週刊ラスベガスニュース バックナンバー   2015年 10月 07日号
アウトレットで乳がん基金に $10 寄付すると 25% off
 昨年と同様、今年も乳がん撲滅のためのチャリティー・イベントが、人気のアウトレットモール 「ラスベガス・ノース・プレミアム・アウトレット」(写真右下、クリックで拡大) で始まった。

乳がん基金  10月は ピンクリボン活動 の啓蒙月間。ピンクリボンとは乳がん撲滅運動のシンボルで、この一ヶ月間、医学分野の研究機関への資金援助や、早期発見のための啓蒙活動の活動費調達などを目的としたチャリティー・イベントが、日本を含む世界各地で行われている。
 ピンクリボンを旗印に活動している非営利団体は数あるが、そんななか、飛び抜けて目立つ存在なのが Susan G. Komen という団体。本部は米国テキサス州ダラス。
 「トップの年俸が 68万ドル」(日本円で約8000万円)、「協賛企業の本音はチャリティーよりも自社の宣伝」、「政治的な思想が偏りすぎている (共和党寄り)」 など、批判や問題も少なくないが、組織の大きさも基金の額も他の団体を圧倒しており、良くも悪しくもこの団体抜きにピンクリボン活動を語ることができないのも現実で、とりあえずここではそういった批判や負の部分には目をつぶり、この団体の積極的な活動姿勢を素直に応援することとしたい。

乳がん基金  そんな Susan G. Komen が昨年に引き続きラスベガス・ノース・プレミアム・アウトレットで始めたのが、「乳がん基金に $10 寄付すると、25% off になるクーポンをもらうことができる」 というチャリティー・イベント。
 なかなか興味深い特典ではあるが、いくつかの条件や制限もあり、いつどこで何を買っても常に 25% off になるというわけではないので注意が必要だ。
 まず第1の条件は、このモール内のすべての店が対象ではないということ。つまりこのクーポンは Susan G. Komen の趣旨に賛同している店でしか使えない。批判を浴びている団体であることから、賛同していない店も目立ち、利用の際は店を選ぶ必要がある。 (といっても、ケイトスペード、レスポ、アディダス、マイケルコース、ポロ・ラルフローレン、トミーヒルフィガー、バナナ・リパブリックなどの人気店は賛同している)
 第2は、商品1点にしか使えないということ。したがって、その賛同店でいくつもの品物を買う場合、それらの合計金額に対して 25% off になるのではなく、どれか一点だけが割引の対象となる。当然一番高い商品を割引対象として選ぶことはいうまでもない。
 第3は、まぁこれは当然ではあるが、他のクーポンなどと合わせて利用することは不可ということ。つまりこのラスベガス大全のクーポンセクションに掲載されている一般クーポンとの併用はできない。

乳がん基金  これだけ条件や制限を並べると、利用価値があまり無いようにも思えてしまうが、必ずしもそうとは限らないので、ガッカリするのはまだ早い。高額商品を買う場合はそれなりにメリットがあるからだ。
(右の写真は、今年のマスターズと全米オープンを制覇したプロゴルファー、ジョーダン・スピース選手と契約していることから一躍有名になったアンダーアーマー。賛同店)
 たとえば、$10 の寄付で、$400 の商品が $300 になるのであれば悪い話ではないだろう。ちなみに計算上、$40 以上の商品を買えば元が取れることになる。
 そもそも損得で考えること自体、チャリティーという場においてはふさわしくないので、この $10 はあくまでも寄付と考えて参加したいものだ。
 とはいえ、寄付した $10 の全額が最終的な場所 (研究機関など) に届くわけではなく、約2割は幹部の高額サラリーや日々の運営経費などに消えているのも事実で、寄付する側の気持ちとしては少々複雑だ。
 ちなみに Susan G. Komen に限らずこの種の慈善団体においては、原則として経理内容をそれぞれのウェブサイトなどで公開しているので、興味がある場合は各自で調べてみるとよいだろう。

乳がん基金  ということで、寄付するしないは各自の判断に任せるとして、寄付する場合の方法と賛同店のリストを以下に示してみた。
(右の写真は賛同店の一つ ケイトスペード。参考までに、日本人観光客に人気のある主要店舗の中では、トリーバーチ、コーチ、ロクシタン、ゴディバ、UGG、ディーゼル、TUMI、ナイキ、アメリカンイーグル、ラコステなどが賛同していない)

乳がん基金  寄付の方法は極めて簡単で、特に何も覚える必要はない。インフォメーションデスク (写真右) に出向き、「Breast cancer $10 donation」 などと申し出ればわかってもらえる。あとは $10 と引き換えにクーポンを受け取るだけだ。有効期限は 10月1日から 31日まで。
 なおクーポンといっても実際には縦20cm、横10cm ほどの2つ折りになった縦長のパンフレットのようなもので、そこに賛同店のリストが記載されている。
 そのパンフレットを賛同店に提示して 25% の割引を受けることになるわけだが、実際に商品を買う際は、それが割引の対象になっているかどうか、支払いの前に必ず店員に確認するようにしたい。なぜなら、店によってはごくまれに 「この商品は今回のチャリティー・イベントの対象外です」と言われることがあるからだ。
 インフォメーションデスクの場所は、このモールの敷地全体の南西端。高速道路が見えるほうが西になるので、高速道路に向かって左(南)側に進めばすぐにわかる。

【賛同店舗】
Adidas、Alexis Bitter、Armani、Asics、Auntie Anne's Soft Pretzels、Banana Republic、BareMinerals、bebe、Calvin Klein、Catimini、Chico's、Clarks Bostonian、Columbia Sportswear、Converse、Crocs、David Yurman、DKNY、Doney & Bourke、Dressbarn、Elizabeth Arden、Fossil、Francesca's、GAP、G-Star Raw、Helmet Lang、J.Crew、Jockey、Joe's Jeans、John Varvatos、Kate Spade、Kay Jewelers、Kenneth Cole、Kipling、L'eggs Hanes Bali、LeSportsac、Levi's、Lucky Brand、Maidenform、Maxstudio.com、Michael Kors、Movado、Nautica、Neiman Marcus、Nine West、PacSun、Pandora、Perfumania、Perry Ellis、Polo Ralph Lauren、Porsche Design、Pume、Quiksilver、Rag & Bone New York、Reebok、Robert Wayne Footwear、Rue21、Samsonite、Sarar、Seiko、Skechers、Swarovski、Ted Baker London、Theory、Timberland、Tommy Hilfiger、True Religion Brand Jeans、Under Armour、Van Heusen、Vince、Vitamin World、Wilsons Leather、Wolverine、

バックナンバーリストへもどる