週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2017年 07月 26日号
無料巡回バス Downtown Loop、有料化は困難か
ダウンタウン・ループバス  ダウンタウン地区を巡回するバス Downtown Loop の運行が 6月27日から始まり、約1ヶ月が経過した。
 ラスベガス市議会の主導で計画されたこの 19座席の中型バスは(写真右)、ダウンタウン地区に点在する7ヶ所の停車場をグルグルと巡回するかたちで走る。
 運行時間および運行間隔は毎日9時間、20分おき。料金はなんと無料で、さらに巡回ルートの中に、ラスベガスで最も人気のショッピング・スポット「ラスベガス・ノース・プレミアム・アウトレット」 も含まれているとなれば、観光客にとってはうれしい朗報のはずだ。

ダウンタウン・ループバス  とはいっても、現在の運行はあくまでも試験的なものなので、利用者数などに応じて運行時間や間隔が今後変更になる可能性があるばかりか、いつ打ち切りになってしまうかわからない。
 なぜなら現時点の予定では、とりあえず半年から一年程度やってみて、採算ラインなどを検証したのち、地元企業などが引き継ぐかたちで運行継続が可能かどうかを決めることになっているからだ。
 試験運行といえども、無意味にラスベガス市の予算を無駄にするわけにはいかないので、採算が取れないことが明らかになれば、半年を待たずして打ち切られる可能性もある。

ダウンタウン・ループバス  では実際のところ、利用者はいるのか、需要はあるのかどうか。
 昼の時間帯と夜の時間帯に試乗してみたところ、利用者数はそれほど多くないというか、はっきり言って少ない。どの区間も乗客は数人程度だった。無料運行の今でもその程度であるならば、有料化後はもっと減ると考えるべきだろう。
 ただ、たった2回の試乗なので、たまたま少なかっただけの可能性もあり、また、まだこのバスの存在自体が知られていないだけで、認知度が上がれば利用者数も増える可能性もないわけではない。
 それでも各バス停周辺の地域特性や位置関係の現状を考えると、需要はあまりないように思われる。
 ちなみにバス停は前述のアウトレットのほか、停車順に、電飾アーケード街マフィア博物館イースト・ディストリクト(電飾アーケード街の東にある酒場街)、Pawn Plaza (有名な質屋がある一画)、アート・ディストリクト(地元の芸術家たちが集まったり作品を展示したりしているエリア)、バス・センター(地元民が利用する複数のバス路線のハブのような接続基地)。

ダウンタウン・ループバス  たとえば、質屋で買い物もできるが、そこを訪れる集団とアウトレットに行く集団はあまり一致しないし、その人たちがショッピングのついでにマフィア博物館やアート・ディストリクトに行くことは考えにくい。(右はラスベガス市の公式サイトのルートマップ)
 そもそも地元民の多くは自家用車を持っている。数少ない路線バスを利用する地元民がアウトレットに行ったとしても、両手にたくさんの荷物を持ったまま夜の酒場に行くとは思えず、一度行った博物館に何度も行くこともないだろう。
 とにかく、それぞれの停車場の間を移動する人物像をイメージしにくいばかりか、電飾アーケード街から4ヶ所目までの停車場はバスに乗って移動するほどの距離ではなく、歩いたほうが早い。

ダウンタウン・ループバス  というわけで、一番多い需要としては、アウトレットでのショッピングのついでに電飾アーケード街に立ち寄る観光客ぐらいのような気がするが、それも既存の路線バスで移動できる上、今は安くて便利なウーバーもある。もちろんタクシーもあるので、この Downtown Loop の需要のサイズは限定的と考えたい。
 それでも無料という部分は、予算が厳しい者にとっては魅力的なはず。たぶん、日本人観光客がたくさん訪れるお盆休みまでは運行されていると思われるので、走っている限りは、利用しない手はないだろう。

ダウンタウン・ループバス  各バス停には、右の写真のような、車両と同じ濃いピンク色の標識が立っているのでわかりやすい。
 運行時間は現時点では、月曜日から木曜日が午前11時30分から午後8時30分、金曜日と土曜日が午後3時から深夜0時、日曜日が午前10時から午後7時までと、曜日によって大きく異なるが、運行時間はどの曜日も毎日9時間で同じ。1周の所要時間は約30分。
 なお冒頭で 「7ヶ所を巡回」 と書いたが、実際には途切れることなくグルグル回っているのではなく、バス・センター(正式名称は Bonneville Transit Center) が始発かつ終点というかたちで運行されているため、ここで時間調整として約10分ほど停車する。
 つまり、このバス・センターを 1:00 に出発した車両は 1:30 にここに戻ってきて、時間調整ののち 1:40 にまた出発。その車両よりも 20分あとの 1:20 に出発した車両は 1:50 に戻ってきて 2:00 にまた出発、というかたちで、毎時 00分、20分、40分にこのバス・センターを出発する。各バス停の位置と現場での正式名称は以下の通り。(停車順)

 Bonneville Transit Center
このバスセンターの敷地の北西カド。Bonneville Avenue と 1st Street の交差点。

 Las Vegas North Premium Outlet
アウトレット内から、Tommy Hilfiger Kids と Nautica の間にある通路から道路(Grand Central Parkway)に出たところ。

 Fremont Street Experience
Golden Gate Hotel の敷地の Main Street に面した場所。

 The Mob Museum
The Mob Museum の正面玄関前の道路(Stewart Avenue)を渡ったところ。

 Fremont East Entertainment District
Fremont Street と Las Vegas Boulevard の交差点から約70メートルほど南に行った地点。

 Pawn Plaza
Las Vegas Boulevard と Garces Avenue の交差点のすぐ南側。

 The Arts District
Art Way と Casino Center Blvd. の交差点付近。

バックナンバーリストへもどる