップであるにもかかわらず Hit という甘い誘惑に心が動かされ始めているようだ。Paris、Luxor、Excalibur、Flamingo などに至っては、もはやストリップ地区のホテルとしてのプライドなどどうでもいいといった様相で、Stand ルールに戻る気配が感じられない。
 結局現時点においては Bellagio、MGM、Mirage だけが "一流ホテル" ということになるが (Soft-17 に関するルールだけで論じるならば)、これら 3ホテルも今後はどうなるかわからない。ブラックジャックファンにとってはしばらく目が離せない状況が続きそうだ。

 なお、1回に $100 以上賭ける本格的なギャンブラーはあまり悲観することもないだろう。なぜなら、今回の調査対象となったすべてのホテルにおいて、ハイリミットセクション (高額な賭け金でプレーする人たちのための専用スペース) では従来通りの Stand が採用されているからだ ( ただし Harrah's だけはハイリミットセクションにおいても Hit のテーブルがある)。それでもこの Hit 化へのトレンドがハイリミットセクションにまで及ばないとは限らず、こんな動きは始めからないにこしたことはないだろう。

 最後に余談になるが、まったく別のトレンドとして 「シングルデックでのブラックジャック時の配当倍率 1.2 倍」 および 「Ace の再スプリット可」 というルールが定着しつつあることも報告しておきたい。
 プレーヤーの手にブラックジャックが完成した場合、その配当は 1.5 倍が普通だが、最近のシングルデックでは 1.2 倍というのが常識化しつつある (もちろん Insurance はできるが、Even Money はできない)。Caesars Palace、Paris、Flamingo、Bally's (これらホテルは同系列) などで見られる新ルールで、ダブルダウンやスプリットの完全自由化 (「スプリット後のダブルダウン禁止」 などの条件撤廃) に伴う措置とのことだが、これも Soft-17 Hit と同様、ゆゆしき問題といってよいだろう。
 一方、「Ace の再スプリット可」 (ただし4枚まで) を採用するホテルが増えているのも事実で (6デック台のみに限定しているところも多いが)、今後は Ace をスプリットしたあと、さらにまた Ace が来てガッカリするような悲惨な事態は回避できることになり、これは数少ない朗報といってよさそうだ。

<各カジノにおける Soft-17 Stand のテーブルと Hit のテーブルの実数調査結果>
 カジノホテルStdHit補足  カジノホテルStdHit補足
 Aladdin2117Click  MGM590Click
 Bally's236Click  Mirage570Click
 Bellagio690Click  Mandalay Bay5612Click
 Caesars Palace2611Click  Monte Carlo1824Click
 Excalibur046Click  New York, NY034Click
 Flamingo032Click  Paris041Click
 Harrah's028Click  Treasure Island034Click
 Luxor347Click  Venetian064Click
( 8月19日調査。数字はすべてテーブルの台数。開帳していなくてもテーブルが存在していればすべてカウント。ハイリミットセクションの数は含まれていない。Aladdin は London Club の数も含む。)



バックナンバーリストへもどる